ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
汗をかくとブラジャーから臭いがモワ~。この臭い何とかしたい!
出典 : JAYANNPO/Shutterstock.com

汗をかくとブラジャーから臭いがモワ~。この臭い何とかしたい!

洗濯したてのブラジャーは柔軟剤のいい香りなのに、身につけて汗をかくと蘇ってくるイヤな臭い。いくらかわいいデザインのブラジャーでも臭いがきつくては台無しです。 臭いの原因を知って、すっきり消臭しちゃいましょう!

  • 創文舎 hamo

ブラジャーの臭いの真相とは?

ブラジャーの臭いの真相とは?

Ruslan Kudrin/Shutterstock.com

女性らしくかわいらしいブラジャーは、身につけているだけでも自然とテンションが上がるもの。でも、汗をかいたとたん、モワ~っと汗臭さを感じる・・・という悩みを持つ女性は少なくありません。

そもそも、なぜブラジャーは臭くなってしまうのでしょうか? ブラジャーの臭いの悩みを抱える人の多くは、「買ったばかりのブラジャーは同じように汗をかいても臭わないのに、何回か着用したブラジャーが臭う」という人がほとんどだと思います。

これは、ブラジャー本体も、汗そのものにも、じつは、臭いがほとんどついていないことの証拠。ブラジャーが汗だけを理由に臭くなるなら、新しい下ろしたてのブラジャーも汗をかけば臭くなるはず。なのに、何度か着用したブラジャーだけが臭くなるのは、洗濯や保管方法に問題があるからです。

ブラジャーをはじめ、衣類が臭うのは、衣類の中に潜む雑菌が原因です。
私たちの体は、絶えず体温調節のために汗をかき、古くなった皮膚や皮脂が剥がれ落ちています。皮膚の表面にいる常在菌は、それら皮脂や垢をエサにし、適度な温度と汗による湿度で繁殖し、臭いの元となる物質を発生させています。

皮膚の表面にいる常在菌は入浴などで体を洗うことにより、その数が増えすぎることはあまりありません。しかし、繊維の奥に身を潜めた雑菌は、皮脂や垢などの汚れと一緒に繊維にこびりつき、下着や衣類に蓄積されていきます。

ブラジャーは、体にピッタリと密着して着用する下着です。胸元には、汗を分泌する汗腺や皮脂腺などが集中しており、雑菌にとっても住みやすい環境。ですから、それだけ雑菌の数も多くなり、繰り返し使用しているうちに、通常の洗濯では取りきれなかった雑菌が繊維の奥に住みつき、着用して汗をかくことで、雑菌の活動が活発化し臭いを発生させているのです。

雑菌臭は浸け置き洗いでサヨウナラ

雑菌臭は浸け置き洗いでサヨウナラ

Nuttakan Peawyoo/Shutterstock.com

通常の洗濯で取れなくなった雑菌は、放置しておくと湿気を含む度に臭いを発します。
洗っても臭うようになったブラジャーは、一度、しっかり雑菌をリセットする必要があります。

準備するもの

・洗濯用固形石けん
・酸素系漂白剤(粉末)
・洗面器

※酸素系漂白剤は液体と粉末の2つのタイプがあります。
液体は酸性、粉末はアルカリ性の性質を持っており、皮脂などの酸性汚れには、アルカリ性の粉末タイプがよく効きます。

1 ブラジャーをぬるま湯に浸し、固形石けんをよく泡立てます。
2 石けんの泡で包み込むようにやさしくもみ洗いし、汚れやすい箇所を念入りに洗っていきます。
3 泡をよくすすぎます。
4 50℃前後のお湯を洗面器にはり、酸素系漂白剤を溶かし入れます。
5 ブラジャーを浸し、1時間くらいおいたらよくすすぎます。
6 すすぎ終わったら乾いたバスタオルなどでよく水気を切り乾かしましょう。

干す前にもう一工夫! 消臭スプレーでさらにスッキリ

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

浸け置き洗いの後も、通常の洗濯の後も、干す前にもう一工夫することで、乾くまでに増える雑菌をさらに抑えることができます。

洗濯と脱水が終わった後のブラジャーに、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーを5、6回スプレーし、いつもと同じように形を整えて陰干ししてください。

ファブリーズの布用消臭除菌スプレーは、衣類についた臭いをとるのはもちろん、99.9%という高い除菌効果で、臭いと一緒に繊維の奥に取れ残った雑菌にもしっかりアプローチします。

臭いの元になる雑菌が増えるのは、衣類が湿った状態。乾く前にファブリーズをスプレーすることで、生乾き臭の原因になる雑菌の繁殖も抑えることができます。

汗の染み込みをブロックする臭い予防

汗の染み込みをブロックする臭い予防

liza54500/Shutterstock.com

ブラジャーの臭いの直接原因が汗でないことはわかりましたが、臭いを発生させるトリガーであることは事実です。ブラジャーを臭わせないためには、汗をブラジャーに染み込ませない予防策をとることも大切です。

汗拭きシートを活用する

秋・冬に比べ、蒸し暑い夏は汗をかきやすい季節。外出の際は、汗拭きシートを携帯し、汗が気になったらお手洗いなどで胸元の汗を拭うようにしましょう。乾いたタオルやティッシュペーパーなどの乾いたもので拭くとなおさら発汗を促すので、拭く時は必ず湿ったもので拭くとよいでしょう。

汗取りパットを活用する

市販のブラジャー用の汗取りパットをブラジャーの内側に装着しておき、汗が溜まってきたらこまめに取り替えるようにしましょう。汗をブラジャーに染みないようにするだけで、雑菌が繁殖しづらい環境をつくることができます。

朝シャン習慣をつける

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれています。また、汗だけではなく皮脂も分泌しているので、朝起きた時にシャワーに入り、汗を流して胸や背中だけでも洗うようにしておくと、雑菌のエサとなる皮脂の分泌を軽減することができ、臭い予防につながります。

ブラジャーが臭くなるのは、湿気・温度・栄養という雑菌が好む条件が揃った時です。一日着用したブラジャーは毎日洗うようにし、湿ったまま置いておかないように気をつけましょう。