ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
なんとかしたい!便器のイヤな黒ずみを確実に取るトイレのお掃除方法 
出典 : New Africa/Shutterstock.com

なんとかしたい!便器のイヤな黒ずみを確実に取るトイレのお掃除方法 

気になりつつも、つい放置してしまいがちなトイレの汚れ。そしてついに、便器にイヤな黒ずみを発見!時すでに遅く・・・もっと早く手を打っておけば良かったと後悔することしきり。厄介きわまりないトイレの黒ずみの掃除方法について詳しく解説していきます。

  • 鈴木

黒ずみだけじゃない!便器の汚れとその原因

黒ずみだけじゃない!便器の汚れとその原因

gorillaimages/Shutterstock.com

トイレには、大きく分けて3つの汚れ「水あか」「黄ばみ」「黒ずみ」があります。まずは、それぞれの汚れの原因を知りましょう。

●タンク上の手洗い部分の「水あか」

トイレのタンクに設置されている手洗い場等に付着している、ザラザラとした白っぽい汚れ「水あか」。水あかは、水道水からでてきたマグネシウムやカルシウムなどのミネラル分が乾いて固まってくっついたものです。色こそは白く、元々は水のはずですが、固まってしまえば水洗いくらいでは落ちません。

●いつの間にか、しっかり。黄色い便器の「黄ばみ」

白いはずの便器が黄色くなってしまう「黄ばみ」は、尿から排出されたカルシウムが時間をかけて石のように固まったものです。排尿の後には水を流しているはずですが、じつは、完璧に流されておらず、便器の中で尿が飛び散ったり、跳ね返ったりして徐々に蓄積されています。放置しておくと、悪臭や雑菌繁殖の原因になります。

●便器にこびりついた黒ずみ

便器の黒ずみは、たいていの場合、水がたまっている上辺の輪にできます。なぜなら、黒ずみは水や尿、ホコリ等が相まってできたカビだからです。黄ばみ同様、放置しておくと、悪臭や雑菌繁殖の原因になります。

いずれも負けず劣らず厄介な汚れです。

便器の汚れの種類に応じて洗剤を使い分け

便器の汚れの種類に応じて洗剤を使い分け

Billion Photos/Shutterstock.com

「水あか」も「黄ばみ」も「黒ずみ」も、トイレという同じ空間に発生するものですが、それぞれ原因が違うため、お掃除の仕方も違います。汚れに応じて洗剤を使い分けることが必要です。

●水あかには酸性洗剤

水あかの成分はミネラル分であり、これはアルカリ性の汚れなので、取るためには酸性の洗剤を使います。また、水あかはトイレの手洗い場だけではなく、キッチンや洗面所などの水回りにも発生する汚れです。その際も酸性洗剤を活用しましょう。

●黄ばみにも酸性洗剤

尿石も成分はミネラル分であり、アルカリ性なので、酸性の洗剤が効果的です。ひとくちに酸性洗剤といってもいろいろタイプが販売されています。尿石専用のものやラベルに「トイレ用」や「尿石除去」などと書かれているものを選びましょう。なお、尿が固まって尿石になる前なら中性洗剤でも十分に汚れを落とせます。

●黒ずみには塩素系漂白剤

黒ずみはカビですから、塩素系漂白剤が効果的な洗剤といえます。
水あか、黄ばみを含め、ここまでは汚れを溶かして落とそういう話ですが、それ以外の方法として、汚れを削り落とす、クレンザーなど研磨剤の入った洗剤や紙ヤスリ等を使う方法もあります。

便器のお掃除の仕方と注意点

便器のお掃除の仕方と注意点

Nomad_Soul/Shutterstock.com

●トイレ掃除で用意する主なもの

・ゴム手袋・マスク・トイレットペーパー・トイレブラシ・洗剤(または紙ヤスリ)

●トイレ掃除の基本

洗剤に使用方法の詳細が記されていると思いますが、基本は洗剤を吹きかける、時間をおく、ブラシでこすり落とす、水で洗い流す、です。トイレの形状で湾曲になっている部分はトイレットペーパーを当て、洗剤が流れ落ちるのを防ぎます。

●混ぜるな危険!

塩素系と酸性の洗剤を混ぜると危険!ということはよく知られていますが、これに限らず洗剤を混ぜる、あるいは一度に2種類以上の洗剤を使う、時間を空けずに2種類以上の洗剤を使うのは絶対にやめましょう。効果が減少するならまだしも、有毒なガスが発生することがあるので注意が必要です。

汚れによって洗剤の使い分けは必要ですが、1日にあれもこれも済まそうとしないこと。1日に一つの洗剤を使った掃除にとどめておくことです。

もう汚さない!汚れを防ぐお手入れ方法

もう汚さない!汚れを防ぐお手入れ方法

Quality Stock Arts/Shutterstock.com

すべての汚れは1日して成らず、です。
面倒で大がかりなトイレ掃除になる前に、日々こまめにお掃除していれば、便器を傷めない中性洗剤で十分に汚れを落とせます。汚れが目に見える前に、見えない頃からコツコツとお手入れを怠らないことが大事です。

このように、トイレの汚れは黒ずみだけでなく、水あかや黄ばみなどがあり、それぞれの汚れの種類や度合いによって洗剤を使い分ける必要があります。とはいえ、まずは汚れをため込まないための日頃のお手入れ・お掃除が大切ですよ!