ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
カンタン&ボリューム満点!多忙なママにおすすめの節約レシピ決定版!
出典 : liza54500/Shutterstock.com

カンタン&ボリューム満点!多忙なママにおすすめの節約レシピ決定版!

働くママは毎日大忙し!食事の支度はカンタンでスピーディ、食べ盛りの子どもも大満足、そして、なんといっても食費にやさしい節約レシピであることが大事です。節約レシピに大活躍の節約食材&節約レシピのコツを紹介します。

  • 鈴木

節約の第一歩は食材選び!

節約の第一歩は食材選び!

Nadianb/Shutterstock.com

節約レシピの“かなめ”といえる食材選び。節約に役立ちながら、栄養価が高く、使い勝手の良い優れものの食材を5つ集めました。この5つを常備しておくととても便利です!

●鶏胸肉

高たんぱくで低脂肪、各種ビタミンも豊富に含まれている鶏胸肉は、鶏肉の中でもとくに、安価な部位です。
茹でてサラダに、ソテーやグリルでメインディッシュに、スープの具材に、調理方法もいろいろあり、いろいろなレシピに活躍します。

●豆腐・厚揚げ・高野豆腐

大豆から作られ、栄養価が高いことで知られる豆腐は、健康食、美容食、長寿食として、機能性食品として世界中から注目されています。また、豆腐を油で揚げた「厚揚げ」や豆腐を凍らせて乾燥させた「高野豆腐」も同じく節約食材。肉の代わりとして利用することでボリュームアップできます。

●卵

小売価格は30年以上ほぼ変わらず、「物価の優等生」といわれ続けている卵。食物繊維とビタミンC以外の栄養素が含有されています。

●納豆

6大栄養素のすべてを含んでいる納豆。そのままで食べる以外に、オクラや山芋と合わせてサラダにして、味噌汁やオムレツ、パスタの具として、工夫次第でレシピが広がります。

●もやし

節約食材の定番野菜もやし。カロリーが低く、健康に役立つさまざまな栄養素を含んでいます。

節約レシピの王道といえば?!

節約レシピの王道といえば?!

bonchan/Shutterstock.com

●鶏胸肉の親子丼

手頃な食材ばかりで完成する親子丼は小さな子どもから大人までみんな大好き。
<作り方>
食べやすく火の通りやすい大きさに鶏胸肉を切り、だし汁、醤油、みりん、砂糖を合わせて火にかけ、沸騰したら鶏胸肉を入れて火を通します。三つ葉を入れた溶き卵でとじて出来上がり。お好みでネギやタマネギを入れて。

●厚揚げともやしの炒め物

フライパンひとつでサッと出来上がる炒め物。肉も入れますが厚揚げともやしでボリュームアップ!
<作り方>
フライパンで豚肉、厚揚げ、もやしを炒め合わせ、オイスターソースや焼肉のタレなどで味をつけて出来上がり。

●納豆もやしのオムレツ

卵だけでは物足りないものですが、具材を入れると味の変化を演出でき、食べ応えにもなります。
<作り方>
納豆ともやしを炒め合わせ、一旦皿にとります。溶き卵をフライパンに流し込み、取り出した具材を入れて包み込みます。または、具材に軽く火が通れば溶き卵を流し込み、形を整えます。ケチャップやマヨネーズ、お好み焼きソースなど、お好みでソースをかけて出来上がりです。

節約スピーディ調理のコツは二刀流?! 

節約スピーディ調理のコツは二刀流?!

leungchopan/Shutterstock.com

忙しい中での食事の支度は1分、2分も無駄にできないものです。食材も時間も節約しながらスピーディに調理するコツは “ながらクッキング”。何かをしている間に何かをする、の二刀流が基本。
たとえば、コンロで炒め物を作っている間に、もう一品のじゃがバターはレンジで作るなどです。

冷凍保存活用で時短節約レシピの完成! 

冷凍保存活用で時短節約レシピの完成!

New Africa/Shutterstock.com

冷凍保存のポイントは?

◆食べきれないから冷凍保存しよう、はNG。新鮮なうちに冷凍する方が鮮度や風味を保つことができます。
◆小分けしておくと、より早く冷凍できるのでより鮮度を保ち、使う時にも便利です。
◆ラップに包んだりタッパに入れたりして冷凍保存するのは乾燥を防ぐためです。

カンタンでボリューム満点の節約レシピを実践するためには、使い勝手の良いリーズナブルな食材を知り、常備し、調理は「ながら」で2つ以上すること。そして、冷凍保存を活用して特売日にまとめ買いすることです。