ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
溜まりに溜まった食器の行方・・・収納のコツと減らすコツ
出典 : kazoka/Shutterstock.com

溜まりに溜まった食器の行方・・・収納のコツと減らすコツ

食器は増えることがあってもなかなか減りませんよね。まだ使えるからとヒビが入ったものや、欠けてしまった食器まで溜めこんではいませんか。収納のコツと減らし方のコツを知って、必要なものだけを残しましょう。

  • tama

食器のヒビ・欠けは捨て時期の目安

食器のヒビ・欠けは捨て時期の目安

unggoonk/Shutterstock.com

食器を処分するには、割れるなどの大きなアクションがないとなかなか思いきれません。ですが、溜まる一方の食器は、きちんと捨て時を見極めましょう。

ヒビが入っていたり、フチが欠けているものは、まだ使えるしもったいないと思うかもしれませんが処分しましょう。プラスチックの食器も、色が沈着したり細かい傷が目立つようなら十分使った証拠。スプーンや箸のメッキ剥げ、色剥げも、口に入れるものですから思い切って処分しましょう。

収納場所は?

収納場所は?

unggoonk/Shutterstock.com

食器棚が置けるのであれば、問題はないですが、キッチンが狭い場合そうもいきません。食器の収納に困っていませんか。食器棚が置けない部屋の場合、どこに収納したらいいのでしょうか。

キッチンカウンターがあれば、その下に収納を設置することができます。また、キッチンの吊り戸棚は、普段使わないけれど、持っていたい食器を収納するのに便利。吊り戸の下に吊り棚があれば、ここも活用しましょう。シンク下やガス代下の棚、シンクの引き出しも、収納に使うことが可能です。

調味料や食品ストック、鍋はガス下。頻繁に使う食器は、シンク下や吊り棚を活用して収納しましょう。出しやすいので、調理中の片手間でテーブルセッティングが可能になります。シンク下を活用するために、ホームセンターにある、食器スタンドや、100均のプラスチックケースを使い、きちんと並べることでスペースを有効に活用しましょう。

収納のコツ

収納のコツ

Africa Studio/Shutterstock.com

なかなか難しい食器の収納も、コツをつかめば上手に保管できます。

①食器の色を統一する
食器の色ごとにわけて収納すると、スッキリして見えます。使いやすい食器は、手の届きやすい場所に置くように心掛けましょう。

②同じ大きさや種類でまとめる
同じ大きさのものは、重ねるとコンパクトに。お皿もスタンドを使って、大きさごとに立てるだけで、スッキリ見えます。デザインが個性的なものや、柄がバラバラの場合も、食器の種類と大きさで重ねれば、出しやすくまとまって見えるので、収納が楽に。

カトラリー類も、種類ごとにわけて、グラスなどに立てましょう。使いたい時にすっと取れるので、ストレスなく家事もこなせます。

③自分の生活の適正な食器の量だけを収納する
収納や生活にあわせた量の食器を持ちましょう。多すぎる食器は出し入れもしにくいので、ストレスになります。増えてきたら、そのつど見直して、不要なものは処分しましょう。

④収納する場所を使用頻度で決める
食器は一日に何度も出や入れします。よく使うものを奥に収納すると、面倒になるので使うものは手前に置きましょう。グラスやマグカップは、100均などにある縦長のプラスチックケースに整列させることで、スッキリし出しやすくなります。ホットプレートや製菓用品のようになかなか使わないものは、吊り戸棚のように、見えない場所へ収納しましょう。

⑤見せるものと隠すものを決める
隠すものは、とくに、頻繁に使わないものが基本。たとえば、来客用の食器などはボックスに入れて、別の場所や収納スペースの上部を活用しましょう。

減らすコツ

減らすコツ

Africa Studio/Shutterstock.com

ヒビ・欠けのようにあきらかに処分時期のもの以外はなかなか捨てることができません。ですが、用途が同じ食器や、似たような形、柄のものが多数かぶっていませんか?ざっと見て同じようなものがあれば、それは手放しても大丈夫。

また、使いづらいから放置しているものも、処分を検討しましょう。どうしても捨てられないという場合、フリーマーケットに出すなど、欲しい人にゆずることで思い切って減らすことができます。

料理の盛り付けで印象を変えられる、シンプルでさまざまな用途に使える食器があれば、使い回せば数は必要ありません。使いやすいものが少しあれば、それだけで十分食卓を彩ることができます。

どうしても手元に置いておきたいものは、きちんと収納して使ってあげましょう。とくに、お気に入りのものだけで囲む食卓は、心も豊かになりますよ!