ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
たったこれだけ!掃除のモチベーションをグッと上げるカンタン・時短テク
出典 : Ariwasabi /Shutterstock.com

たったこれだけ!掃除のモチベーションをグッと上げるカンタン・時短テク

掃除が好きな人と嫌いな人の差って、何だかわかりますか? それはたった一つ、モチベーションの違いです。家事の中でも、コツさえ知っていればかなりの時短ができるのが、掃除。やり方と考え方を見直すだけで、掃除はグッと楽になるのです。

  • 渡辺

掃除は、嫌いな家事ランキングでも堂々の1位!

掃除は、嫌いな家事ランキングでも堂々の1位!

Gonzalo Aragon /Shutterstock.com

掃除は、毎日ちょっとずつが基本。それはわかっているけれど、それができないこともわかっている。なぜなら、掃除が嫌いだから。でも大丈夫! 掃除は、嫌いな家事ランキングでも堂々の1位。やりたくなくて、当たり前なのです。

「嫌いだからこそ、早く終わらせたい」。じつは、掃除をはかどらせるためには、その気持ちがとっても大切。掃除が嫌になる一番の原因は、必要ないところまで掃除をしてしまう、効率の悪さにあります。時間が長くかかるからますます嫌になる、悪循環に陥るのです。

では、早く終わらせるためにはどうすればいいかというと、それはとにかく“ムダをなくし”、適度に“手を抜く”ことです。掃除はこだわればキリがないし、やらないと後々面倒になる厄介なもの。うまくバランスをとって、必要最低限の省エネで取り組みましょう。

モチベーションが上がらない・・・その原因は、“頑張り過ぎ”

モチベーションが上がらない・・・その原因は、“頑張り過ぎ”

beeboys /Shutterstock.com

掃除が苦手だと思う人ほど、掃除を完璧にやろうとしているって、知っていますか? 家具の下までキッチリと掃除機をかけ、水回りは水滴まで拭き取ってピカピカに・・・そこまで頑張ろうとしていては、嫌になるのも当然です。

掃除の一番のコツは、“必要最低限で妥協する”ことだといっても、過言ではありません。掃除のモチベーションが上がらない・・・と感じるなら、まずはいかに“手を抜くか”を考えてみてください。

毎日ちょっとずつ、が実現する“サイクル化”

毎日ちょっとずつ、が実現する“サイクル化”

Chutima Chaochaiya /Shutterstock.com

“手を抜く”とはいっても、結果としてだんだん家が汚くなるようでは意味がありません。そこでおすすめなのが、掃除の“サイクル化”。リビング・子ども部屋・水まわり・玄関といった具合に細分化し、グルグルと順番にこなしていくやり方です。

でもそれだと一つの場所が数日おきになるし、汚れが溜まってしまうんじゃ・・・と心配になるかもしれません。でも考えてみれば、お客さんが毎日来るわけでもないし、少しくらいホコリが溜まったって、掃除に疲れてストレスを溜めるよりは、よっぽどマシではないでしょうか。

もちろん、汚れやすいキッチンやトイレといった場所は、使った後やなんとなく汚れが気になった時にサッとカンタンに掃除をするようにしましょう。けれどそれも、毎日洗剤を使ってゴシゴシする必要はありません。丁寧な掃除は、サイクルの順番がまわってきた時だけでOK。

換気扇や窓といった、あまり頻繁にやる必要のない箇所は、一ヶ月・半年といった長い期間でのサイクル化を図りましょう。あえて掃除の時期を決めることで、ちょっとした汚れを見つけては「掃除しなきゃ・・・」と思っていた日常のストレスから解放されます。

時短テクの基本、“使えるものは使う”

時短テクの基本、“使えるものは使う”

Elena Nichizhenova /Shutterstock.com

家を汚しているのは家族全員のはずなのに、掃除しているのは私だけ・・・。そんなストレスを溜め込んではいませんか? それも、モチベーションを下げている大きな要因です。毎日の掃除をムリなく続けるためにも、使えるものや人は、どんどん活用しましょう。

まずは、使える“もの”。ロボット掃除機を導入するもよし、もっと身近なところでは、洗剤にこだわってみるのもおすすめです。それぞれの場所に特化した強力なものから、自然派のものまで、種類はさまざま。お気に入りの道具は、掃除のモチベーションをグッと上げてくれます。

次に、使える“人”。これはいわずもがな、夫、そして子どもです。むしろ自分よりも家を汚しているであろうこの“人”たちを、掃除に参加させない手はありません。ここでも役立つのが、“サイクル化”。担当の場所が毎日変わる&一カ所だから早く終わるため、ゲーム感覚で続けやすいのが特徴です。

掃除の基本である、毎日ちょっとずつ・・・を実現するには、モチベーションアップが不可欠。そしてそのコツは、いかに“手抜きするか”を導入することです。使えるものは使って、ストレスフリーな掃除を習慣付けましょう。