ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
IHクッキングヒーターの魅力と使いやすさを検証
出典 :  Africa Studio/Shutterstock.com

IHクッキングヒーターの魅力と使いやすさを検証

デザイン性の高さもさることながら、手入れが楽で安全面でも人気が高いIHクッキングヒーター。実際には、ガスコンロとどちらが使い勝手がいいのでしょうか?

  • terasaki

IHクッキングヒーターとは? ガスコンロとの違いは?

クッキングヒーターとは? ガスコンロとの違いは?

Africa Studio/Shutterstock.comIH

見た目に優れたIHクッキングヒーターと馴染みのあるガスコンロ、いったい違いは見た目以外にどこにあるのでしょう?

●IHクッキングヒーターの仕組み

IHとは、インダクションヒーティング=電磁誘導加熱を意味します。ガラストップの下に磁力発生コイルが敷かれ、そこに電流が流れると磁力線が発生し、鍋を通過する時に発熱、鍋底自体を加熱します。ガスコンロは、ガスを使用し火をおこしますが、IHクッキングヒーターは、電気を使用して発熱させる違いがあります。

●機能

進化を続けるIHクッキングヒーターは、高火力での調理も可能になりました。熱効率も高く、お湯の沸騰時間はガスよりも早く沸かすことも可能です。ただし、3つのヒーターを同時に使用すると火力が落ちます。3つとも使用する場合は、ガスの方が、火力が高くなります。

●特徴

磁力によって発熱させるので、二酸化炭素も水蒸気も発生しません。火力が安定していて、素材を均一に加熱することができます。

IHクッキングヒーターのメリット

IHクッキングヒーターのメリット

kryzhov/Shutterstock.com

空気を汚さないこと、火力が安定していることも大きなメリットですが、IHクッキングヒーターは他にも、ガスコンロにはない多くのメリットがあります。

●安全面

火を使わないので、調理器そのものに触れても熱くない、お鍋の取手も熱くなりにくい、周りのものに引火する心配もありません。加えて、鍋をはずすと温度が下がるため、コンロの消し忘れがないなど、安全面が最大のメリットといえます。ガスコンロも新しいものは、安全機能が付いています。

●清潔

五徳やバーナーなどパーツの多いガスコンロと違い、フルフラットのIHクッキングヒーターはさっと拭くだけで終了です。清潔さを保ちやすいのも魅力です。ただし、グリル庫内お手入れはガスコンロよりも手間がかかります。

●火力調整

加熱が早いことと、火力調整がカンタンなことがガスコンロより勝る点です。トロ火などの微妙な火加減がボタン操作で、カンタンに実現できます。

●室温が変わらない

長時間調理していても、部屋の温度が上がりにくく、夏場も快適に台所に立つことができます。

IHクッキングヒーターのデメリット

IHクッキングヒーターのデメリット

margouillat photo/Shutterstock.com

メリットだけを考えると、ガスコンロより魅力的に見えますが、ガスコンロに劣る点もあります。

●調理鍋が限られる

材質や鍋底の形状によって使えない鍋も多数あります。土鍋や直火用網焼き、ガラスの鍋、うどんが入ったアルミなどの容器も使用できません。鍋のサイズが12〜26センチ程度の物しか使えないので、家族が多く、大きな鍋を使う家には不向きです。使用する鍋としては、基本的に「製品安全協会」が認定したIH対応商品が推奨されています。

●直火使用ができない

表面だけを炙る、フランベするなどの調理法ができません。スルメなども乾き物を炙ることも同様です。IHクッキングヒーターの弱点の一つだった「鍋振りができない」は、新しいものでは改善されていることが多いようです。

●危険なことも

見た目で温度がわかりにくいので、調理後すぐに手をついてしまって火傷する恐れもあります。
当然ながら、停電時には使用できないのもデメリットの一つです。

気になる電気代は?

気になる電気代は?

Alex Yeung/Shutterstock.com

IHクッキングヒーター、ガスコンロそれぞれ、一長一短があり好みで選ぶことになりますが、気になるのは使用時の電気代ではないでしょうか? 

IHクッキングヒーターにする場合は、電気の契約プランをオール電化に変えることが多く、それぞれの電気プラン、時間帯によってかかる電気代が変わりますが、安い時間帯で調理した場合は、ガス代と電気代の大差はありません。ランニングコストに関しては、時間帯に注意すれば同じくらいだと考えていいようです。IHクッキングヒーターの導入を決めた時は、電気プランについてもよく検討する必要があります。

IHクッキングヒーターもガスコンロも、安全面でも機能面でも両者ともに進化を続けています。家族構成、ライフスタイルに合わせて、好みの調理器具を選んでください。