ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
洗っても、洗っても、取れない肌着の臭い、どうにかしたい!
出典 : beeboys/Shutterstock.com

洗っても、洗っても、取れない肌着の臭い、どうにかしたい!

汗を大量にかく夏。もっともダイレクトにその汗を吸い込むのは肌着です。毎日取り替えて、毎回洗濯しているのに、着る度にムワッと漂うイヤ~な臭い。思わず捨てたくなる衝動に駆られますが、捨てる前に洗濯と一緒にできる消臭方法を試してみませんか?

  • 創文舎 hamo

肌着についたしつこい臭いの原因とは

肌着についたしつこい臭いの原因とは

Halfbottle/Shutterstock.com

洗濯して乾いた後は臭わないのに、着用してしばらくすると漂うムワ~っとした臭い。
汗をかき出す頃に臭いが漂い始めるので、汗の臭いのように感じてしまいますが、じつは、汗自体はほとんど臭い物質を含んでいません。

人間の汗は、大きく2つの種類に大別されます。一つは成分の99%以上を水分が占めるエクリン腺。もう一つは、エクリン腺と同成分の汗にたんぱく質と脂質を含むアポクリン腺です。どちらも分泌されたばかりの時は臭いはなく、時間の経過とともに、皮膚にいる常在菌が汗や皮脂を分解し、繁殖し始めるとあの汗臭い臭いを発します。

どちらの汗腺も汗自体に臭いはありませんが、雑菌と合わさった時により強く臭いを発するのは、雑菌にとって栄養素が多いアポクリン腺が集中している脇や胸回りや陰部。まさに、肌着がカバーしているゾーンです。

肌着が新しいうちは、洗濯することで汚れも汗もしっかり落ちますが、繰り返し着ているうちに、徐々に繊維の奥に雑菌が浸食し、洗濯しても皮脂汚れなどと一緒に取れ残るようになります。

結果的に、洗った後の乾いた状態では臭いは発生しませんが、汗をかいて湿った状態になると、雑菌が活動しやすい環境となり、不快な臭いを発生させているのです。

染み付いた雑菌臭は浸け置き洗いでKO!

染み付いた雑菌臭は浸け置き洗いでKO!

Bowonpat Sakaew/Shutterstock.com

繊維の奥に取れ残った雑菌は、普通の洗濯では取ることができない頑固な臭いの原因です。ある程度古くなった肌着なら、買い替え時と潔く捨てるのもありですが、それほど傷んでいない肌着を捨てるのはもったいないですよね。漂白剤を使った浸け置き洗いならしつこい雑菌臭をクリアにすることができます。

1 肌着が浸かる程度の洗面器やバケツに50℃前後のお湯を入れます。
2 酸素系漂白剤(粉末)を分量分溶かし入れます。
3 1時間ほど浸け置き、その後通常通り洗濯機で洗います。

浸け置きするだけで嘘のように雑菌臭が消え去ります。ただし、注意が必要なのは、酸素系漂白剤は粉末を使用するという点。液体の酸素系漂白剤もありますが、粉末に比べ効き目がマイルドで、酸性の性質を持っています。普段の洗濯での臭い予防という点では、生地にも負担をかけず優れた効果を発揮しますが、繊維にこびりついた雑菌や皮脂汚れには、アルカリ性の粉末タイプが有効です。

生乾き臭を予防する消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

雑菌は適度な湿度と温度、栄養が揃った時に活発に繁殖し不快な臭いを発します。そういった条件は、何も着用中だけでなく、普段の洗濯後、部屋で干す時にもありえる環境です。皮脂や雑菌が取れ残ったまま、湿った状況が長く続くと、さらに雑菌が繁殖し臭いが強くなります。いわゆる「生乾き臭」や「部屋干し臭」といわれるのは、雑菌が原因の臭いです。

そのような生乾き臭を予防し、臭い肌着にならないようケアするのに最適なのが、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーです。
ファブリーズは、布についた臭いの消臭はもちろん、繊維についた雑菌の除去に優れた効果を発揮します。布に付着した菌に対する実験では、ファブリーズをスプレーすることで、菌の99.9%を除去したという結果が出ています。

Tシャツなどの肌着の場合、洗濯して干す前の濡れた状態に5、6回スプレーし、通常通り干します。濡れた状態から乾くまでの間に増える雑菌の活動を抑制し、同時に除菌も行うので、雨の日の部屋干しでも肌着が臭くなりません。

綿vs化学繊維、臭いがつきやすいのは?

綿vs化学繊維、臭いがつきやすいのは?

In Green/Shutterstock.com

最近の肌着には「防臭」や「抗菌」、「速乾」などをうたった機能性肌着が多くあります。汗が乾くのが早く、臭くなりにくそうなイメージがありますが、昔からある綿などの天然素材の肌着と比較してどちらが臭くなりにくいのでしょうか?

機能性肌着の多くは、ポリエステルやポリウレタンなどの化学繊維を主原料に作られているものがほとんどです。化学繊維は、肌触りがサラッとしたものが多く、価格も比較的安価なので非常に人気があります。

しかし、「速乾」というだけあり、汗を吸収せず発散する性質のある化学繊維は臭いも一緒に拡散してしまう傾向があります。また、ポリエステルは皮脂が付着しやすく、放出された汗と合わさり臭いが強くなるともいわれています。体臭がそれほど強くない人にとっては着心地がよく快適ですが、体臭が気になる人は吸水性の高い綿などの天然素材の方がいいかもしれません。

綿は、汗も汚れも繊維の中に吸収する性質があります。汗や皮脂と常在菌との接触を防ぐ役割を果たすので、化学繊維に比べ、臭いがしづらいといわれています。また、素材としての強度が高いので、洗濯を繰り返しても風合いが変わらず、ソフトな着心地が長く続くというメリットもあります。干す時に、雑菌臭が残らないように工夫して干せばさらに快適に長く着られそうですね。

肌着に残りやすい雑菌臭は、原因をしっかり知っておくことで対処が可能です。普段から臭いを残さないケアを意識して、快適な肌着をキープしましょう。