ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
栄養満点の節約食材おすすめ11選! 保存できるから一人暮らしにも便利
出典 : KPG_Payless /Shutterstock.com

栄養満点の節約食材おすすめ11選! 保存できるから一人暮らしにも便利

「節約したい」と特売品ばかり買ったつもりが、ひと月で結構な食費がかかってしまっていた・・・ということありませんか?食費を節約するのってなかなか難しいですよね。そこで、「栄養・保存・一人暮らし」の3つの観点でおすすめの節約食材をご紹介します。

  • 山下

節約食材の人気が急上昇中!?

節約食材の人気が急上昇中!?

Skylines /Shutterstock.com

今、食費の節約にもっとも効果的な方法のひとつとして、「節約食材」の活用とそのレシピが人気となっています。最近では、「安い食材をどう使うか」という節約術に加え、「安い時にまとめ買いして保存しておく(作り置きする)」という節約術も脚光を浴びるようになり、レシピ本も多数出版されるようになりました。

「食費は削っても子どもには栄養満点のごはんを食べさせたい」「週末に安い食材をまとめ買いして、保存しておきたい」「一人暮らしにかかる実費を何とか節約したい」などと節約ニーズはさまざまですが、節約食材をうまく活用すれば、毎月の食費を数千円~2万円ほど節約することも夢ではありません。

「栄養満点」な節約食材

「栄養満点」な節約食材

MShev /Shutterstock.com

節約食材① 豆苗

1パック100円程度で買える「豆苗」。カイワレ大根のようなビジュアルですが、辛いわけでは無く食べやすいので、小さな子どもにも人気です。豆苗の栄養価は、他の野菜と比較しても群を抜いて高く、β-カロテンやビタミンCなどを豊富に含んでいます。さらに、根を残して水を上げておけば、また新しい芽が出てきて食べられるため、コスパがとても良いのです。かんたんに新芽が育つので、ぜひ試してみてください。

節約食材② もやし

安い食材の代表格「もやし」は節約食材の王道です。その魅力は何といっても「値段」と「ボリューム」。1袋30円前後で手に入ることもあり、野菜炒めや焼きそばの具にすれば、かなりの嵩かさ増しになります。人数が少なくて一度に食べきれないという場合は、冷凍保存しておくと良いでしょう。

節約食材③ 鶏むね肉

タンパク質やビタミンKなど、子どもの成長や健康に必要な栄養素がたっぷり入った「鶏むね肉」。他の肉類よりも100g当たりの単価が安いので、貴重な節約食材のひとつです。鶏もも肉に比べるとパサつきやすいですが、軽く叩いたり、ゆでたりすると、やわらかく食べることができます。

節約食材④ 豆腐

低カロリーでタンパク質も摂れてボリュームアップにもなる「豆腐」は、節約レシピに欠かせない食材です。嫌みの無い味でやわらかいので、小さな子どもでも食べられます。冷奴やサラダにしても良いですし、あんかけ豆腐にしたり、みそ汁に入れたり、豆腐ステーキにしたりとさまざまなアレンジができるので、おすすめです。

保存やまとめ買いができる節約食材

保存やまとめ買いができる節約食材

Africa Studio /Shutterstock.com

節約食材⑤ きのこ

シメジやエノキなどの「きのこ」も保存やまとめ買いにピッタリな節約食材です。きのこは、セール時に値が下がりやすく、冷凍保存することができるので、まとめ買いしておくと、かなりの節約になります。ほぐしてから、ファスナー付きのビニールバックなどに入れ保存しておけば、必要な時に使いたい分だけ料理に加えられるので便利です。

節約食材⑥ おから

栄養満点で低カロリー、ダイエットにも良いとされる「おから」。おからは、豆腐を作る過程でできる搾りかすなので、とても安く購入することができます。ニンジンやこんにゃくと炒めて食べても良いですし、ハンバーグを作る際にひき肉の代替品として加えればかさ増し食材にもなるのでおすすめです。

節約食材⑦ パスタ

日持ちもして主食にもなり、冷蔵庫の場所も取らない。そんな良いことづくめの節約食材が「パスタ」です。通常のスーパーなどではあまり安い印象はないかもしれませんが、業務用スーパーなどで大きな袋でまとめ買いすれば、かなり安く手に入れることができます。

節約食材⑧ ホットケーキミックス

おやつや朝食に・・・など、マルチに使える節約食材が「ホットケーキミックス」です。セール時に、安くまとめ買いするのがよいでしょう。長期保存がきくので、子どものいるご家庭ではストックしておくと、急なおやつコールにも対応できます。

「一人暮らし」におすすめな節約食材

「一人暮らし」におすすめな節約食材

K321 /Shutterstock.com

節約食材⑨ 納豆

栄養満点の「納豆」は、貴重な節約食材のひとつでもあります。3パックセットで60円前後でも購入することができ、調理しなくても食べられるので、一人暮らしにはもってこいです。もし、すべて賞味期限内に食べきれない場合は、冷凍しておくと良いでしょう。

節約食材⑩ 冷凍うどん・そば

「冷凍うどん・そば」も、節約したい時には欠かせない食材のひとつです。1玉あたり100円以下で手に入ることが大半ですし、主食になるので、お腹を満たしたい時にはピッタリ。とくに、うどんは、温・冷うどんから、味噌ベースのけんちんうどん、キムチうどん、釜玉うどん、焼うどん・・・など、アレンジもいろいろとできるので、おすすめです。

節約食材⑪ チルド焼売

一人暮らしで節約する際に、強い味方になってくれるのが「チルド焼売」です。チルド焼売は、スーパーなどで安く手に入れることができます。冷蔵庫に入れておくと、料理をしたくない時の非常食にもなりますし、焼売を切ってお肉代わりに「もやし」や「キャベツ」と炒めれば、味わい抜群の肉炒めもできます。意外と使える節約食材です。

今回、紹介した節約食材をうまく活用すれば、毎月の食費を減らすことも十分可能です。どれも使いやすくバリエーションの効く食材ばかりなので、食べることを楽しみながら、節約にチャレンジしてみましょう。