ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
【専門家監修】扇風機をキレイに掃除したら、吹く風も心地いい!!
出典 :  siro46/Shutterstock.com

【専門家監修】扇風機をキレイに掃除したら、吹く風も心地いい!!

あっという間にホコリがたまる扇風機。分解して取りはずして、と考えると面倒に感じますが、手順を守って掃除すればすぐに終わります。ホコリ予防までケアして、キレイな扇風機でさわやかな風を感じましょう。

  • terasaki

扇風機掃除の準備

扇風機掃除の準備

jarabee123/Shutterstock.com

扇風機掃除といえば、前カバーをはずしてプロペラを拭くだけというやり方かもしれませんが、キレイな風を送るためにできれば使用前後、シーズンの間にもう1度くらいはしっかり分解して掃除をしましょう。

●床を養生する

扇風機に付着したホコリで床を汚さないよう、新聞紙などをあらかじめ広げて、その上にコンセントを抜いた扇風機を置きましょう。

●分解する

カバー前、後、プロペラを本体からはずします。カバーの爪を開いてはずしたら、次にプロペラを手で回転させ本体からはずします。その際、固定器具が付いている時は、固定器具を無くさないように注意しましょう。留め具をはずして、後カバーも取りはずします。

これは、一般的な分解の仕方ですが、メーカーによっては異なる場合もあるので、やり方がわからない場合は、取り扱い説明書に従うか、メーカーに問い合わせてください。メーカーによっては、ウェブ上で取り扱い説明書が公開されている場合もあります。

●洗剤を用意する

扇風機を使用している場所にもよりますが、キッチンなど油が飛散する場所で使用していた扇風機には、ベタベタととした油汚れがホコリと一緒に付着しています。その場合は、台所用洗剤や重曹を水で薄めた重曹水を用意しておきましょう。ほこりのみが付着している場合は、洗剤を使用しなくてもキレイになります。

●必要な掃除グッズ

掃除機、雑巾、スポンジ、洗剤etc、事前に準備したら扇風機掃除のスタートです。

扇風機掃除の手順

扇風機掃除の手順

Bunphot Kliaphuangphit/Shutterstock.com

●掃除機でホコリを吸う

まずは掃除機のアタッチメントをブラシに変えて、大まかな汚れを取っておきましょう。残った汚れは、固く絞った雑巾で拭きます。

●洗剤で洗う

洗剤をスポンジにつけてカバーやプロペラを丸洗いしましょう。キッチンやリビングで使用して、油汚れが付いている場合は、重曹水をスプレーした後、しばらく時間をおいて汚れを浮かせてスポンジで磨きます。洗い終わったら、完全に乾くまでしっかり乾燥させましょう。

●ボディ

本体は固く絞った雑巾で拭くだけで充分ですが、汚れがひどい場合は重曹水を雑巾にスプレーしてふき取るとキレイになります。電化製品なので水気は厳禁、雑巾を固く絞ることをお忘れなく。モーター部分に汚れがたまっている場合は水拭きではなく、歯ブラシなどでホコリを掻き出し、掃除機でしっかり吸引しておきましょう。

扇風機のホコリ予防

扇風機のホコリ予防

Sk_Advance studio/Shutterstock.com

できることならば、掃除の頻度は少なくしたいもの。ホコリが付きにくいよう、予防してから元の状態に戻しましょう。

●柔軟剤

バケツに水を入れ数滴柔軟剤を垂らし、そこで固く絞った雑巾を使い羽を拭きます。柔軟剤が静電気を防止するので、羽にホコリが付きにくくなります

●ホコリキャッチャー

扇風機を元の状態に戻したら、カバーを覆うホコリキャッチャーを本体に装着させるのも、ホコリ予防に効果的です。その場合はこまめにカバーを取り替え、清潔な状態にしておきましょう。日々こまめに掃除機でホコリを吸引するのが何よりの予防です。床に掃除機をかける時、一緒に扇風機にも掃除機がけをしておくといいですね。

羽のない扇風機はどうする?

羽のない扇風機はどうする?

AlexLMX/Shutterstock.com

一般的な扇風機以外にも、最近は羽がないタイプの扇風機も多く見受けられます。羽がない扇風機もホコリは付着しますが、分解することができないので、やわらかい布でやさしく拭いてください。吸気口にはとくに、ホコリがたまります。歯ブラシなどで汚れを掻き出し、掃除機で吸引しましょう。

扇風機にホコリがたまっているとホコリを部屋中に撒き散らすことになります。面倒でも手入れしてキレイな空気を部屋に送りたいですね。