ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
節約したいのに!なかなか減らない食費にはワケがある
出典 : liza54500/Shutterstock.com

節約したいのに!なかなか減らない食費にはワケがある

贅沢しているわけでもないのに、なかなか減らない食費には、単純明快なワケがあるって、知っていますか? ポイントさえ押さえれば、食費の節約はそう難しいことではありません。じつは、一番見直しやすくて一番節約の効果が現れやすいのが、食費なのです。

  • 渡辺

食費を制するものは、家計を制す

食費を制するものは、家計を制す

Africa Studio/Shutterstock.com

独身時代は比較的自由だった食費も、結婚したり、子どもが産まれると途端に気になってくるもの。けれど、家族の人数に比例して食費は上がっていくかというと、必ずしもそうではありません。家族構成に合った節約方法を実践すれば、食費はグッと抑えることができます。

食費の節約=ムダの削減

節約とは、とにかくムダを省くこと。まずは、冷蔵庫の整理から始めてみましょう。ポイントは、詰め込み過ぎず、奥まで見渡せるようにすること。基本的に“次の買い物までに使い切る”ことを意識すれば、スペースのムダもなくなり庫内もスッキリし、電気代の節約にもつながります。

次に気をつけたいのが、食材のムダ。献立を決めてから買い物に行くと、一度使っただけで残りは腐らせてしまう、といった事態に陥りがち。買い物は、食べたいメニューではなく、スーパーの特売品を見て決めましょう。一つの食材を工夫して、食べきることがポイントです。

節約の敵、ちょこちょこ買いはムダの宝庫!

節約の敵、ちょこちょこ買いはムダの宝庫!

alexnroll/Shutterstock.com

食材の買い物へ、週に何度行っていますか? 買い物に行けば行くだけ、食費は上がっていきます。今晩のおかずに必要なものだけ・・・のつもりでも、特売品や新発売のお菓子を見れば、ついつい手が伸びてしまうもの。ムダ使いへとつながります。

週に一度のまとめ買いがおすすめ

節約の基本といえば、まとめ買い。でも冷蔵庫のサイズや食材の賞味期限などを考えれば、限度がありますよね。そこで実践すべきが、週に一度のまとめ買い。一週間単位だと予算の管理がしやすく、食材のムダも省けるのでおすすめです。

そして大事なのが、予算を決めること。たとえば、家族4人で食費を4万円以下に抑えたい場合、一度に使える予算は7000円。1ヶ月約4.5週で、3万1500円が目安となります。残りの金額は、月単位で購入するお米や調味料代となります。

とっても楽ちん、一週間のまとめ買い

とっても楽ちん、一週間のまとめ買い

Pixelbliss/Shutterstock.com

でも、1週間分のまとめ買いなんて難しそう・・・。いいえ、そんなことはありません。ポイントさえ押さえれば、ちょこちょこ買いよりも回数が減って、むしろとっても楽ちん。小さな子どもがいる場合は週末に家族で行くか、ネットスーパーをうまく利用しましょう。

食費専用の財布で、予算をばっちり管理

1週間の予算を守るための一番カンタンなやり方は、食費専用の財布を持つこと。それも、なるべく大きくガバッと開いて、小銭もお札も全部見えるような財布がおすすめ。そこに使える金額だけ入れるようにすれば、週単位の食費の管理もラクラクです。

冷蔵庫の中身も、1週間サイクルで

買い物をした日はギュウギュウだった冷蔵庫が、1週間後には空っぽに。それがまとめ買いの理想です。週末、冷蔵庫が空いてきたタイミングでカレーやシチューを作るようにすれば、鍋ごと冷蔵庫にしまえて、2日にわたって食べられるから節約効果も抜群です。

ベランダ野菜で、楽しく節約

ベランダ野菜で、楽しく節約

vaivirga/Shutterstock.com

家族の健康を気遣い、なおかつ楽しく節約がしたいなら、野菜の栽培が絶対おすすめ! 野菜は気候によって価格の変動が大きく、家計を圧迫しがちです。だからといってまったく食べないわけにもいかず、悩ましい・・・それなら、作ってしまえばいいのです。

土を耕して雑草を抜いて、といったたいへんそうなイメージは、中規模以上に作る場合のこと。家族で食べるくらいの野菜なら、ベランダでもカンタンに栽培できます。もちろんすべて賄うのは難しいので、補う程度の軽い気持ちでやってみては。それだけでもかなりの節約になります。

必要となるプランターや培養土、底石などは、100円ショップでも購入可能。最初からあまり資材にお金をかけ過ぎる必要はありません。ただし、作る野菜は種ではなく、ちゃんと育った苗から始めましょう。初心者でも失敗が少なく、早く収穫できます。

食費を減らすために、わざわざ苦手な家計簿をつける必要はありません。節約を続けるコツは、無理をせずストレスをかけないこと。自分に合ったやり方を見つけることが大切です。地道な節約も、一歩から。まずはポイントを押さえ、できることから始めてみましょう。