ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
エアコンが効かないのはガスが漏れているのかも・・・? 確認方法と対策について
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com

エアコンが効かないのはガスが漏れているのかも・・・? 確認方法と対策について

エアコンの効きが悪いのは、エアコンガスが漏れていることが原因なのかもしれません。エアコンのガスが漏れているかどうかの確認方法や、漏れていた時の対策について詳しく解説していきましょう。

  • 創文舎 hiderio888

エアコンのガス漏れってどういうこと? 確認法は?

エアコンのガス漏れってどういうこと? 確認法は?

rakratchada/Shutterstock.com

エアコンの効きが悪くなるのは、故障しているだけが原因ではありません。

エアコン内部には空気の温度を下げるための冷媒ガスが使用されており、このガスが漏れていたり、少なくなっていたりすると空気を冷やす機能が低下する、またはなくなってしまうことがあります。

エアコンのガス漏れには2種類あり、エアコン本体がガス漏れを起こしている場合と、室外機がガス漏れを起こしている場合があります。

エアコン本体がガス漏れを起こしている場合、本体内部の熱交換器に霜が付くようになります。また、室外機がガス漏れを起こしている場合は、室外機に接続しているパイプ部分に霜が付くようになります。

エアコンの効きが悪いと感じたら、周辺機器に霜がついているかをみたりして、ガス漏れかどうかを確認しましょう。

エアコンのガスが漏れる原因とは?

エアコンのガスが漏れる原因とは?

metamorworks/Shutterstock.com

エアコンのガス漏れは、なぜ起きてしまうのでしょうか。原因としていくつかの理由が考えられます。

配管の接続が不十分な場合

エアコンの取付工事や移設工事の際に、配管の接続が不十分だった場合にエアコンのガスが漏れてしまうことがあります。

この場合はすべての配管を接続しなおし、ガスを再び補充しなければなりません。

エアコン本体の故障の場合

エアコン本体が故障していることが原因で、ガス漏れが起きることがあります。

エアコンの平均寿命は10年程度といわれており、長い期間エアコンを使用することで故障してしまうことがあります。

この場合は故障個所を修理してから、エアコンガスを補充しなければなりません。

配管が損傷している場合

エアコン本体と室外機をつなぐ配管が損傷している場合も、ガス漏れを起こすことがあります。

エアコンを修理した際に配管を曲げてしまったり、少しの傷をつけてしまうなど、配管に些細な損傷を起こすだけで、エアコンのガスが漏れてしまうことがあります。

この場合も配管を取り換え接続しなおしてから、エアコンのガスを補充する必要があります。

DIYでエアコンを取り外した場合

業者に依頼するのではなく、自分でエアコンを取り外した場合も、思いがけずエアコンのガスが漏れてしまうことがあります。

引っ越しやエアコンの移設に伴いエアコンを取り外す必要がある場合、費用を節約するために自分でエアコンを取り外そうとするケースがあります。

ネット上に取り外し方を説明するコンテンツもあり、参考にしながら上手く取り外せることもあります。しかし、ガス漏れを起こしたり、エアコンが故障してしまうなどのトラブルが発生することも多々あります。

安全かつ確実に取り外したい場合は、自分で取り外すよりも業者に依頼した方が無難といえるでしょう。

エアコンガスの充填は、業者に依頼する

エアコンガスの充填は、業者に依頼する

Kumpol Chuansakul/Shutterstock.com

エアコンガスを充填する場合は、専門業者に依頼しましょう。

ガスを充填するには、ガス漏れを起こしている原因を特定しなければならず、そのために専用の工具や機器が必要となります。また、エアコンのメーカーや種類によって使用するエアコンガスを使い分ける必要があります。

知識や経験がない人がガスを充填する場合、必要なものを揃えるだけでも費用が掛かりますし、非常に難しい作業も多く、適切に充填できるとは限りません。むしろ上手くいかないケースの方が多いでしょう。

これらの理由から、エアコンガスの充填は業者に依頼して行ってもらう方が安全でしょう。作業時間は1時間程度かかり、料金相場は10,000~20,000円程度が目安です。ただし、業者によって時間・料金に差がありますので、事前に確認しておきましょう。

場合によっては買い替えた方がいい場合も

場合によっては買い替えた方がいい場合も

Sergey Ryzhov/Shutterstock.com

ガス漏れの箇所が特定できない場合や、エアコンを購入してから10年以上経過している場合は、エアコンを買い替えることを検討した方がいいかもしれません。

このような場合、エアコンを修理しようとしてもむしろ修理費用の方が高額になってしまうことがあります。また、修理できたとしても別の部分が故障してしまうこともあり、維持するための費用が掛かり過ぎてしまう可能性があります。

修理費用が新品を購入する場合と大差がなければ、思い切って買い替えを決断することも、解決策のひとつです。

エアコンのガス漏れについて解説してきました。ガス漏れを起こしているかどうかを確認し、業者に早めに依頼するか、費用次第では新品を購入し、夏をに過ごしましょう。