ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
引越しします! 退去時は、どこまで掃除したらいいの?
出典 :  Elena Nichizhenova/Shutterstock.com

引越しします! 退去時は、どこまで掃除したらいいの?

引越しの退去時、掃除するのは手間だけど、借りていた身としては最低限のマナーは守って掃除する必要があります。加えて、なるべく多くの敷金を返還してもらうためにも、常識的にどの程度の掃除が求められているのでしょう。

  • terasaki

引越し時の掃除の必要性

引越し時の掃除の必要性

Lordn/Shutterstock.com

退去時の費用は、ガイドラインに記されています。相場としては、支払った敷金—退去費用(クリーニング代・壊した修繕費)が戻ってくるようになっています。退去時に掃除をしっかりしておけば、クリーニング費用に差が出るかもれません。

●原状回復義務

賃貸契約時、原状回復義務を取りかわしています。退去時はある程度掃除をする義務があるということです。

●見た目は重要

敷金返還の査定は、初めに部屋を見た印象も大きくあります。退去時にきちんと掃除していてくれたら、入居者の印象はとても良くなります。敷金の戻りアップを狙う面でも掃除は必要です。

●マナーとして

借りたものはキレイにして返すのはマナーです。ゴミを部屋に置きっぱなしで退去しては、マナー違反です。

原状回復の意味、掃除の範囲

原状回復の意味、掃除の範囲

Sorin Vidis/Shutterstock.com

退去時は原状回復しなければなりません。原状回復は借りた当時の姿に戻すことではなく、通常の経年劣化を鑑みて、「そうであろう」姿に戻すことをいいます。

●経年劣化は対象外

数年単位で借りていれば、当然起こるであろう経年劣化は対象になりません。普通に住んでいてつく汚れやキズ、具体的には壁紙の日焼けや、電気ヤケ、エアコンのビス穴、家具などの設置跡は経年劣化に含まれます。

●手入れを怠ったもの・故意のキズ

結露を放置して発生したカビ、台所のすす、落書きなど故意による毀損、水回りの水垢やカビなどは元に戻す義務があります。掃除でかなりの範囲の汚れは解消できるので、退去時はしっかり掃除して、放置によって発生させた汚れは、自分の手で原状回復しておきましょう。

ここまではやっておきたい掃除

ここまではやっておきたい掃除

akocharm/Shutterstock.com

●キッチン

引越しの当日にキッチンを磨く暇はありません、余裕を持って数日前にはキッチンや換気扇の油落としはしておきましょう。油汚れには重曹が効果的です。換気扇などあまりに油汚れがひどければクリーニング代をしっかり徴収されてしまいます。

●浴室、水回りのカビ取り

浴室や洗面台にカビが生えていては、印象が悪くなります。こちらも当日に慌てて落とすことはできないので、早目にカビ取り作業を行っておくといいでしょう。

●冷蔵庫下のサビ跡

もらいサビは酸素系漂白剤です。冷蔵庫を外した後にしかできないので、引っ越し当日に行いましょう。

●壁やカーペットなどのシミ

壁紙にペンで汚れをつけてしまった、コーヒーをかけてしまったという汚れは、経年劣化ではないため、ペナルティになります。しっかりシミ抜きしておきましょう。コーヒーなど飲み物の汚れは、台所用の中性洗剤で叩くように拭きます。油性ペンなどが付着している場合は除光液をコットンに染み込ませパックすると効率よく取ることができます。

タバコやペットの汚れは?

タバコやペットの汚れは?

Olha Tsiplyar/Shutterstock.com

退去時、一番問題になるのはタバコとペットによって発生した汚れです。入居時の契約によって異なりますが、基本的には借主の負担になります。

●タバコ

タバコは換気扇の下でしか吸っていないという場合でも、煙は部屋中にわたり多くの部屋の壁にヤニ汚れをつけてしまいます。また、目に見えない臭いはエアコンの中、建具などにも染み込んでしまうので修繕費用が高額になりがちです。

部屋でタバコを吸わないのが1番ですが、すでについた汚れには、市販されているヤニとりクリーナーを使用して、拭き取っておくだけでも臭いが減り、印象が大きく違います

●ペット

ペットを飼っていた借主に、対しての退去費用もガイドラインに記載されています。ペットによるキズ、臭いは基本的に借主負担になります。賃貸物件でペットを飼う場合は、床にコルク床やタイルを敷いて床のキズだけでも防いでおくといいですね。

ペットを飼っている場合は、退去時の掃除だけでは、原状回復はとても無理です。普段から臭い対策に注意を払っていないと、高額な消臭掃除費用を支払うことになります。

忙しい引越しの最中に、出て行く部屋の掃除までは手が回りません。引越し前から計画を立てて、後を濁さず退去するようにしたいですね。