ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ワキ汗対策|ワキ汗の原因や、汗取りインナーの選び方・洗い方、その他の対策まで
出典 : Andrey_Popov/Shutterstock.com

ワキ汗対策|ワキ汗の原因や、汗取りインナーの選び方・洗い方、その他の対策まで

夏になると気になるのが、ワキ汗。近頃は、機能性の高い汗取りインナーや制汗アイテムがいっぱいですが、ワキ汗をかくと見た目はもちろん、臭いも気になるところ。とくに、距離が近い車の中は臭いが届いていないかドキドキして余計汗をかいてしまうことも。体質にあったアイテムを選んで、汗染みや臭いを気にせず快適な夏を楽しみましょう!

  • 創文舎 hamo

人が汗をかく3つの理由

人が汗をかくの3つの理由

namtipStudio/Shutterstock.com

汗をかくシーンが多くなる夏場。暑い時に汗をかくのは当たり前ですが、「冷や汗」や「手に汗握る」などという言葉があるように、暑さ以外の理由で汗をかくこともあります。

①温熱性発汗

温熱性発汗

暑い時にかく汗を「温熱性発汗」といい、文字通り、上がり過ぎた体温を下げるため、全身の汗腺から発汗します。

②味覚性発汗

味覚性発汗

もう一つは、「味覚性発汗」。

辛い物などの刺激の強い食べ物を食べた時に起こる発汗で、おもに、頭部や額などから汗が出ます。味覚に刺激が入ることにより反射的に出る汗なので、食べ終わると自然に汗も収まります。

③精神性発汗

精神性発汗

そして、女性たちを悩ませるワキ汗に代表されるのが「精神性発汗」。

緊張した時や驚いた時、不安な時などに分泌される汗で、場所は脇の下や手のひら、足の裏など限られた場所に汗をかきやすくなります。短時間に大量の汗が出るのも大きな特徴の一つです。

ワキ汗の原因と対応策

ワキ汗の原因と対応策

脇の下の汗は、ほかの部位にかく汗と比べ、精神的な刺激のほか、さまざまな要因に左右されます。一概に原因を特定するのは難しいのですが、考えられる原因はいくつかあります。

原因1. ストレス

ストレス

緊張感や不安感から発汗する汗で、温熱性発汗と比べ、少しべたつくような汗が、脇の下や頭部、額、手のひらや足の裏などに分泌します。深呼吸や瞑想など、自分なりのリラックス法を持っておくと緊張を緩和でき、ワキ汗の解消にも役立ちます。

原因2. ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンのバランスと自律神経系は密接な関わりを持っています。

自律神経のバランスが崩れると汗のコントロールができなくなり、大量に発汗することも。更年期になると多汗症の人が増えるのはそのためです。気になる場合は婦人科や内分泌系の病院を受診し、治療の相談をしてみましょう。

原因3. 生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れ

睡眠不足や食生活が乱れると、自律神経に支障をきたします。

ワキ汗をかくことが増えたなと感じたら、まずは生活習慣を見直してみましょう。十分な睡眠時間とバランスのとれた食事、適度な運動を習慣にすることで改善する場合も多いようです。

汗取りインナーでワキ汗対策

汗取りインナーでワキ汗対策

ワキ汗の悩みを抱えた人向けに開発された汗取りインナー。

少し前までは、キャミソールなどに布製の汗取りパットがついているようなインナーが主流でしたが、現在はインナーと汗取りパットが一体化し、よりパットが目立たなくなったものがたくさん出ています。

汗取りインナーの選び方【形状】

汗取りインナーの選び方

汗取りインナーの種類は豊富で、普通のインナーと同じようにタンクトップやキャミソールやフレンチスリーブ、長袖などさまざまなタイプがあります。

汗取りインナーを選ぶ際は、まずは自分の生活スタイルに合う形状を選びましょう。

・人前で着替えることが多く、脇の形状が気になる方やワキ汗の量が多い方
 →フレンチ袖や半袖タイプ

・肌を覆う面積が広いと暑くて困るという方
 →タンクトップやキャミソールタイプ、またはフレンチ袖のショート丈タイプ

・ノースリーブを着る際にインナーを目立たせたくない方
 →キャミソールなどの袖なしタイプ

タンクトップ・キャミソールタイプの汗取りインナー

タンクトップ・キャミソールタイプの汗取りインナー

タンクトップやキャミソールタイプの汗取りインナーは、一般的なインナーとは形状が違い、脇部分が大きく張り出していてワキ汗をしっかり吸収してくれます。脇部分の形状が特殊なので、人前で着替えをする時などは、人目が気になるかもしれません。

