ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
節約料理は、安い食材を使わなくてもできるって知っていた?
出典 : conejota/Shutterstock.com

節約料理は、安い食材を使わなくてもできるって知っていた?

節約したい時にまず思い付くのは、なるべく安い食材を買うこと。でも、安いと質が悪かたり、見切り品で鮮度が落ちていたり・・・。それなら、料理と買い物を工夫してみましょう。いくつかのポイントを押さえるだけで、自然と節約につながりますよ。

  • 渡辺

激安スーパーばかりはちょっと・・・質にもこだわりたい節約料理

激安スーパーばかりはちょっと・・・質にもこだわりたい節約料理

MIA Studio/Shutterstock.com

節約でおなじみの激安スーパーは、量が多くてとにかく安い! 感動していろいろ買ってみたものの、いざ食べる時には鮮度が落ちていたり、量が多すぎて残してしまったり・・・といった経験はありませんか?

節約とは、とにかくムダを省くこと。なにも食材の値段を抑えることばかりが節約ではありません。それに、家族の健康を考えれば、できるだけ新鮮で、減農薬など質にもこだわったものを使いたいですよね。節約ばかりに気をとられて健康を害しては、元も子もありません。

そこでおすすめしたいのが、食材の値段ではなく、“ムダを出さない”ことと、“買い物の仕方”にこだわった節約の方法です。これまでのやり方を少しずつ見直すことでカンタンにできる、健康的で効率的な節約料理をご紹介します。

節約料理のポイントは、「代用」・「アレンジ」

節約料理のポイントは、「代用」・「アレンジ」

prasit2512/Shutterstock.com

あまり使わない調味料は「代用」する

先月1カ月間、一度も使わなかった調味料はいくつありますか? 使用頻度の少ないものは、残ったまま賞味期限が過ぎてしまう可能性が大。よく使うものだけを厳選して、同じカテゴリーのものを何種類も揃えることはやめましょう。とくに、ドレッシングなどはつい数種類揃えてしまいがちですが、手作りにすれば意外に簡単に様々な味が楽しめます。

代用調味料の手作りというと手間がかかって難しそうですが、基本は混ぜるだけ。たとえば、生クリームを代用するならバターと牛乳、豆板醤なら味噌、醤油と一味唐辛子など、ネットで探すとさまざまな「代用レシピ」があるので、参考にしましょう。

同じ食材を「アレンジ」して使い切る

食材はまとめて買って、「アレンジ」して使い切ることが節約のコツ。とくに、旬の野菜は価格が安く栄養価も高いので、多めに買って毎日違う味付け、調理法で食べるのがおすすめです。毎晩のおかずは食べたいものではなく、今ある食材から考えましょう。

でも、同じ食材をいろいろな料理で使い切るなんて難しそう・・・。そんな時は、スマホでポチッとレシピ検索! 複数の食材の名前を入れて検索もできるから、残っている食材を使い切るのに大活躍。毎日の献立に悩むこともなくなります。

買い物のポイントは、「予算」・「店」・「回数」

買い物のポイントは、「予算」・「店」・「回数」

Tero Vesalainen/Shutterstock.com

一週間分の予算を立てる

食費は、一週間単位で予算を立てることが重要。一ヶ月だと長過ぎて管理しにくいばかりか、どうしても月末にしわ寄せがきてしまい、長続きしません。一週間単位だとお米など大きなものを買った翌週は予算を抑える、といった調整もしやすくなります。

行きつけのスーパーを決める

激安スーパーじゃなくても大丈夫。ただし、基本はいつも同じスーパーを使うこと。特売品を求めて複数のスーパーをはしごするのは、車を使えばガソリン代がかかるし、ついお目当てのもの以外も買ってしまいがち。経済的・時間的に、あまり節約にはなりません。

いつも同じスーパーを利用すれば、陳列場所もわかっているため、必要な物だけをサッと買えて、ムダ使いも大幅に減らすことができます。「ここは買い物がしやすい」「わかりやすい」と思える、お気に入りのスーパーを利用するようにしましょう。

週に一度、まとめ買いが基本

買い出しは基本的に週一回。慣れないうちは難しいかもしれませんが、ポイントを押さえれば大丈夫。まとめ買いはしたいけど、一度に大量の荷物は持てない・・・そんな場合は、休みの日に家族みんなで行きましょう。日曜日を特売日にしているスーパーも多くあります。

●基本となる食品
①野菜・・・旬のもの。年中便利な万能野菜は玉ねぎ、にんじん、キャベツなど
②魚・・・冷凍しやすい切り身や干物を中心に
③肉・・・豚こま・バラ肉、鶏もも・胸肉など、アレンジのしやすいもの
④卵、乳製品・・・価格が安定している優等生
⑤冷凍食品・・・生で買うより使用しやすく割安になる野菜など

SNSに投稿して、モチベーションを上げる

SNSに投稿して、モチベーションを上げる

Neirfy/Shutterstock.com

節約料理を続けるための裏技が、じつはこれ。同じ食材でこんなにできたよ! ドレッシングまで手作りしたよ! 人に見てもらうことでモチベーションが上がり、節約が楽しくなること請け合いです。

ほかにも、料理サイトへの投稿もおすすめ。家族の評判がよかったレシピを残しておけば、また同じ食材を使いたい時にとても助かります。とくに、旬の野菜は季節が変わるとアレンジの方法も忘れがち。日記代わりに利用して、賢く節約に役立てましょう。

“医食同源”という言葉があるように、食べたものはそのまま体に影響します。家族の健康を考えるなら、食材選びはとても大切。節約したいからといって安いものばかりを買うのではなく、その他の部分を工夫して、おいしく健康的な節約料理を楽しみましょう。