ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
エアコンの掃除頻度と業者に依頼するタイミングとは?
出典 : Andrey_Popov/Shutterstock.com

エアコンの掃除頻度と業者に依頼するタイミングとは?

一年を通じてよく利用するエアコン。でも、エアコンはどのタイミングで掃除をすればいいのか、どれくらいの頻度で掃除をした方がいいのか分からない人も多いのでないでしょうか。そこで今回は、エアコンの掃除頻度と、業者にクリーニングを依頼するタイミングについて解説していきます

  • 創文舎 hiderio888

エアコンの掃除をするタイミングは春と秋

エアコンの掃除をするタイミングは春と秋

Marijus Auruskevicius/Shutterstock.com

エアコンを掃除するタイミングは、春と秋に行うのがおすすめです。

エアコンを頻繁に使用するようになるのは夏と冬です。使い始める前に掃除しておくことで、エアコンを快適に効率よく使用できるようになります。

また、エアコン内部の本格的なプロによるクリーニングについても春、もしくは秋に行う方がいいでしょう。エアコンを本格的に使用する季節にクリーニングをすると、作業中は使用できないからです。

エアコンを使用しなくても過ごせる季節の間に掃除を終えておくのがポイントです。

エアコンフィルターの掃除頻度は1ヵ月に2回程度

エアコンフィルターの掃除頻度は1ヵ月に2回程度

Cheng We/Shutterstock.com

エアコンのフィルターは、1カ月に2回程度行うのが効果的です。

エアコンは部屋の空気を吸い込み、設定した温度まで冷やしたり温めたりして部屋に戻しています。空気を吸い込む時に部屋のホコリも一緒に吸い込んでおり、フィルターにどんどんとたまっていきます。フィルターにホコリがたまりすぎると、空気の通りが悪くなり、エアコンの運転効率が下がってしまうのです。

フィルターをこまめに掃除することで、エアコンの運転効率を正常に近い状態に保つことができ、無駄な電気代の消費を抑えることができます。

フィルターはカンタンに掃除できるので、こまめに掃除するようにしましょう。

内部のクリーニングは業者に依頼するのが安心

内部のクリーニングは業者に依頼するのが安心

AlexeiLogvinovich/Shutterstock.com

エアコンの内部をクリーニングしたい場合は、専門のクリーニング業者に依頼しましょう。

ホコリやカビなどのエアコンの汚れは、フィルターを掃除するだけでは取り除くことができません。むしろフィルターの奥にあるアルミフィンや風を送り出すファンに汚れがたまってしまいやすいのです。

エアコンの内部を掃除するために、専用のクリーナーも市販されています。しかし、クリーナーは洗浄液を内部全体に行き渡らせることが難しく、また、完全にすすぐことも難しいので、結果的に汚れを落としきれなかったり、新たな汚れの原因となってしまう場合もあります。

さらに、エアコンには運転を制御するための電子基板が内蔵されています。ここに水などが掛かるとショートを起こし、エアコンが故障する可能性もあります。

自分でエアコンの内部を掃除するには限界があり、さらに故障のリスクもあるので、内部のクリーニングは専門業者に依頼する方が安全であり、確実です。

業者に依頼するのは年に1回?

業者に依頼するのは年に1回?

Asier Romero/Shutterstock.com

エアコンの掃除は定期的に行う必要があります。では、専門業者にクリーニングを依頼する頻度はどれくらいがいいのでしょうか。

一般的に、夏と冬だけエアコンを使用するような場合は2年に1度、ペットなどを飼育していて年中エアコンを使用する場合は1年に1度がエアコンクリーニングの頻度の目安といわれています。

ただし、エアコンの洗浄には壁に掛けたまま行う洗浄と、壁から取り外し完全に分解してから行う洗浄の2種類があります。壁に掛けたまま行う洗浄は説明のとおりですが、完全分解洗浄の場合、2~3年に1度を目安にするといいでしょう。

各家庭での使用状況や環境に違いがあるので一概には言えませんが、解説の頻度を目安にクリーニングを依頼しつつ、汚れ方を業者に見てもらって、頻度を確認するのもいいかもしれません。

フィルターのカンタンな掃除は月単位でこまめに行い、内部の洗浄は年単位で専門の業者に依頼するのが効率的でしょう。定期的にエアコン掃除して、家族が一年中、快適に過ごせるよう心がけましょう。