ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ふわふわ猫毛も一網打尽!?  抜け毛に効果的なカンタン対策!
出典 : Africa Studio /Shutterstock.com

ふわふわ猫毛も一網打尽!? 抜け毛に効果的なカンタン対策!

猫を飼っていて、一番困るのは大量の抜け毛! 猫が毛を飲み込むのも、部屋が猫の毛だらけになるのも、我慢するしかないの? と悩んでいませんか。抜け毛の原因がわかれば、対処ができます。今回はその抜け毛の原因と対策法を併せて紹介します!

  • 藤田

抜け毛の原因を見極めよう① 季節的なもの?

抜け毛の原因を見極めよう① 季節的なもの?

Montakan Wannasri /Shutterstock.com

猫の毛は、毛包(毛穴みたいなもの)から、上毛と呼ばれる長い毛と下毛と呼ばれる短い毛が生えてきます。猫は、季節によりこの毛を生え変わらせます。夏に向けての暑さ対策と、冬に向けての寒さ対策のためです。ですから、春先と秋に換毛期と呼ばれる生え変わりの時期がくるのです。

ただ、室内で飼われている猫であれば、一定の室内温度の影響で、換毛期に関係なく1年中、毛が抜ける場合もあります。
基本的に、この時期に全体の毛が抜けている場合は、生え変わりと判断できるでしょう。

抜け毛の原因を見極めよう② 猫が病気かも?

抜け毛の原因を見極めよう② 猫が病気かも?

4 PM production /Shutterstock.com

抜け毛の季節以外でも毛が抜けるなど、毛の抜け方が異常な場合は、病気の可能性もあります。

まず、皮膚病です。かゆみがあったり、皮膚が赤くなっていたりと、抜け毛とは別の症状が表れます。小さなダニが寄生して起こる「疥癬」、皮膚糸状菌というカビが原因の「皮膚糸状菌症」、ノミが寄生する場合は「ノミアレルギー皮膚炎」、食事が原因のアレルギーなど、引き起こされる原因は様々です。

また、内臓の病気の場合も抜け毛を伴うことがあります。腎臓病の場合は排尿の内容に変化があり、糖尿病の場合も肥満や多尿という症状が出ます。さらに、白い色や薄い色の毛で覆われている猫の場合は、「日光過敏症」の可能性もあります。遺伝的な原因の病気ですが、日光に含まれる紫外線の影響で、皮膚が赤くなって毛が抜ける症状が見受けられます。

一方で心因性の場合もあります。ストレスの場合は、グルーミングが頻繁になり、猫の様子も少し違ったように見えます。過剰なグルーミングで毛が抜けてしまうのです。

このように、抜け毛だけでなく他の症状が表れれば、病気を疑う理由になります。病気の場合の抜け毛対策は、とにかく早く獣医へ相談に行くことです。日々、猫の様子をしっかりと観察して、何か異変がある場合は、すぐ獣医に相談をしましょう。

これで安心! 今日からできる猫の抜け毛対策 

これで安心! 今日からできる猫の抜け毛対策 

ajlatan /Shutterstock.com

換毛期の場合の抜け毛には、どのような対策があるのでしょうか。答えはカンタンです。抜け落ちる前に、取り除く! これが抜け毛対策の基本です。飼い主さんがすぐに始められるカンタンな対策を紹介します。

●ブラッシングする

日々の対策としては、ブラッシングをおすすめします。長毛種は毎日、短毛種は週に数回行うようにしてください。
ブラッシングを嫌う猫の場合は、グローブに短い突起のブラシがついたものもあり、手で撫でるようなブラッシングもできます。また、ブラッシングしたあと、さらにファーミネーター を使えば、無駄な毛だけを取り除くことができるので、猫の毛は一網打尽!このファーミネーターとは、特殊なエッジで不要な毛だけをすくいとる道具です。皮膚を引っ張ったりといったことはないようですが、刃が骨に当たる場合もあるので、使うときは、あまり力を入れず、デリケートな部分には十分注意しましょう。また、短毛種用、長毛種用、カラダのサイズにより種類がわかれているので、愛猫に合わせたものを選ぶといいでしょう。

●シャンプーをする

シャンプーをすると生えかかっている毛が一気に取れます。ただ、猫は本能的に水を嫌がるので、機嫌のよい時に少しずつ慣れさせた方がスムーズです。シャンプーする際は、その事前準備として、ブラッシングと耳掃除を済ませておくことがいいでしょう。

またお湯の温度にも注意が必要です。猫には汗腺がないため、人間が浸かって疲れがとれるほどの熱いお湯は危険です。温かいと感じるくらいのぬるめのお湯がちょうどです。

シャンプーですが、人間用のシャンプーでは成分がきついため、猫用のシャンプーをおすすめします。価格は少し高めで1500円~2500円となりますが、後のトラブルを考えたら専用のものを使うほうがよいでしょう。また、皮膚病などの場合には、薬用シャンプーもありますので、一度動物病院に相談することをおすすめします。

ちなみに、猫は自分でカラダをなめてきれいにする習慣があるので、頻繁にシャンプーをする必要はありません。目安としては長毛種なら月に1回、短毛種なら半年に1回くらいだといわれています。とくに、換毛期など抜け毛がひどい時期に合わせて行う方がいいでしょう。

抜け毛もスッキリ! 部屋のお掃除対策

抜け毛もスッキリ! 部屋のお掃除対策

NothingIsEverything /Shutterstock.com

抜け毛対策をしたとしても、やはり抜け毛は出るものです。お部屋を快適に整える対策を紹介します。抜け毛が舞う部屋をきれいにする便利グッズで、愛猫も飼い主さんもスッキリ快適に暮らしましょう。

●ラバーほうき

カーペットであってもラバーの部分が中に入り込み、しっかり猫の毛をかき出してくれます。使い捨てではないので、経済的にも優れモノです。ラバー部分を取り外して水で洗えば繰り返し使えます。部屋に常備しておき、気がついた時にサッと使う習慣にすれば、猫の毛は少なくなるのでおすすめです。

●空気清浄機

犬猫用の空気清浄機を使用すれば、空気中の猫の毛も空気と一緒に吸い取ってくれるため、室内に浮遊している抜け毛もきれいになります。脱臭機能を兼ねているものもあるので、価格と相談しながら、決めましょう。

●静電気防止スプレー

どちらかというと、掃除をラクにする予防としておすすめの方法です。衣服はもちろん、ソファーやクッション、カーペットなどにかけておくと、猫の毛がつきにくくなるので、掃除の手間が軽減されます。掃除したあとに、スプレーをかけておくとよいでしょう。

抜け毛の対策と掃除法について紹介してきましたが、これで猫の抜け毛に悩まされず、清潔な部屋を保てるのではないでしょうか? 抜ける前の対策が一番の近道です!