ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
彼女には絶対悟られないように!節約デート術
出典 : Khongtham/Shutterstock.com

彼女には絶対悟られないように!節約デート術

お給料もなかなか上がらない、デート代が痛い・・・そう思っている男性も多いことでしょう。デート代を節約したいけれど、あからさまに河原でキャッチボールするわけにもいきません。さて、どうしよう・・・という男性に節約デート術をまとめてみました。

  • tama

デート代は持ったほうがいい?

デート代は持ったほうがいい?

UfaBizPhoto/Shutterstock.com

デート代は男性が持ったほうがいい、というのは一昔前の話かもしれません。しかし、女性の本音はどうでしょう。自分を磨いたり、きれいにしてくる分、できれば少し多く出して欲しいなぁと思っている女性もいるかもしれません。しかし、社会人女性を対象にしたあるデータでは、全額費用負担して欲しいと思っている女性は20パーセント以下という結果でした。

奢って貰って当然! と考えている女性は意外と少ないようです。ですが、半数以上が最低でも割り勘、と思ってはいるようです。意中の相手とのデートなら、ちょっと多めに持ったほうがスマートかもしれませんね。

節約はバレないようにする

節約はバレないようにする

Yuricazac/Shutterstock.com

多めに持ちたいけれど、懐事情で厳しい場合もあるでしょう。その場合、お金のなるべくかからないデートで節約したい、と思う男性も多いのではないでしょうか。もちろんお金をかけないデートでも、楽しければOKです。しかし、まだ付き合って日が浅いのなら節約していることは、なるべく気付かれないようにするほうが無難でしょう。

あからさまに「お金かけたくない!」という雰囲気が出ていると、女性は本命じゃないのかな・・・と心配になります。節約するのはいいですが、バレないようにするのも大事なマナー。もちろん、すでに長い付き合いだったり、将来を誓った仲であれば、正直に打ち明けて、2人でいろいろ節約デートを考えるのも楽しいですね。

節約デートのアイディアまとめ

節約デートのアイディアまとめ

g-stockstudio/Shutterstock.com

●ロマンティック無料夜景節約デート

まず、地域を問わない節約デートとして、無料夜景で節約デートはいかがでしょう。

地域によって無料で展望に登れる場所があります。夜景は無条件でテンションが上がるのでおすすめ。東京なら、都庁の展望室。神戸なら市役所の展望ロビー。大阪なら西梅田のブリーゼタワーの展望ロビー。名古屋なら、オアシス21やスカイストリートなど、各地域には、無料で夜景が楽しめるスポットがあります。

市役所や公共施設の開放スペース、港沿いの工場夜景、ライトアップされた橋など、その土地の夜景スポットを探してみましょう。

●とっておきの1枚を!写真の節約デート

写真が趣味のカップルは、カメラを持って出かけましょう。一眼レフが無くても、スマートフォンでOK。撮り方を研究したり、お題を出し合って撮影してみたり。彼女をモデルのように撮影してみても、楽しいものです。

恋人しか撮れないような笑顔や、きれいな横顔を撮影して、喜ばせてあげましょう! 美しい風景を撮りやすい夕暮れや夜の港に出かけて、2人だけの撮影会をするのも素敵ですよ。

●家でできる美味しい節約デート

料理が趣味なら、手の込んだ時間のかかる料理を振る舞ってあげたら喜ぶでしょう。作っている間、ちょっとしたカクテルを出すと、さらにおもてなしアップになります。カンタンに作れるのに、見栄えのいいカクテルは、クックパットなどで検索したら見つかります。

テーブルはキャンドルの明かりと花で演出してロマンティックに。花は高いイメージがあるかもしれませんが、一輪挿しに1本だけ花を飾るのも印象的。花言葉を調べて彼女に伝えたいメッセージを込めるのもいいですね。

ふたりなら節約も楽しい!

ふたりなら節約も楽しい!

InesBazdar/Shutterstock.com

女性によっては、節約をカミングアウトして、一緒に節約デートを楽しむという作戦も。目標があってお金貯めたい、今月ピンチだけど会いたい、などの理由を理解してくれる人であれば、一緒にお金のかからないデートを考えてくれるでしょう。

また、相手の女性もお金を貯めたい、ふたりでお金が貯まったら一緒に住もう、などのお互いに目的を持っていれば節約デートも楽しんでくれるはずです。

お互いの不用品を二人で見つけて、オークションに出し合っても楽しめます。売れる文章や画像を研究してみたり、どちらが早くさばけるかを競ってみたり。

なによりデートで一番大切なのはふたりで過ごす時間。節約しても、どうやって楽しませるかを考えれば、相手にも愛情が伝わります。