ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
購入するなら知っておこう! 正しいエアコンの選び方とは?
出典 : y_seki/Shutterstock.com

購入するなら知っておこう! 正しいエアコンの選び方とは?

エアコンを新しく買い換えたいけど、どんなエアコンを選べばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。いまはエアコンにもさまざまな種類や特徴があり、適切なエアコンを選ぶのも至難の業です。そこで今回は、正しいエアコンの選び方について紹介していきましょう。

  • 創文舎 hiderio888

部屋の広さに合わせたエアコンの選び方

部屋の広さに合わせたエアコンの選び方

Photographee.eu/Shutterstock.com

エアコンを選ぶ際に大切なことは、設置する部屋の広さに合わせたモデルを選ぶということです。

部屋の広さに合わせたモデルを選ばないと、室温をうまく調節することができなかったり、逆にエアコンが効きすぎてしまうことが考えられるからです。

部屋の広さと比較してエアコンのサイズが小さい場合、エアコンの効きが悪いと感じてしまうことが多くなります。そのため、エアコンをフル回転させて運転させることが多くなり、余計な電気代が掛かったり、エアコンの寿命を締めてしまったりすることがあります。

また、部屋の広さより大きなサイズのエアコンの場合、エアコンが過剰に効きすぎてしまいます。こちらも電気代が高くなったり、部屋が冷えすぎて体調を崩してしまうことも考えられます。

事前に部屋の広さや畳数を確認し、そのサイズに見合ったモデルを選ぶようにしましょう。

部屋の用途や環境に合わせたエアコンの選び方

部屋の用途や環境に合わせたエアコンの選び方

DGLimages/Shutterstock.com

エアコンを設置する部屋の用途によって、エアコンを使い分けることも大切です。

たとえばリビングと寝室と比較した時に、部屋の広さだけではなく、部屋を使用する頻度や、時間帯が異なります。

リビングは1日のなかでも長時間使用し、家族全員が過ごす場所です。そのため、エアコンの稼働時間は自ずと長くなります。リビングで使用するエアコンは広さに合わせるほかに、性能の良いモデルを選んだ方が快適に過ごすことができ、電気代も節約することができます。

一方、寝室は寝る時にしか使用しないし、限られた人数でしか使用することがありません。そのため、最低限の機能を備えたエアコンでも十分にその役割を果たすことができます。

このように、部屋の広さに加えて、使用頻度、時間帯、誰が使用するのかなどを考えることで、その部屋に適したエアコンを選ぶことができるようになります。

ワンランク高い能力のエアコンを選んだ方がいいケース

部屋の広さや用途以外にもエアコン選びの参考にしたい条件がいくつかあります。とくに、気をつけたいのは「建物の種類」「部屋の向き」「窓の数・大きさ」の3点です。

建物自体が木造なのか鉄筋なのかによってエアコンの効きに差が出てきます。建物が木造の場合は、エアコンの効きが下がるので、ワンランク性能の高いモデルを選ぶようにしましょう。

同様に、部屋の日当たりがいい場合や、窓がたくさんある場合、窓が大きい場合などもエアコンの効きが悪くなってしまうことが考えられますので、ワンランク性能がいいものを選びましょう。

最新省エネエアコンで電気代を節約する

最新省エネエアコンで電気代を節約する

Sinisa Botas/Shutterstock.com

エアコンを使用する時に気になるのが電気代です。電気代を節約するために、最新の省エネエアコンを選ぶという方法があります。

省エネ性能が良いモデルを選ぶことで、購入する費用は高くなりますが、使用時のランニングコストを抑えることができます。

ほとんどの電器店で、各エアコンの値札の近くに省エネ性能の高さを5段階で評価したポップを提示しています。星の数が多ければ、それだけ省エネ性能が高いということになります。また、目安となる電気代も表示しているので、参考にしながらエアコンを選ぶと良いでしょう。

対応畳数の確認方法

対応畳数の確認方法

Nathapol Kongseang/Shutterstock.com

エアコンのカタログには、そのモデルが対応できる畳数(=部屋の広さ)について記載されています。

たとえば、「冷房8~12畳」と記載されている場合は、木造住宅の「8畳」、鉄筋住宅の「12畳」に対応するモデルであることを示しています。なお、エアコンは冷房性能よりも暖房性能の方が対応できる畳数が小さくなります。

この対応畳数を見ながらエアコンを選ぶことが大切です。また、先述したように部屋が南向きで日当たりがいい場合などは、実際の部屋の広さよりも2畳広い部屋に対応できるエアコンを選ぶようにしましょう。

さらに、キッチンやリビングキッチンでは火を使ったり換気扇を使用したりするのでエアコンが効きにくくなります。実際の広さよりも4畳ほど広い部屋向けのモデルを選ぶのがおすすめです。

エアコンの選び方について解説してきました。部屋の広さ、用途に合わせて適切なエアコンを選ぶことが大切です。家族のライフスタイルや住環境もしっかり考え、必要な機能がついたエアコンを購入しましょう。