ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
朝に差が付く!すぐ出せるボックス収納ワザ

朝に差が付く!すぐ出せるボックス収納ワザ

忙しい朝なのにあれがない!これもどこ!? なんて経験ありませんか。ボックスを上手く活用して、朝でもあわてない収納を目指しましょう!

  • tama

収納したはずなのに見つからない!のワケ

収納したはずなのに見つからない!のワケ

Eric Gevaert/Shutterstock.com

確かにここに仕舞ったはずなのに、見当たらない・・・ よくあることですが、忙しい朝や出かける間際に見当たらないとイライラしますよね。必要な時ほど、どんなに探しても見当たらないもの。このケースは、無意識のうちにどこかに置いてしまい、分からなくなることがほとんどなので、ふとした時に出てきます。今、使いたいのに!

このような無意識の置き忘れは、忙しいから仕舞うのを後回しにする、仕舞いにくい場所にある、置く場所が決まっていないから・・・ などの原因で起こることがほとんど。それなら、仕舞いやすく取り出しやすい場所を作ってあげることで、紛失改善の道を作りましょう。結果、朝の1分1秒を争う忙しい時も、探すという無駄な時間がなくなるのであわてずに済みます。

収納下手こそボックスを使う

収納が下手は、次のような人に多いので、チェックしてみてください。
①どこに何があるか分かっていない
②使いこなせない収納グッズが多い
③空きスペースがあれば詰め込む
④収納スペースがパンパンになって取り出しにくい

心当たりがあれば要注意。収納下手さんかもしれません。何がどこにあるのか、把握するためには、自分が管理できる量のものを持つことが大切です。ものをパンパンに詰め込んで取り出しにくくなると、使わなくなります。結果必要なものがその中にあっても、また買い足してものが増え、仕舞い込んでまた買い足すというループに・・・

このままでは家中が魔窟になりかねません。収納ボックスを上手に使うことで、解消を目指しましょう!

収納ボックスの選び方

収納ボックスの選び方

NavinTar/Shutterstock.com

ボックスは同じメーカーで統一しましょう。キッチンはキッチン、寝室は寝室のように各スペースに合ったサイズを選びます。メーカーを揃えることでサイズのズレがなくなり、ぴたっと納まります。また色も揃えることで、さらに、統一感が。来客時に収納扉を開けても、恥ずかしくありません。

ボックスが大き過ぎるとあれもこれも入れたくなるので、大き過ぎないように注意し、スペースの高さに合わせたものを選びましょう。幅の取らない、スリムなタイプが理想です。

収納方法

収納方法

Kostikova Natalia/Shutterstock.com

文具は文具のみ、靴下は靴下のみ、生活用品は爪切りと耳かきは一緒に、電池と充電機のように細かく分けて収納します。ラベルで何が入っているのか、見ただけでわかるようにしましょう。

インテリアになるような、ものを出して見せる収納は、片付け上級者向けの方法です。まずは、とにかく仕舞いやすく出しやすいのが基本。片付けが面倒にならないように、ちょこっとボックスを用意しましょう。日々使うものを、このボックスに放り込んでおく方法ですが、注意したいのは何でもかんでも入れないこと。ものの場所をきちんと決めて、出したら必ず仕舞う習慣を身につけましょう。

リビングには、生活用品が集まりやすいので、郵便物を入れるボックスがあると、テーブルがごちゃごちゃしなくなるので便利です。この時未処理郵便だけ入れましょう。開封してその手で処分や処理をしたら、どんどん溜まることはありません。

ボックスの置き場所

ボックスの置き場所

815B2D00-97FF-454B-8365-4FC51336F906

仕分けして収納したボックスですが、置き場所はどうしたらいいのでしょうか。ものは使う場所に置くのが一番理想です。調理グッズはキッチン、文具は机まわり、入浴用品は浴室付近のように、使いたい時に手が届く場所が基本。

たとえば、玄関に置くのは出かける前や帰宅後にケアできるケアボックスと、お出かけアイテムボックス。ケアボックスには、靴磨きや靴の消臭剤、滑り止め、靴や足を拭くシートなどを入れておきましょう。

お出かけのアイテムは、いちいち取りに戻るのが面倒なものがいいでしょう。使い捨てカイロや折り畳みの日傘、雨傘、靴下、コンパクトな持ち運び用の上着など。ドアを開けてみたら意外と寒かった、という場合にも対処可能なグッズがあるといいですね。

リビングのドア付近には、出かける時に一式持って歩くものを、帰宅後に放り込んでおけるちょこっとタイプのボックスがあると便利です。鍵や定期、マスク、腕時計を帰宅後ポンポン放り込んで、出かける時は一式持てばOK。
定期がない、鍵がないと朝にあわてる必要がなくなります。ですが、帰宅後にポストに入っていたものまで入れないように、大き過ぎないものが理想。

収納ボックスを上手に活用して、あれがない!のストレスを軽減。朝の数分を味方に付けて、あわてない日々を心がけましょう。