ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
リネン庫で、脱衣所を美しく機能的に
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com

リネン庫で、脱衣所を美しく機能的に

タオルや洗剤、下着やパジャマなど、脱衣所には置いておきたいものがいっぱい。限られた空間だからこそ、スッキリきれいにまとめたいもの。リネン庫を有効に活用して、ホテルのような水回りを目指しましょう!

  • 創文舎 hamo

洗面所周りをスマートに整理するリネン庫

洗面所周りをスマートに整理するリネン庫

リネン庫とは、シーツやカバー、タオルなどをしまっておく洗面所にあるロッカーのような収納スペースのこと。昔の家には標準装備されているものではありませんでしたが、最近の建物では、マンションなどの集合住宅も一戸建ても、ランドリースペースを広くとるようになり、タオル類だけではなく、家族の下着やバスタオル、パジャマなどまとめて収納できる大きめのリネン庫が作りつけられるようになりました。

しかし、扉付きの収納スペースは、開けなければ見えない目隠しゾーン。ついつい、ゴチャゴチャものを詰め込み過ぎて開けるとガッカリするような収納になりがち。また、扉がついていないオープンシェルフタイプのリネン庫は、とくに、見せる収納を考えなくてはいけません。どのようなポイントに気をつければ、ホテルのような素敵なリネン庫にできるのでしょうか?

リネン庫をスッキリ見せるポイントとは?

リネン庫をスッキリ見せるポイントとは?

New Africa/Shutterstock.com

収納スペースは、見た目のスッキリ感が大事。いくら、自分でわかりやすいように分類しているつもりでも、他の家族から見てわかりづらかったり、見た目がゴチャゴチャしていては台無しです。清潔感とキチンと感を演出するには、どのようなポイントに気をつけるとよいのでしょうか。

カラーを統一する

リネン庫に収納するタオル類や洗剤などを一つのカラーで統一したり、色味を合わせることで、見た目がかなりスッキリまとまります。代表的なのは、白。他にも、清潔感のあるブルーを入れ、2色でまとめたり、茶系やベージュなどのナチュラル系のカラーを加えてグラデーションを意識するなど、好みのカラーでまとめてみましょう。洗剤のパッケージなどに色が使われている場合は、包装を外したり、別の容器に移し替えたりすると気にならなくなります。

詰め過ぎない

置きたいものがたくさんあるからといって、詰め込み過ぎると空間に余裕がなくなり、見るからに窮屈そうに見えます。とくに、見える収納の場合は、物と物との間に隙間を空けるように配置し、どうしても入りきらないものは、別の場所に移動するなど、分けて収納することも考えましょう。

小さなものは直置きしない

バスグッズやヘアケア製品など、細々したものが棚に直接置いてあると雑多な印象を与えます。他のものを取ろうとした時に、一緒に落としてしまうなどのアクシデントにも繋がりやすいので、細かいものは、ボックスやカゴなどにひとまとめにして棚に収納するようにしましょう。

ファブリックの畳み方を統一する

カラーや質感が統一されたタオルが美しく畳まれ収納されている様は、とても清潔感があり、どんな収納よりも素敵に見えます。気をつけたいのは畳む方向。すべて同じサイズに畳むようにし、輪になる方向が手前側にくるように配置しましょう。

目指すはホテル仕様!リネン庫の収納ワザ

目指すはホテル仕様!リネン庫の収納ワザ

alabn/Shutterstock.com

スッキリ見せるポイントを押さえたら、次は、機能的な収納ワザです。見た目に美しく、使いやすいリネン庫は、もしかするとホテル以上のクオリティかもしれませんね。

カゴやバスケットを使ったスッキリ収納

細々としたアイテムや、小さめのファブリックなどをまとめたり、使用する人ごとに分けたりするのに便利なのがカゴ収納。籐などのナチュラル素材は、清潔感がありタオルなどのファブリック類とも好相性。見た目もスッキリ片付くので、オープンシェルフタイプのリネン庫に向いています。

取っ手付きのファブリックバスケットで引き出し風に

棚のサイズに合った取っ手付きのファブリックバスケットを用意し、段ごとに中身を分類して入れていけば、必要な時には取っ手を引いて出し入れできる引き出し風収納に。同じバスケットを複数使う場合は、ステッカーやタグなどを利用し、外側から何が入っているか確認しやすくすると使い勝手がアップします。

半透明の中身がわかる収納

中身が透けて見える半透明のポリプロピレンのボックスを使った小分け収納。何が入っているか外側から判断できる上、汚れた時は手軽に拭いたり洗ったりできるので衛生面でも安心です。

湿気の多い空間をさわやかにする置き型消臭

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

さて、リネン庫がキレイに片付いたら、湿気対策も忘れずに行っておきましょう。せっかく脱衣所や洗面台周りが美しくなっても、ジメジメした室内環境だと、カビの発生や臭いが心配です。

日常的に行った方が良いカビ対策としては、換気をこまめにすること。とくに、入浴後は浴室の扉を全開にして換気をしたくなりますが、浴室の扉を全開にすると、浴室にこもった湿気が脱衣所に流れだし、湿度が高くなります。

入浴後の換気として正解なのは、浴室の換気扇を回し、5cm程度ドアを開けておくこと。そうすることで、空気の流れが生じ、脱衣所に溜まった湿った空気も換気扇が吸い込んでくれます。もちろん、脱衣所に窓がある場合は、開けることでより早く空気を入れ替えることができます。

換気と合わせてしておきたいのが、臭いの予防策。脱衣所は、浴室からくる湿った臭いや、脱いだ服の臭い、洗剤やシャンプーの臭いなど、狭い空間にいくつもの臭いが混ざり合っています。ファブリーズの置き型消臭剤を設置しておくと、空中に漂う臭い分子を、独自の消臭成分「ニオイキャッチャーゼリー」が捕まえ、化学的に分解・中和し臭いを元から消し去ります。

また、カビ予防に効果のある、自然界に存在する森林フィトンと同じ成分を配合しており、消臭と同時にカビの元にも働きかけます。

美しく整えられたリネン庫は、目にするたびに清々しい気分にしてくれます。換気や臭い対策にも十分に気を配り、心地よい毎日を送りましょう。