ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
白と黒のカラーリングがキュートなパンダマウス

白と黒のカラーリングがキュートなパンダマウス

名前の通り、白地に黒のブチ模様がパンダを思わすパンダマウス。小さな体が愛らしく、ペットとして人気の種。一人暮らしの相棒に迎えてみてはいかがでしょう?

  • 創文舎 hamo

パンダマウスとハムスターの違いとは?

パンダマウスとハムスターの違いとは?

古くは江戸時代からペットとして飼われてきたパンダマウス。ペット用としてハツカネズミを品種改良したマウスで、パンダのような白と黒のブチ模様が特徴です。人気の小型ペットといえば、真っ先に思い浮かぶのが同じネズミ類のハムスターですが、パンダマウスとはどこが違うのでしょうか?

ハムスターもパンダマウスも、同じネズミの仲間です。ただ違うのは、パンダマウスはハツカネズミの仲間であり、ハムスターはキヌゲネズミというネズミの仲間である点です。同じネズミでも種類が違うといったところでしょうか。

外観的な大きな違いは、尻尾の長さと体の大きさです。ハムスターの尾は短くあまり目立ちませんが、パンダマウスの尻尾は細く長く体長の1/3程度を占めます。パンダマウスの体長は、尻尾を合わせて7~12cmほど。普通のマウスよりも小柄で、最小のハムスターよりも小さな個体がいるほどです。コロンとした丸みのある体型のハムスターに対し、パンダマウスは比較的スリム。まさに、ハツカネズミを小さくしてパンダ柄にした感じです。

パンダマウスの飼育の仕方

パンダマウスの飼育の仕方

ペットとして人気があるといっても、ハムスターに比べればパンダマウスはまだまだマイナーなペット。ショップの店頭に並んでいるのは珍しく、確実に購入したいなら取り寄せしてもらうのがよいでしょう。値段は1,000~3,000円と、ハムスターと同じくらいの価格帯です。

飼育するのに必要なのが、住処となるケージですが、パンダマウス専用のケージはほとんど売っていません。ハムスターのケージを代わりに使えますが、何しろハムスターと比べ体が小さいので、間隔の広い金網のケージだと脱走してしまう危険性があります。ハムスターのケージを代用するなら、ハムスターの中でももっとも小さい種類のロボロフスキ―ハムスターのケージがおすすめです。また、網ケージ以外に、衣装用のプラケースや昆虫用のプラスチック水槽なども代用することができます。天井が低いとフタをかじって脱走するので、登れない高さにフタを付けるようにしましょう。

ケージを用意したら必ず必要なのが、底に敷き詰める床材です。パンダマウスはハムスターと違って、トイレを覚えないので、汚れた時にすぐ対応しやすく臭いにも配慮した床材づくりが大切です。おすすめなのが、猫用のトイレの砂を一番下に敷き、その上に新聞紙を細かくちぎって揉んだものを敷き詰める方法。汚れた時にすぐ取り替えられる上、消臭効果もあります。

あとは、かじり木や回し車、巣箱を置いてあげ、エサ入れや給水器を用意すればOKです。エサはマウス用ペットフードを主食に、野菜や果物を副食に与えてあげましょう。夏場は水が傷みやすく、飲む量も増えるのでこまめに取り替えてあげてくださいね。

健康に長生きさせるポイント

健康に長生きさせるポイント

パンダマウスの寿命は、1年半~3年といわており、小動物の中でも比較的短命です。短命といっても、せっかく家族になったのなら、できるだけ長く健康でいさせてあげたいもの。どのような点に注意すれば、長生きさせてあげられるのでしょうか。

パンダマウスの寿命を縮めるのは「病気」と「ケガ」。飼育環境を気遣うことで、ある程度回避することができます。病気の原因となるのは、栄養のバランスやストレス、不衛生な環境です。

栄養のバランス

食べている様子を観察し、適宜、野菜や果物を与え栄養のバランスをとってあげましょう。

ストレス解消

多すぎる多頭飼いは避け、適度にパンダマウスが運動したり遊べる環境を作ってあげること。おもちゃや回し車などを置いて、自由に体を動かせるようにしておきましょう。

衛生的な環境づくり

トイレを覚えないパンダマウスは、一晩置いておくだけで回し車をおしっこだらけにしてしまうこともあります。こまめに様子を見て、汚れていたらすぐに掃除してあげるようにしましょう。不衛生な環境は、皮膚病などの原因になります。

臭い対策には置き型消臭剤

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

パンダマウスを飼育していて気になるのは、やはり尿の臭い。ハツカネズミほどではありませんが、ハムスターの臭いよりも少々強いようです。
対策として有効なのは、床材のこまめな交換と、尿がついた回し車やおもちゃなどをその都度洗うこと。とくに、回し車は朝・夕と一日に2回くらい洗うのが理想的です。

こまめなお世話で臭いは随分軽減されますが、すっきりさわやかというところまでは、なかなか難しいところ。補助的な消臭対策として、ケージの側にファブリーズの置き型消臭剤を置いておくのがおすすめです。

ファブリーズの部屋用消臭剤は、嗅覚の敏感なペットのいる部屋でも安心して使える無臭タイプがラインナップされており、ペットの側に置いておいても安心です。独自の消臭成分「ニオイキャッチャーゼリー」が、空間に漂うペット臭を捕まえ、分子レベルで分解・中和し臭いそのものを消し去ります。
掃除だけでは取りきれないペットの臭いをしっかり消臭し、さわやかな環境をつくります。

小さな体と模様が愛らしいパンダマウス。温厚な性格で人馴れしやすいので、ペット初心者にもピッタリです。飼育環境を整えて暮らしのパートナーにしてみてはいかがでしょうか。