フレンチ袖・半袖タイプの汗取りインナー

フレンチ袖・半袖タイプの汗取りインナー

また、フレンチ袖タイプや半袖タイプは、脇部分が二重、三重行動になっているものやパット生地が入っているものがあります。

脇全体を覆うデザインになっていて、汗がシャツに染み出しにくいのもポイントです。外から見ても汗取りインナーだとは分かりにくいので、人の目も気になりません。

ショート丈の汗取りインナー

ショート丈の汗取りインナー

また、汗取りインナーにはショート丈のものがあります。胸の下までしか丈がないので、重ね着をしたくない方におすすめです。

汗取りインナーの選ぶ方【素材】

汗取りインナーの選び方【素材】

形状が決まったら、素材から絞り込みます。

敏感肌の方は綿や絹などの自然素材を選ぶと安心ですし、フィット感や速乾性を優先する場合はポリエステルなどの化繊がおすすめです。さらにそれぞれのよいところを合わせた混合タイプの繊維もあります。

また、防臭や冷感などの機能を付加した機能性素材を使用した特殊なインナーを選んでもよいでしょう。

汗取りインナーの洗い方

ただし、気をつけてほしいのが、汗取りインナーの洗い方です。

洗濯ネット・手洗いがおすすめ

洗濯ネット・手洗いがおすすめ

普通に洗濯機で洗うと、ワキ汗をしっかり吸収したパット状の生地が型崩れして効果が半減してしまいます。洗濯ネットに入れて手洗いコースで洗濯するか、手洗いでやさしく洗うのがおすすめです。

陰干しが基本

陰干しが基本

また、ほとんどのインナーは洗濯表示に「陰干し」の表示があります。直射日光を避けて陰干しして乾燥機の使用は避けましょう。色あせや型崩れを防ぎ、汗取りインナーを長持ちさせることができます。

制汗剤やパッドでワキ汗対策

汗取りインナーや制汗剤で汗対策

Anetlanda/Shutterstock.com

ワキ汗の根本的な解消には少し時間がかかりますが、まずは現状のワキ汗をどうにかするのが先決です。幸い、近頃はワキ汗対策アイテムの種類がとっても豊富。自分のタイプに合った対処法を選んで、ワキ汗の悩みから解放されましょう!

制汗剤

制汗剤

代表的なスプレータイプのほか、クリームやロールオンタイプなど、好みや汗の量に応じて選ぶことができます。

スプレータイプは汗が多いと流れてしまうこともあるので、汗の量が多い人は、クリームタイプかロールオンタイプがおすすめです。

また、商品によって、制汗力の強いタイプや消臭効果が高いタイプなど機能面にも違いがあるので、商品の特性をよく理解した上で選ぶようにしましょう。

ワキ汗パッド

ワキ汗パッド

それ程の量じゃなくてもちょっと気になる・・・というレベルの人には、使い捨て式のワキ汗パッドがおすすめ。気になる時に服や脇にペタッと貼り付けるようにして使うことができ、外出先でも手軽に張り替えることができます。

汗拭きシート

汗拭きシート

汗はどの部位でも、出た時点では臭いはほとんどありません。

放っておくことで、雑菌が皮脂をエサにし、汗と体温が加わることで菌が繁殖し臭いを発します。汗拭きシートを携帯し、汗のかき始めにお手洗いなどでこまめに拭き取るようにすると、菌が繁殖するのを防ぎ、臭いを予防することができます。

夏の車内は密閉空間・・・汗の臭い対策に消臭剤を!

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

さまざまなワキ汗対策を講じても、環境次第では汗の臭いが他の人に届いていないか心配になることもありますよね。とくに、同乗者との距離が近く、密閉空間になる車の中は要注意。

そんな時は、ワキ汗予防と同様に、車内に消臭グッズを忍ばせておくのがおすすめです。とくに、設置がカンタンで消臭効果の高い、ファブリーズの車のエアコン用イージークリップはどんなタイプの車にもしっくり馴染み、さわやかな香りが人気の品。

エアコンがフル稼働する夏の時期には、とくに効き目がよく、クーラーの風に乗って車内の隅々まで消臭成分が行きわたります。

まとめ

ワキ汗が原因で夏を楽しめないなんてもったいない! 自分に合ったワキ汗対策を見つけ、消臭剤とのダブル効果でレジャーやドライブを楽しみましょう!