ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
風呂椅子や小物、ひっくり返してみて!掃除しないとたいへんなことに
出典 : xieyuliang/Shutterstock.com

風呂椅子や小物、ひっくり返してみて!掃除しないとたいへんなことに

湯船や床を掃除しても風呂椅子や洗面器、蓋や小物は気にしていない人も多いのでは?ひっくり返してみるとたいへんなことになっているかもしれませんよ!風呂椅子や洗面器もきちんと清潔にしましょう。

  • tama

風呂椅子や風呂小物に付く汚れ

風呂椅子や風呂小物に付く汚れ

monticello/Shutterstock.com

しばらく放置していた風呂椅子や風呂小物をひっくり返してみてみると、黒くざらざらした汚れや、ぬめぬめしたものが付着していませんか。ガンコになってしまった汚れは、ちょっと擦っただけでは落としきれません。

風呂椅子や洗面器にガチガチになってこびりついているのは、石けんや水道水に含まれているカルシウムなどです。汚れの性質はアルカリ性。この場合、酸性の洗剤を使用しましょう。

また、シャンプーやリンスボトルなどの小物類の底につく、ぬめぬめした汚れは雑菌が繁殖したもの。人の皮脂やシャンプーが残り、ボトルや蓋に付着。そこに雑菌が集まってきて、ぬめぬめの原因になります。一度発生してしまうと増えやすく、他の場所に移る可能性があるので、徹底して掃除をしましょう。

風呂椅子の掃除方法

かちかちになってしまった汚れを、ヘラや爪でこそげ落とす方法もありますが、時間がかかるうえ爪も傷むのでおすすめできません。まずは汚れを少しでもふやかすことから始めましょう。入浴時に掃除すると、湯気で汚れがふやかされ、落ちやすくなります。湯船に浸かった後がチャンスです。

使う洗剤は、汚れのこびりつき具合で選びます。まだそこまでひどくない、という場合はクエン酸を使っての掃除が可能です。水で溶かしたクエン酸を、風呂椅子や洗面器にふきかけます。少し時間を置いたら、スポンジで擦って磨きましょう。クエン酸の割合は、小さじ2分の1に対して水100mℓが基本。汚れに応じて濃さを調整します。スプレーボトルに入れておけば、日々の掃除にも使えるので参考にしてみてください。
これで落ちない汚れは、クレンザーを使います。お風呂専用じゃなくてもOK。台所用のクレンザーでも汚れは落とせます。成分に脂肪酸ナトリウムが入っているクレンザーを選びましょう。脂肪酸ナトリウムは、表面を削り取らないように配慮されていますから、よほど力を入れて擦りまくらない限り、傷がついてしまうことはありません。クレンザーをつけて、スポンジの硬い面でくるくると擦り落としてください。

クレンザーを大量に使うのは抵抗がある場合、洗濯用の粉石けんをお湯で溶かし、プルプルの状態にします。そこにクレンザーを数滴落としたものを使って擦りましょう。擦る時は、マイクロファイバーの布を使うと、より汚れが落ちやすくなります。

風呂小物の掃除法

風呂小物の掃除法

focal point/Shutterstock.com

ぬめり汚れには、重曹を使いましょう。少しのぬめりであれば、重曹をふりかけるだけでも効果があります。さらに、強力に掃除するのであれば、その上から風呂椅子で使用したクエン酸水をかけましょう。化学反応ブクブクと発泡し、その力で汚れを落としてくれます。擦って水で洗い流して終了です。再度ぬめりの発生を防ぐために、ボトルの水気を拭き取って維持しましょう。

わざわざ重曹を購入するのは・・・という場合、通常のお風呂用洗剤でも掃除はできます。皮脂汚れには、アルカリ性の洗剤を使うのがおすすめ。現在あるものを確認してみましょう。

垢をつけないために

垢をつけないために

Dan Kollmann/Shutterstock.com

お風呂の垢やぬめりはついてしまうと、落とすのがたいへんです。一番の掃除方法は、垢をつけないこと。そのためには、入浴後に熱めのシャワーを浴室全体にかけましょう。早く水分を蒸発させるために、換気扇は必ずつけるようにしてください。さっと残った水分を拭いてから出るのも垢の予防になります。とにかく浴室内を乾燥させること。また、シャンプーボトルや小物類は、使い終わったら浴室から出して置くのも、ぬめり予防になります。プラスティックの籠や洗面器に入れて、外に出しておくといいですね。

さらに、予防をする場合、体を洗い終えてお湯に浸かっている最中、風呂椅子にクエン酸スプレーをかけておきます。あがる際にシャワーで洗い流せば、垢が溜まりません。日々のちょっとした手間が、大掃除のたいへんな手間を防ぎます。

はだかで使う風呂椅子や小物類ですから、垢が溜まっていると気分は良くありません。一度きれいにして、垢のないバスタイムを過ごしましょう!