ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
子ども部屋に敷いたコルクマットが臭い! 臭いを消す方法とは?

子ども部屋に敷いたコルクマットが臭い! 臭いを消す方法とは?

ジョイントマットの中でも人気なのが、表面にコルク素材を貼りつけたコルクマット。見た目がお洒落な上に、広さも自由に変えられるのがいいところ。しかし、気になるのが、開封した時に感じる独特の臭い。子ども用に使う場合は、とくに気になりますよね。コルクマットの臭いを消臭するにはどうしたらよいのでしょう?

  • 創文舎 hamo

コルクマットのメリット

コルクマットのメリット

マンションでも一戸建てでも、近頃の物件の多くはフローリングの床が主流です。見た目や耐久性、メンテナンスのしやすさから考えると、カーペットや畳と比べ、現代の暮らしにはフローリングがマッチしています。しかし、小さな子どもがいる家庭の場合、はいはいや転倒の可能性を考えると、フローリングは硬すぎて常にケガの心配がつきまといます。

そこで便利なのが、コルクマットやジョイントマット。将来的にはフローリングにしたいけど、子どもが小さい間だけはケガの心配のないやわらかな床が欲しい! という場合にはうってつけの床材です。また、敷きたい広さに応じて枚数を自由に設定できるのも大きなメリット。部屋一面に敷いたり、部分的に敷いたりと自由にアレンジできます。

転倒などの際、衝撃を吸収できるのはもちろん、防音効果も多少ですが期待できます。ドスンと床に響くような大きな音までは吸収しきれませんが、小さな子どもが走り回る音や、おもちゃなどを床にばらまいたり落としたりする音など、衝撃を伴い床に伝わる音はある程度吸収することができます。マンションなどの集合住宅の場合、子ども部屋に敷くことで、階下に響く音を軽減することができます。

コルクマットとジョイントマットは機能的にはほぼ変わりませんが、見た目に大きな違いがあります。子ども部屋と割り切ってカラフルで楽しい部屋が好みなら、色とりどりのパズルのようなジョイントマットでもOK。家具や家の雰囲気に合わせ、シンプルでナチュラルなイメージが好みならコルクマットがおすすめです。リビングのコーナーに子ども用スペースを設けるなど、大人の生活スペースに取り入れるなら違和感の少ないコルクマットがいいかもしれませんね。

コルクマットの臭いはEVAの臭い?!

コルクマットの臭いはEVAの臭い?!

Zerbor/Shutterstock.com

美観を損なわず、カンタンに敷けるコルクマットですが、敷いた時の臭いが気になるという声をよく聞きます。
コルクマットは、コルクガシという樹木の皮を剥いで作られたコルクを寄せ集めて接着剤で固め、さらに、裏面にEVA樹脂を貼り合わせたものです。コルクそのものには不快な臭いはほとんどありませんが、コルク同士を接着する溶剤の臭いや、EVA樹脂を製造する上で添加される架橋剤の臭いが主な臭いの原因です。

コルクの溶剤の臭いは養生することで気化するため、製造過程でほぼ臭いがなくなっていますが、EVA樹脂の臭いは気化しきれず残っていることが多く、原料や製造方法によっては、臭いで体調を崩す人もいるようです。

とくに、安価に出回っている海外製造のコルクマットはホルムアルデヒドなどの有害な溶剤を使っていることが多く、購入する際に、安全面でも問題ないか十分に検討した方が良いでしょう。

EVA樹脂自体は、人体に影響がない素材なので、製造過程でホルムアルデヒドを使っていないか、臭い予防のために消臭剤を添加しているかなど、情報を知り得る限り集め購入の判断材料にするのが賢明です。

臭いを取るには使いはじめが肝心!

臭いを取るには使いはじめが肝心!

製造過程に問題のないコルクマットでも、開封したばかりの新しいコルクマットはEVA樹脂の臭いがすることがあります。そのまま敷いても、数日すれば臭いは取れますが、小さな子どもや赤ちゃん用に使用する場合は、使う前にあらかじめ臭い対策を行った方がよいでしょう。

1 コルクマットを開封する。
2 直射日光が当たらず、風通しの良い場所に裏面が重ならないように並べ、1~3日、臭いが気にならなくなるまで干す。

コルクマットの臭いは、陰干しすることで気化して気にならなくなります。しかし、陰干しした後も、わずかに臭いが気になるようなら、こまめな換気と部屋用消臭剤の併用がおすすめです。

臭いが気になったら消臭剤を

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

部屋用消臭剤にはいろいろな種類がありますが、香りが強すぎず、子どもにもやさしい消臭剤を探しているなら、ファブリーズの部屋用置き型消臭剤がおすすめです。
ファブリーズ独自の消臭技術で開発された消臭成分、ニオイキャッチャーゼリーは、空間に漂う臭い分子を捕まえ、化学的に中和・分解し臭いを元から消し去ります。

臭いをしっかり消した後にさわやかな香りを広げる芳香タイプと、消臭だけをしっかりこなす無臭タイプがあり、用途や好みに応じてセレクトすることができます。子どもには香り付きはちょっと・・・という場合には、無臭タイプがおすすめです。

部屋の広さに合わせて選べるコルクマット。インテリアにもマッチしやすく、子どもの安全を守るためにも揃えておくと安心ですね。ネットショッピングなどで検索するとつい安価なものに目が行きがちですが、安全面も考慮した上で、ある程度の品質のものが安心できるようです。扱い方や消臭方法を事前に知って、子どもにやさしい環境を作ってあげましょう。