ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ハムスターに快適な家を探してあげたい!ハムのスターケージの選び方
出典 :  AtiwatPhotography/Shutterstock.com

ハムスターに快適な家を探してあげたい!ハムのスターケージの選び方

ハムスターを飼い始める時、まず用意しなければいけないのが、ハムスターが暮らすケージです。ケージ選びには、いくつかの大切なポイントがあります。選ぶ際は十分検討して、ハムスターにとって快適な環境を与えてあげましょう。

  • terasaki

ハムスターケージの選び方とポイント

ハムスターケージの選び方とポイント

HelloRF Zcool/Shutterstock.com

初めてハムスターを飼おうとした時、ケージの種類の多さに何を選べばいいのか迷うかもしれません。どんな点に注意してケージを選ぶとハムスターは快適に過ごせるのでしょうか。

●広いケージ

運動量の多いハムスターにとって、ケージの広さは何より重要です。必要な広さはハムスターの種類によって異なりますが、体が小さい種類のハムスターでも、横の長さが最低45センチは欲しいところです。いくら回し車があっても、狭いケージでは運動量が足りずハムスターにストレスがかかってしまいます。可能な限り広いケージを用意してあげましょう。

●安全な作りのケージ

ハムスターは視力も弱く上下運動には向いていません。そのため、作りが複雑なケージはハムスターが転落しケガをしてしまう可能性があります。安全性を重視し、ごくシンプルな作りのケージを用意するのがおすすめです。

●ケージ内の温度と湿度

ハムスターは寒さと湿気、また夏場の暑さも苦手です。ケージ内は、温度22度〜24度、湿度40%〜60%という環境が保てるのが理想のケージです。

ケージ素材の種類

ケージ素材の種類

Madhourse/Shutterstock.com

ケージの素材にもいろいろあり、それぞれメリットとデメリットがありますが、重視すべきは広さと安全性です。

●金網タイプ

比較的リーズナブルで種類も多いタイプです。軽くて通気性もいいのがメリットですが、よじのぼって落下する、隙間に足がはまるなどケガを起こしやすいのがデメリットです。ケージを噛むことで歯のトラブルも招きやすくなります。

●水槽タイプ

外と遮られているので、ハムスターが雑音の影響を受けにくく、冬でも暖かく過ごせます。通気性が悪いので湿気や臭い対策のため、こまめに掃除をする必要があります。ガラスやアクリル、プラスチック製があるので、使いやすい重さ、値段などを基準に選ぶといいですね。

●プラスティックタイプ

部分的にメッシュになっていて、アクセサリーなどが多くつけられて販売されているのがプラスティックタイプです。水槽タイプより通気性が良く、外とも遮断されてハムスターが落ち着いて過ごせます。反面、プラスチックのアクセサリーは、破損しやすく、ハムスターのケガの原因になることもあります。

ハムスターがケージを噛む時は?

ハムスターがケージを噛む時は?

sirabhop/Shutterstock.com

金網タイプのケージでハムスターを飼ったことがある人は、ハムスターがケージを噛む音にびっくりしたことがあるかもしれません。しかし、金網を噛む問題は、音ではなく歯に悪影響や口内に炎症を起こす心配があることです。噛むのが頻繁のようならば、すぐに対策をとらなければなりません。

●ケージを噛む理由

ハムスターはもともとかじる習性があるので、少しぐらい金網をかじるのは自然なことです。しかし、それ以外にもストレスや、ケージの外に出たい、飼い主の気を惹きたいなど他の理由も考えられることがあります。思い当たる原因を探して、取り除いてあげましょう。

●対処法

まずはケージを見直す必要があります。汚れていないか、臭いがきつくなっていないか、回し車などで遊べているか、広さは十分かチェックしてみましょう。ケージに問題があるようならば、買い直しも検討しなければなりません。その際、予算内で理想のケージが見つからなければ手作りする方法もあります。

もし、普段はかじらないのに飼い主が近くにいる時だけかじるのであれば、気を惹こうとしている可能性もあります。かじるたびに相手をしていたら、かじれば遊んでくれるとハムスターが学習するので、かじっている時は相手をしないようにする必要があります。

ケージを手作りしてみよう

ケージを手作りしてみよう

Best dog photo/Shutterstock.com

自分で作るのは手間ですが、市販のケージの不満点が解消されます。ただし衣装ケースは換気が悪いので、夏の暑い時期は部屋の温度と湿度を快適に保つ必要があります。外出の際にもエアコンで適温にしておくことが望ましいです。扇風機は風がストレスになるので、使用しないでください。

それだけでは心配な場合は、涼感が得られるプレートやタイル、キューブなどハムスター用の冷却グッズを使用するのもおすすめです。保冷剤や凍らせたペットボトルを水が滴らないようにタオルで巻いて、天井に置いたりするだけでも、ケージの温度を下げることができます。

ハムスターの寿命は2~3年と、他のペットと比べてもかなり短いです。ハムスターとの時間を一緒に楽しく過ごすために、快適なケージを用意してあげたいですね。