ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
包丁を処分したい!知っておくべき正しい方法
出典 : Serge Ka/Shutterstock.com

包丁を処分したい!知っておくべき正しい方法

日常生活で出てくる不用品。品目によってどのように処分すべきなのか、わからないことが多いですよね。とくに、包丁は、処分の方法については知らない人が多いのではないでしょうか。正しい処分の方法や注意点などについて解説していきます。

  • 創文舎 hiderio888

包丁を捨てる時の注意点

包丁を捨てる時の注意点

stoatphoto/Shutterstock.com

包丁は食材を切るのに便利な道具ですが、刃物であるため正しく取り扱わないと危険です。それは調理の時も、処分する時も同じ。とくに、処分する時は安全をしっかりと確保しなければなりません。

包丁の刃をむき出しのまま捨てないこと

包丁を処分する時に何よりも気をつけなければならないことは、刃の部分をむき出しのままにしてはならないということです。

当たり前のことですが、包丁の刃に手などが当たるとケガをします。ましてや、袋に入れて捨てると、中身がわからなくなるので、ケガをする可能性が高くなります。

怪我人を出さないためにも、必ず包丁の刃を保護してから処分するようにしましょう。包丁の刃を厚紙で挟み、ガムテープでぐるぐる巻きにして固定すれば、安全に包丁を処分することができます。

中に包丁が入っていることをゴミ袋に明記すること

包丁の刃を保護できたら、袋に入れて捨てることになりますが、袋に包丁が入っていることを明記しておきましょう。

先述したように刃の部分を保護しておけば、ケガをする可能性は低くなりますが、念には念を入れた方がより安全になり、マナーとしても明記した方がいいでしょう。

包丁を処分する方法

包丁を処分する方法

ShutterOK/Shutterstock.com

一般ゴミとして捨てる

不要になった包丁は、一般ゴミとして廃棄することができます。

気をつけたいのは、住んでいる地域によって包丁の捨て方について分別のルールが違うことです。たとえば、京都市の場合は刃を保護したうえで「燃やすごみ」として廃棄することになりますし、横須賀市になると「集団資源回収の缶以外の金属」のゴミに出すといった具合です。

包丁をゴミとして捨てる時には、事前に住んでいる自治体に確認するようにしましょう。

不用品回収業者に依頼する

包丁を処分するには、ゴミとして捨てる以外に不用品回収業者に引き取りを依頼する方法もあります。

飲食店を経営するなどして、包丁を大量に処分しなければならない時や、包丁以外にも回収してほしい不用品があるといった時には便利な方法といえるでしょう。

感謝の気持ちを込めて刃物供養をする

感謝の気持ちを込めて刃物供養をする

rangizzz/Shutterstock.com

包丁を含めた刃物は、日頃の感謝を込めて刃物供養をしてから処分するという方法もあります。

とくに、美容院や飲食店など、刃物を使う職業の人が退職したり、家庭で長年使用していた包丁を処分する時に利用されています。

刃物供養に出した包丁は、責任を持って処分してくれるので相談するのもよいでしょう。

包丁のキレ味を復活させる

包丁のキレ味を復活させる

Nor Ga/Shutterstock.com

包丁のキレ味が悪くなったら、すぐに処分するのではなく、研ぐことで使い続けるという選択肢もあります。

包丁を研ぐためには砥石を使う方法と、シャープナーを使う方法があります。手軽に済ませたいならシャープナーを使うのもいいですが、長く大事に使いたい場合には砥石で丁寧に研いだ方が長持ちしますよ。

砥石を使う場合は、包丁の状態によって砥石を選ばなくてはなりません。それぞれの特徴について見てみましょう。

荒砥(あらど)

包丁の刃がかけてしまっている場合や、刃がないような包丁に使うのが荒砥(あらど)です。もっとも目の粗い砥石で、研磨力が強いので日常的に使うのは避けた方がいいでしょう。

中砥(なかど)

包丁のキレ味が悪くなった時に日常的に研ぐための砥石です。荒砥を使った後についてしまった傷を隠すためにも使われます。

仕上砥(しあげど)

キレ味の微調整や、より強いキレ味が必要な時に使う砥石で、もっとも目がなめらかな砥石です。通常は中砥で研いだ後に使います。

包丁の研ぎ方

包丁を研ぐときは、まず砥石を濡らしておきましょう。砥石によっては濡らさなくてもいいもののありますが、砥石が乾燥した状態で研ぎ始めると、破先が簡単に欠けてしまいます。20~30分程度水に濡らしておくか、水の入った容器に砥石を入れておくと、砥石の表面が滑らかになり、刃物を研ぎやすくなります。

まず、包丁の刃を体側に向け砥石に対して45°の角度になるように砥石に押さえつけます。柄をしっかり持ち、空いている手の親指から中指で包丁を押さえましょう。

研ぐ時のポイントは、押す時に力を入れ引く時は力を抜くことです。何回かに分けながら、刃全体を研ぐようにしてください。

両刃包丁の場合は、表面と同じくらい研ぐようにしましょう。片刃包丁の場合、裏面は表面の1割程度を研ぎます。その時、表とは逆に引く際に力を入れ押す時に力を抜いて研いでください。

包丁にはさまざまな処分方法があります。自分に合った方法で、適切に処分できるよう心がけましょう。また、処分する際は刃の保護を必ず行うようにしましょう。