ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
今日から始める! お金を貯める生活
出典 :  Rawpixel.com/Shutterstock.com

今日から始める! お金を貯める生活

「お金を貯めたい!」と思っていても、漠然と思っている、なんとなく倹約している、それではまず貯金はできません。「お金を貯める」と決めた時に、見直したい支出項目から行いたい貯蓄法までを紹介します。

  • terasaki
お金を貯められないのには理由があった

TAGSTOCK1/Shutterstock.com

お金を貯められないのには理由があった

「お金が貯まらない」と思っている人の多くに共通点があります。それは収入の問題ではなく、日々の習慣です。お金の使い方のクセを正さなければ、いつまでたってもお金が貯まることはありません。

●収支を把握していない

自分の収入の中で、何にどのくらい支出をしているか把握していない人は、意外と多いのではないでしょうか。はっきりとした支出を把握しない限り倹約すべき項目が不明です。

●計画性がない

もともとの性格が楽天的であり行き当たりばったりの人は、貯蓄に優先制を持たないこと多いようです。そんな場合は、貯める目的、必要な額を意識することが大切です。

●コンビニ通い

高額な買い物には気をつけても、日々の浪費は気にしないことが多いかもしれません。気分転換に、暇に任せてふらっとコンビニなどに立ち寄り、毎日無駄遣いしていては一向にお金が貯まりません。1回の買い物は少額でも、月にすればかなりの額を無駄に消費していることになります。

お金を貯めるためにできること

お金を貯めるためにできること

BABYFRUITYShutterstock.com

お金を貯めるためには、自分の生活習慣を見直すだけでも、月に決まった額を貯蓄に回すことができます。

●家計簿をつける

きちんとした家計簿でなくて構いません。自分なりにお金の流れが把握をできる方法で、月の支出額を見直してみましょう。支出額が多いものに関してのみ倹約を心がけるようにします。

●口座を分ける

口座を引き落としのための口座と、貯蓄用の口座と別に用意しておきます。余ったら貯蓄ではなく、最初に貯蓄用の口座に移しておくといいですね。

●計画を立てる

目標もないのに貯蓄するのは難しい話です。いつまでに何のための貯蓄をするのか、明確に計画を立てておくと目標を達成しやすくなります。

消費を減らす方法を考えてみる

 消費を減らす方法を考えてみる

Africa Studio/Shutterstock.com

生活習慣を改めるだけでは、貯蓄が足りない時は消費額を減らす努力もしてみましょう。

●食事

食費の節約を考える時、自炊は絶対条件になりますが、仕事帰り疲れて帰って買い物、夕食作りは想像しただけでたいへんです。あらかじめ買い物は済ませ、時間のある時は下ごしらえまでしておけば、外食や惣菜を買うことを避けられます。

●保険料

意外と家計を圧迫しているのは保険料です。かなり前に入ったまま保険を一切見直していない人は、無料で相談に乗ってくれるところで、内容、掛け金ともに検討し直すことで節約になります。

●通信費の見直し

通信費が家計の大きな割合を占めるようになってきた昨今。スマートフォンなどは、携帯会社やプランを変えるだけで、支出に差が出ます。インターネット、固定電話の回線など統一することで割引もあります。

収入を増やす方法を考えてみる

 収入を増やす方法を考えてみる

Minerva Studio/Shutterstock.com

支出を減らすだけでは、どうにも対応できない場合には、収入を増やす方法を考えなければなりません。今の職業で資格を取得するなり、スキルを磨くことで収入を上げるのが理想です。現実的に不可能な場合は、副業について検討するのも一つの手段です。

今は自宅で行える副業もあります。しかし、本業がおろそかになっては元も子もありません。所属する企業の就業規則を確認し、自分にあった無理のない方法を選びましょう。

お金を貯めるのは、意識の持ち方で随分変わってきます。お金の流れを把握して、ゲーム感覚でお金を貯めることを楽しめるといいですね。