ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
【プリンターの捨て方】インクカートリッジやUSBメモリー「廃棄・処分方法」注意点は?
出典 :  FabrikaSimf: /Shutterstock.com

【プリンターの捨て方】インクカートリッジやUSBメモリー「廃棄・処分方法」注意点は?

比較的安価で次々に新商品が出るプリンターは、まだ使えるうちに買い換えることもあります。しかし、パソコンのようにメーカーが回収しないプリンターの捨て方はどうしたらいいのでしょうか?ここでは、プリンターの捨て方や処分、廃棄する際の注意点について解説します。

  • terasaki

プリンターを捨てる場合、何ゴミとして処分?

プリンターを捨てる場合、何ゴミとして処分?

pryzmat/Shutterstock.com

不要になったパソコンを捨てる場合、自治体にゴミとしては出せず、メーカーに回収してもらわなければならないことは多くの人が知っているかもしれません。

しかし、プリンターは通常のゴミのように自治体に出すことができます。

●小型家電リサイクル対象品目

自治体にゴミとして出せるとはいえ、プリンターは小型家電リサイクルの対象品目です。

小型家電リサイクルの対象品目は再資源化を促進するために定められた政令です。

メーカーがプリンターを回収してくれるわけではありませんが、回収ボックスなどで回収を行っています。

●粗大ゴミ

プリンターの回収BOXが近くにない場合は、粗大ゴミとしても処分できます。

ただし、住んでいる地域の自治体によって処分の仕方が異なることもあるので確認しましょう。

処分費用もそれぞれ地域によって異なり、一部地域では、燃えないゴミとして処分するところもあります。

プリンターの捨て方は?

プリンターの捨て方は?

trekandshoot/Shutterstock.com

プリンターを粗大ゴミに出す時は、その他の粗大ゴミを出す場合と同じく事前に申し込み、処理券を購入し指定日に収集場所に捨てるだけです。

その際、プリンターの付属品は外し処分、廃棄します。

「インクカートリッジ」の捨て方

インクカートリッジは、「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」として回収が推奨されています。

純正の製品に限られますが、自治体や郵便局、家電量販店などに回収BOXが設置されているので、積極的にリサイクルに協力しましょう。

また、インクカートリッジは、純正品以外は不燃ゴミで処分します。

「メモリー」の捨て方

プリンターにSDカードやUSBメモリーをさして使う場合は、必ず外して処分しましょう。

メモリーの処分方法は、自治体により異なります。

また、買取りをおこなってくれる業者もありますので、活用しましょう!

プリンターの「リサイクル」「売却」方法は?

プリンターの「リサイクル」「売却」方法は?

dotshock/Shutterstock.com

リサイクルショップに買い取ってもらう

プリンターを購入後5年以内の国内産の商品、箱付きなら比較的高値で買い取ってもらうことも期待できます。

古いものに関しては処分費用が徴収されることもあり、その場合は粗大ゴミに出すよりも費用が高くなることもあります。

壊れたプリンターでも状態次第で無償で回収を行う業者もあるようなので、検討してみてもいいかもしれません。

家電量販店に持ち込む

新しいプリンターを購入した時に無償で引き取ってくれるところもあります。

家電量販店の小型家電リサイクルでは、プリンターを有料で回収をしてくれるところもあります。

ネットオークションの活用

インターネット上のオークションなら少しの値が付くかもしれません。


ただし、業者を通さないのでトラブルが起こることも視野に入れておきましょう。

●小型家電リサイクル業者に連絡

環境省が認定した宅配の回収業者もあります。

廃棄するプリンターを有料でルールに則った処分を行っています。

プリンターを捨てる時の注意点!(※個人情報に気をつけて)

プリンターを捨てる時の注意点!(※個人情報に気をつけて)

Photon photo/Shutterstock.com

パソコンと違いプリンターにデータが残ることは稀です。

しかし、プリンターの中にはSDカードやUSBをさして使用するものや、無線でパソコンと接続できるものも、サーバーにデータを保存するものもあります。

外付けでデータを読み込めるものはソフトを外し、内蔵された機能で印刷履歴が残ってしまうプリンターは必ずデータを削除してから処分をしましょう。

コピー機能がついたプリンターは原稿の取り忘れにも気をつけ、個人情報を守りましょう。

リサイクル法と名前がつくと処分の仕方に迷ってしまいますが、プリンターの処分は比較的カンタンです。

リサイクルできるものはリサイクルして、きちんと処分しましょう。