ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
リビングは憩いの場所だから、「絨毯掃除」はしっかりと
出典 : LightField Studios/Shutterstock.com

リビングは憩いの場所だから、「絨毯掃除」はしっかりと

毎日家族が利用しているリビングのカーペットは、汚れやすいファブリックの代表。ほこりやダニの温床になった絨毯は、気管支炎やアレルギーの原因になることもあります。気持ちよく快適に使うためにも、こまめなお掃除は欠かせません。

  • ShuShu

毎日使うファブリックだけに絨毯は汚れやすい

毎日使うファブリックだけに絨毯は汚れやすい

Alli Miro/Shutterstock.com

絨毯を敷いておくと子どもやお年寄りの転倒防止にも役立ち、またフローリングと比べてほこりが舞い上がりにくいなどのメリットがあります。しかし、毎日使っているため、いろいろな汚れが付着しやすいというデメリットは否めません。

おまけに絨毯の汚れは、ほこりやゴミはもちろん、食べこぼしや飲みこぼし、フケや髪の毛など様ざま。これらが蓄積されるとダニの温床になってしまい、アレルギー症状を起こすこともあります。

また、ペットを飼っている人も要注意。最近は、室内で飼われる犬や猫が主流で、とくに、毛足の長い、毛量が多い種類になると抜け毛も多く、ペットのいない家に比較すると、掃除の回数を増やさなければなりません。

ただ、大きく重く、さらに家具が乗っていることもあるカーペットは掃除しにくいファブリックです。効率のよい掃除方法を知り、清潔に保っておきましょう。

絨毯掃除に適した家事グッズと使用法

絨毯掃除に適した家事グッズと使用法

New Africa/Shutterstock.com

掃除機や雑巾、中性洗剤という定番製品のほかに、絨毯掃除に適したグッズと使い方を紹介します。

ゴム手袋
絨毯の隙間にもぐりこんだゴミ、絡みついた髪の毛やペットの毛を取るのに最適。掃除機では取り切れない部分までしっかりと掃除できる。

スプレー容器
薄めた中性洗剤やクエン酸、重曹水などを入れて、絨毯にスプレーするための容器。

重曹
どんな部屋のお掃除にも使える万能グッズ。絨毯に使う場合は重曹を少量ふりかけ、ゴム手袋をはめた手で全体を擦りなじませてから、掃除機をかける。撒いた後、多少時間を置いて掃除機をかけた方が効果は高い。また、重曹をお湯に溶かした液を絨毯に吹きかけ、ぬらしてから固く絞ったタオルで拭くという方法もある。

絨毯掃除は手袋で擦るだけで、結構汚れを落とすことができます。掃除機をかけるより手間がかかりませんので、こまめに行うと絨毯を清潔に保てます。

飲み物や飲食物をこぼした時の対応策

飲み物や飲食物をこぼした時の対応策

Andrey_Popov/Shutterstock.com

絨毯に飲み物をこぼした時は、あわててゴシゴシ拭くと、かえって汚れが浸みこんでしまうために注意が必要です。

お茶、コーヒーなどをこぼした場合
乾いたタオルやティッシュペーパー、ペーパータオルなどを使い、軽く叩くように汚れを吸い取る。ある程度、汚れを吸い取った後は、水で薄めた台所用洗剤を浸した雑巾を固く絞り、汚れを叩く。その後、水拭き、空拭きをすると、汚れが絨毯に入り込まない。

油やマヨネーズ、ペンキといった油性の汚れ
出来るだけ汚れを取り除いた後、ベンジンを染み込ませた雑巾で汚れを叩く。その後はコーヒーなどと同様に、台所用洗剤を薄めた水で拭き取り、空拭きをする。

ガムを落とした場合
そのまま無理に除去せず、ガム自体を氷やドライアイスで冷やして固めると取りやすい。

緊急時には、このように対処しますが、頻繁に洗剤や水を使った掃除をするのは避けてください。大がかりな掃除は月に1回程度、普段は掃除機を週に1~2回かけるようにすれば、きれいな状態を維持することができます。

ペットなどによる臭いの除去も忘れずに

ペットなどによる臭いの除去も忘れずに

serjiunea/Shutterstock.com

遊んだり昼寝をしたり、ペットは絨毯の上が大好き。とくに、犬や猫は毛が抜けやすく、毛足の長い種類も多いため、絨毯にはペットの抜け毛がたくさん落ちています。

また、ペットの臭いがついたり、絨毯の上で粗相をしてしまうこともあるでしょう。

ペットの臭いを消すために消臭スプレーを使っても、根本的な解消はできません。臭いと抜け毛を除去するには、前述の重曹掃除がおすすめです。

ある程度のスパンでのクリーニングもおすすめ

ある程度のスパンでのクリーニングもおすすめ

ivan_kislitsin/Shutterstock.com

定期的に掃除をしても、蓄積する汚れを完全に取るのは難しいことです。その場合は丸洗いが効果的なのですが、「水洗い可能」といった表示のないものは、洗濯機などで洗うことはできません。

そういう時は、ハウスクリーニング業者に依頼するか、絨毯の丸洗いを行っているクリーニング会社へお願いするのがおすすめです。

プロの業者に任せれば、絨毯を傷めることなく、汚れや臭いを解消してくれます。