ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
納戸を有効活用したら、お金も時間も節約できる!?
出典 :  Artazum/Shutterstock.com

納戸を有効活用したら、お金も時間も節約できる!?

納戸は広くて大容量な分、ついつい何でも詰め込んで、何がどこにあるかわからない事態になりかねません。スペースにゆとりがある納戸を上手に利用すれば、必要なものが把握しやすく、自然と住居スペースもスッキリ片付くはずです。納戸の収納見直してみませんか?

  • terasaki

納戸の中身を確認

納戸の中身を確認

Africa Studio/Shutterstock.com

納戸と一口にいっても、その大きさはまちまち。一般的に人が入って歩き回れる程度の大きさの収納のための部屋を納戸と呼称しています。広さを生かした上手な収納のため、まずは中身を確認してみましょう。

●中身を出す

まずは、納戸の中身をすべて出してみます。引っ越してきた時のまま開けていないダンボール、壊れた電化製品、サイズが合わなくなった子ども服など入ったままになっていませんか?「捨ててもいいもの置き場」になった納戸があっては、本来収納できるものが住居スペースにはみ出す事態になってしまいます。納戸にも居住コストがかかっています。不用品の保管料を支払うのは非常に無駄なことです。

●中身を整理する

壊れたものは修理、使用する予定がないものは処分しましょう。紙袋、ダンボールなどのストックは必要最低限だけにします。納戸は不特定多数のものを収納するので、収拾がつかなくなりがちです。残しておくものは一旦ジャンルごとに分けておきましょう。

納戸に入れるものを決める

納戸に入れるものを決める

Bogdan Netiaga/Shutterstock.com

目につくものを納戸に収納していたら、いつまでたっても整理された納戸にはなりません。納戸に何を収納するのか初めに決めましょう。

●日用品

家族全員が必要なもの、普段の生活で必要になるもののストック

●しばらく必要がないもの

アルバムや思い出の品など、普段は出し入れしないけれど必要なもの

●季節もの

衣替えの服、季節に応じた寝具、冷暖房器具、季節の飾り物。

などが納戸に収納するものです。行き場がなくなったものを何でも納戸に入れがちですが、洋服はクローゼットに靴は靴箱にしまうようにして、収納場所がジャンルごとにバラバラにならないのが理想です。

収納場所をプランニングする

収納場所をプランニングする

AlesiaKan/Shutterstock.com

収納するものが決まったら、収納をし直します。その時、必要なのはどこに何をしまうのかプランを立てることです。

●置き場所を固定する

それぞれのものの収納場所を最初に決めます。場所さえ決めれば、使ったら戻す、補充する、を繰り返すだけなので、納戸がごちゃごちゃになるのを防ぐことができます。納戸に仕切りがないと難しいので、ラックや引き出しを駆使して整理します。引き出しはラベルを貼ると、家族もその場所に戻しやすくなります。季節ものを取り出した時には、その場所は空白のままにして、済んだらその場所に戻せるようにしておきます。

●どの場所からも取り出せるようにする

必要なものを取り出す時に、「何かを動かして、何かを取る」という一手間があると、だんだん収納の秩序が守られなくなります。どこの場所も一動作で取り出せるようにしましょう。

●余白を作る

収納する中身は7割程度にして、初めから詰め込みすぎないようにしましょう。詰め込みすぎるとものが取り出しにくい上、突発的に増えたものにも対応できなくなります。

納戸以外の使い方もできる

納戸以外の使い方もできる

Yulia YasPe/Shutterstock.com

納戸を上手に使えれば、探し物をしたり、必要なものを取り出すのに他のものを取り出したりする無駄な時間が減ります。日用品のストックも一目でわかれば同じものを買うダブりや納戸で品質を劣化させてしまう無駄も減ります。納戸整理が部屋の片付けになるだけでなく、時間とお金の節約にもつながります。

また、納戸は建築基準法の採光や換気の基準を満たされていないと居室とはみなされず、サービスルームなどと表記されますが、2畳以上の広さがあれば、部屋としても使用できます。家族に対して部屋数が足りない時は、書斎や作業スペースとして納戸を利用する方法もあります。

納戸を有効活用するだけで、今の住居の問題点を解決してくれるかもしれません。今一度、納戸の使用法見直してみませんか?