ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
バリエーション豊かなパーテーションで部屋を自由にカスタマイズ
出典 :   Photographee.eu/Shutterstock.com

バリエーション豊かなパーテーションで部屋を自由にカスタマイズ

パーテーションというとオフィスを連想しますが、じつは、家庭でも大活躍してくれる、とっても便利なアイテムです。家庭におけるパーテーションの使い方とその選び方、考えてみましょう。

  • terasaki

家庭で使うパーテーション

家庭で使うパーテーション

5 second Studio/Shutterstock.com

オフィスで使うパーテーションは、広いオフィスフロアの仕切りとして使うのが一般的ですが、家庭で使うパーテーションには、どのような役割があるのでしょうか? 

多くの場合、オフィス同様目隠しや部屋を分ける目的で用いられているようですが、家庭用のパーテーションの種類は実に多彩なため、そのバリエーションの多さを活かして、最近ではインテリアの一環としての需要も高まっています。パーテーションを使う用途に合わせて、種類や素材を選び、自由に楽しみましょう。

パーテーションの種類

パーテーションの種類

mil87olia/Shutterstock.com

カンタンに自分で取り付けられるものの中では、大きく分けて2つのタイプに分かれます。

●突っ張りタイプ

天井と床に突っ張り棒の要領で設置する、突っ張りタイプのパーテーションです。高さがあるので、きっちり部屋を分けるのに適しています。左右の突っ張り棒が違う高さで調節可能のものを選べば、床や天井に段差があっても使用できます。

●衝立タイプ

自立する衝立タイプのパーテーションは、1枚のものから数枚組み合わせたものまであります。インテリア性の高いものも多数あるので、上手に使えばパーテーションで部屋のイメージを大きく変えることもできます。

突っ張りタイプも衝立タイプも木製、ステンレス製、布製などさまざまな素材が揃っています。部屋の雰囲気に合わせてコーディネートしましょう。

パーテーション使用例

 パーテーション使用例

Zastolskiy Victor/Shutterstock.com

●部屋を分ける

子ども1人ずつに個室を与えたくても、なかなか思いどおりに部屋数のある家には住むことができません。そんな時は、1つの部屋をパーテーションで仕切ればしっかりプライベートが守られた空間になります。また、ワンルームでリビングと寝室を分けたい時にも重宝します。

●インテリアとして

パーテーションといえば無機質なものを想像しがちですが、インテリア性の高いおしゃれなパーテーションがたくさんあります。和風、洋風、アジアンテイストといろいろなパターンが揃っているので、インテリアのアクセントとして楽しむことができます。

●収納として

壁に寄せて設置すれば、S字フックなどを利用して帽子やカバンをかける壁面収納になります。好きなものを飾るために、ディスプレイ用として設置する方法もあります。

パーテーションを置くことで部屋を狭く感じさせないよう、スケルトンタイプのパーテーションや透け感のある素材もあります。ロールスクリーンやカーテン式のパーテーションにすれば、その時々によって解放することもでき、自由なカスタマイズを楽しむことができます。

プラスワンの機能

プラスワンの機能

Photographee.e/Shutterstock.com

壁面収納としてのパーテーションを利用する他にも、多くの機能があるパーテーションがあります。

●棚として

横板を追加してつけられるパーテーションなら、CD,DVDを収納しながら、部屋の仕切りにもなります。収納が少ない家では、収納兼、仕切りとして、大活躍です。

●マガジンラックとして

マガジン収納ラックが初めから設置されているパーテーションがあれば、本棚が必要なくなるかもしれません。

●ペット脱走防止

ペットが部屋から出て行かないための脱走防止用パーテーションもあります。キッチンなど出入りして欲しくない部屋につける使い方もできます。

部屋をリフォームするのは、とっても難しいけれど、パーテーションならカンタンにその願いも叶えられます。パーテーションを使った、新しい模様替え、一度取り入れてみませんか?