ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
エアコンのリモコンが動かない! 故障かどうか判断する方法
出典 : Andrey_Popov/Shutterstock.com

エアコンのリモコンが動かない! 故障かどうか判断する方法

エアコンを使おうとしてもリモコンが反応しない。壊れた!と慌てる前に、エアコンのリモコンが故障しているのかどうかを確認する方法があります。具体的な確認方法や、故障した際の対策方法とは?

  • 創文舎 hiderio888

故障かどうか確認する方法

故障かどうか確認する方法

Boophuket/Shutterstock.com

エアコンのリモコンが故障しているのかどうかを確認するのに、いくつかの方法を試してみましょう。

電池を交換する

リモコンが操作できなくなる原因として、一番多いのが単純に電池切れを起こしているというケースです。

リモコンの液晶が薄くなる、もしくは映らない場合は電池が切れている可能性が高いといえます。リモコンの電池の寿命は約1年なので、定期的な交換が必要です。

まずは、新しい電池に取り換えて作動するかどうかを確認しましょう。2本以上電池が必要な場合は、すべてを取り換えます。これで正常に作動すれば、リモコンの故障ではないことがわかります。

エアコン本体に近づいて操作してみる

エアコン本体から離れすぎると、リモコンからの信号が届いていない場合があります。

エアコンの近くでリモコンを操作して、作動するかどうかを確認してみましょう。正常に作動したら、こちらもリモコンの故障ではありません。

リセットボタンを押す

エアコンのリモコンにはリセットボタンが搭載されています。停電が起きるなどして、エアコン本体が誤作動を起こしている場合にリセットボタンを押すことで、正常に操作ができるようになることがあります。

リセットボタンの使い方はメーカーによって異なります。電池交換をしてから押す、電池を抜いてから押す、15秒以上押すなどさまざまなので、エアコンの説明書を確認しましょう。

また、リセットボタンはとても小さいので、針金やボールペンなどを使って押してください。

リモコンの発光ランプを確認する

リモコンから信号が出ているかどうかを、カメラを使って確認することができます。

デジタルカメラやスマートフォンのカメラでリモコンの発光部分をのぞき、リモコンの運転ボタンを押すたびに発光を確認することができればリモコンは故障していません。
発光をまったく確認できない場合は、リモコンが故障している可能性が高いので、修理や交換が必要になるでしょう。

ちなみに、iPhoneを利用する場合は、内側のカメラ(自撮りモード)を使うと確認できますが、デジタルカメラやスマートフォンの機種によっては確認できないものもあるようです。

エアコンの本体が故障している場合も

これまでの方法を試しても作動しない場合は、エアコン本体で操作できるかどうか試してみましょう。

エアコンの本体には、運転・停止のためのボタンが設置されています。本体のボタンを押してもエアコンが作動しない場合は、エアコン本体が故障していると考えられます。

ボタンの場所はエアコンによって異なるので、説明書を確認してください。

故障していれば販売店やメーカーに相談しよう

故障していれば販売店やメーカーに相談しよう

ESB Professional/Shutterstock.com

リモコンが故障していることが確認できたら、エアコンを購入した店舗やメーカーに相談しましょう。エアコン本体が故障している場合も、同様に連絡します。

エアコンを購入してまだ間もなく、販売店やメーカーの保証期間内である場合は、無料もしくは低額での交換・修理が可能になることもあります。

汎用リモコンに買い替えてしまうのも手

汎用リモコンに買い替えてしまうのも手

William Potter/Shutterstock.com

エアコンのリモコンが壊れてしまったら、汎用リモコンに買い替えてしまうというのも一つの手段です。

リモコンの修理には時間が掛かる場合があります。その間エアコン本体のスイッチでしか操作できないので、とても不便です。

汎用リモコンは家電量販店やネット通販などで安価で販売され、多くのエアコンの操作に対応しているので、早急に何とかしたい場合にはおすすめの方法です。

リモコンが対応している機種かどうか、しっかり確かめてから購入しましょう。

エアコンがリモコンで操作できない場合でも、すぐに壊れたと決めつけてはいけません。故障を確認するための方法を試し、原因を追究してから、しかるべき対応をするよう心がけましょう。