ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
超優秀!いくつもの用途を持つエタノールを上手に掃除に使う方法
出典 :  Stock-Asso/Shutterstock.com

超優秀!いくつもの用途を持つエタノールを上手に掃除に使う方法

薬局でよく目にするエタノール、じつは、カビとり、カビ防止、消毒、除菌、電化製品の掃除など、いくつもの用途があります。エタノールを掃除に使う方法やコツ、注意など、知らなかったエタノールについていろいろ知りたい!

  • terasaki

エタノールの種類

エタノールの種類

エタノールは、お酒の主成分でありエチルアルコールとも呼ばれているアルコールの一種です。薬局でカンタンに手に入るエタノールには、無水エタノール、エタノール、消毒エタノールのなどがあります。その違いは濃度です。一般的によく使われる、無水エタノールと、消毒エタノールの違いを見てみましょう。

●無水エタノール

アルコール濃度が99.5%以上のものが無水エタノールです。ほとんどがアルコールなので、あっという間に蒸発するため、消毒には不向きですが、水分に弱い電化製品や精密機器などの掃除には重宝します。精製水で薄めることで、通常の掃除にも使用できます。

●消毒エタノール

家庭での掃除によく利用されるのが消毒用エタノールです。濃度は76.9〜81.4%。エタノールの効力が1番出る割合です。水分も多く含まれ、無水エタノールのようにすぐに蒸発するわけではないため、掃除や消毒に使い勝手がいいとされています。

エタノールで掃除できる場所

エタノールで掃除できる場所

Art_Photo/Shutterstock.co

消毒用エタノールをスプレーボトルに詰め替えたら、早速気になる汚れにスプレーして、掃除に活用してみましょう。

●冷蔵庫の掃除

強力な殺菌作用がある上、消臭効果もあり、油汚れに強く、揮発しやすいエタノールは冷蔵庫掃除に最適です。スプレーしてダスターで拭くだけで、暑い季節の冷蔵庫も清潔に保てます。

●キッチン

水にも油にも溶けやすいエタノールはキッチンの油汚れに効果的です。火気厳禁なので、ガス台を拭く時は火の確認を忘れずに行いましょう。シンクや調理台、まな板や包丁の消毒にも利用できます。純粋な消毒用エタノールならば、スプレーした後、水で流す必要もありません。

●ドアノブ、窓

ドアノブや窓のサンなど多くの人は触れた場所の手垢を落とすことも、消毒することもできます。スプレーした後、カラ拭きするだけです。窓ガラスなどガラス製品も蒸発しやすいエタノールを使えば、液ダレや拭き跡が残ることもなくカンタンにキレイになります。

意外な場所のエタノールでの掃除方法

意外な場所のエタノールでの掃除方法

beeboys/Shutterstock.com

いろいろな場所の掃除に役立ちますが、強い殺菌作用を活かせば思いがけない場所の掃除にも使えます。

カビ対策

すでに生えてしまった黒カビはエタノールだけでは落ちません。エタノールをスプレーした後にメラミンスポンジなどで取り除きましょう。バスルームは、フローリングワイパーの先にエタノールをスプレーしたシートをセットして、壁や天井を拭いておけばカビ予防に効果的です。カビ取り剤を使えない畳にも同じ方法でカビ対策が行えます。

●子どものおもちゃ

子どものおもちゃは口に入れたり、外に持ち出したりと意外に汚れていますが、洗えないものも多数あります。消毒用エタノールをスプレーしてカラ拭きしておけば、菌も汚れも対応できます。また、洗剤と違って口に入れても安心です。

●シール跡、落書き

子どもがいる家庭では、壁にシールを貼ってしまったり、落書きされたりすることもあるかもしれません。そんな時もエタノールが役立ちます。エタノールを染み込ませた布でシール跡や落書きも落ちやすくなります。

エタノールを使う時の注意点

エタノールを使う時の注意点

Marina Lohrbach/Shutterstock.com

何かと便利なエタノールですが、使う時は揮発性が強いので火気には十分注意して、換気しながら使用しましょう。無水エタノールはとくに、ビニール手袋などを利用する必要があります。スプレーボトルに移し換える時は、容器によっては、溶ける可能性もあるので、ガラスや陶器などを選ぶと安心です。

インフルエンザなどの感染症を起こす、多くの菌にも効果がありますが、ノロウィルスには効果ないことも覚えておくといいですね。

上手に使いこなせば、1本でかなりの場所の掃除がまかなえるエタノール。まだ持っていなければ、1本用意しておいても損はないようです。