ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
衣装ケースから出した衣類が臭い! これってなんの臭い?

衣装ケースから出した衣類が臭い! これってなんの臭い?

衣替えなどで久々に衣装ケースから衣類を出すと思わず「クサッ」となることありませんか? 衣装ケースはプラスチック製のものが多く、長くしまいっ放しにしていると通気性に乏しいため、中は密封状態に・・・。臭いがついた衣類を消臭する方法や臭いをつけない予防策をご紹介します。

  • 創文舎 hamo

衣装ケースの中が臭くなる原因とは?

衣装ケースの中が臭くなる原因とは?

季節が変わるごとに衣類を入れ替える衣替え。シーズンが終わると洗濯してから収納し、長い期間しまっておくことになります。このしばらく着ない衣類ですが、みなさんはどのように風に収納していますか?

頻繁に着るシーズン中の服は、クローゼットの中にハンガーで吊るしたり、取り出しやすいタンスなどにしまっておくことが多いと思いますが、しばらく着ない服は、プラスチック製の衣装ケースに入れたり、圧縮袋でペタンコにして押し入れの奥にしまったりしていませんか?

限られた収納スペースを有効に活用するのに、そういった方法を取られている人は多いと思います。しかし、しばらくぶりに収納していた衣類を出した時にイヤな臭いを感じることが多いのが、その種の収納方法のウィークポイント。きちんと洗濯してから収納しておいたはずなのに、なぜ臭いがつくのでしょうか?

原因の一つが、洗濯で落としきれなかった衣類の汚れ。家での洗濯は、きちんと洗ったつもりでも、繊維の奥に汚れが残っている場合が多々あります。そのまま衣装ケースなどに入れ長期間保管すると、汚れが原因で雑菌が繁殖し、カビが発生したり雑菌臭の元になったりします。

また、プラスチックの衣装ケースは、木製のタンスなどに比べ通気性に乏しく湿気が溜まりやすい傾向があります。衣類に残った汚れと湿度が合わさることで、菌やカビが繁殖しやすい環境になってしまうのです。

衣類の臭いを消す、とっておきのワザ

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

衣替えで出した衣類に臭いがついていた場合、どのように臭いを消したらよいでしょうか。臭いの強さや種類によっていくつか対処法があります。

こもったような湿気た臭い

衣装ケースの中の湿気と通気性の悪さでつく湿った臭いには、風通しの良い場所での陰干しが効果的。さらに、干す前にファブリーズの布用消臭除菌スプレーを、上着なら片面5、6回ずつ、ボトムスなら10回程度スプレーすると、すっきり臭いがとれます。
ファブリーズは、さまざまな臭いに対応する4つの消臭成分を配合しています。臭い分子をしっかり捕まえ、イオンレベルで分解・中和し、臭いを元から消し去ります。また、除菌効果も高く、布についた菌に対する実験では、スプレーすることで雑菌の99.9%を除去できたという結果が出ています。
軽い臭いなら、陰干しだけでも取れる場合がありますが、繊維の奥の雑菌や臭いまでしっかりケアするなら、断然ファブリーズがおすすめです。

カビの臭い

衣類を出した時にカビ臭さを感じるようなら、もう一度洗濯し直した方が良いでしょう。軽いものなら洗濯機で洗濯すれば落ちますが、乾いた後にまだ臭いが残るようなら、40℃前後のお湯に酸素系漂白剤を溶かし、1時間程度浸け置きしてから洗濯するとすっきり臭いがとれます。
さらに、干す前にファブリーズの布用消臭除菌スプレーを全体に噴霧しておけば、乾くまでに発生しやすい雑菌の繁殖を抑え、生乾き臭の予防にもなります。

衣類に臭いをつけない予防策

衣類に臭いをつけない予防策

取り出した衣類の消臭についてお話してきましたが、保管している間に衣類に臭いをつけないためには、収納する際に何点か気をつけるべきことがあります。

除湿剤を活用する

衣装ケースの中は、密閉性が高いほど湿度が上がり水分が溜まりやすくなります。衣類をしまう際、一番上に吸湿面を上にしたシートタイプの除湿剤をセットしておくと、ケース内の水分を吸い取ってくれるので、湿気た臭いがしづらくなります。

詰め込み過ぎない

ケースの中に隙間があると、ついつい限界まで衣類を入れてしまいがちですが、空間的な余裕がないと、せっかく除湿剤や防虫剤を入れても効果が行きわたらず、臭いがついてしまいます。

手作りの除湿剤&防虫剤を作る

防虫剤を入れたくても「あの独特の臭いが気になる」という人におすすめなのが、手作りの香り袋。作り方はいたってカンタン! まず、重曹、お茶パック、アロマオイル、布袋を用意し、お茶パック1つ分くらいの重曹にラベンダーやローズマリーなどハーブ系のアロマオイルを数滴混ぜ、お茶パックに入れます。程よい大きさの布袋を用意し(靴下などでもOK)、お茶パックを入れたら紐やリボンなどで口を結べば完成です。見た目もかわいい上に、やさしい香りで虫をガードしながらしっかり消臭&除湿もしてくれるという優れもの。ぜひ、お試しくださいね。

収納する前に衣装ケースの臭いをチェック!

収納する前に衣装ケースの臭いをチェック!

bump23/Shutterstock.com

予防策をマスターしたところで、早速収納を・・・と、その前にもう一つチェックしておきたい項目があります。衣装ケース本体の臭いです。

長年同じ衣装ケースを使い続けていると、衣装ケース自体に臭いがついてしまうことがあります。当然、臭いケースに衣類をしまうとせっかくきれいにした衣類に臭いがついてしまいます。収納する前に、一度衣装ケースの中をクンクンして臭いチェックをしておきましょう!

もし、空っぽの衣装ケースから臭いがしたら、中性洗剤を使った水洗いがおすすめ。スポンジなどを使ってゴシゴシ洗い、しっかり水ですすいだら、乾拭きしてしばらく天日干ししましょう。すっきり臭いがとれた衣装ケースなら、衣類を気持ちよく収納できますね。

臭いがつきやすい衣装ケースですが、しばらく着ない服をしまっておくにはたいへん便利なもの。臭いをつけない予防策や臭いがついてしまった時の対応策を知っておき、上手に使いこなしましょう!