ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
クーラーから出る風が臭いと感じるのは、カビやホコリなどが原因だ
出典 : Anatoliy Karlyuk/Shutterstock.com

クーラーから出る風が臭いと感じるのは、カビやホコリなどが原因だ

クーラーからくさい臭いがして困っているという方も多いのではないでしょうか。これでは、快適に過ごすことはできませんね。そこで、今回はクーラーから出るくさい臭いの原因や対処法、予防方法について詳しく解説していきます。

  • 創文舎 hiderio888

「クーラー」 とエアコンはどう違う?

「クーラー」 とエアコンはどう違う?

y_seki/Shutterstock.com

そもそもクーラーってエアコンと何が違うのでしょうか?

まずはエアコンから。エアコンとは「エアーコンディショナー」の略称で、室内の空気の温度や湿度を調整するための空調設備のことをいいます。

一方でクーラーとは、英語で書くと「Cooler」となります。文字通り、冷やすための装置を指します。これはかつて冷房機能しかついていないクーラーが流通していた1950年代に生まれたものです。

その後JIS規格(日本工業規格)によって、1965年にルームクーラーの名称が「ルームエアコン」に変更され、現在では「クーラー」と呼ばれる製品はほとんどなくなりました。希少な存在となっている冷房専用機も、今ではエアコンと呼ばれるようになっています。

そのため、自宅にクーラーがあるなら、それはかなり古いものです。現役で頑張ってくれているとしても、昔の製品であるため、現在のエアコンと比較すれば機能や性能の低さは否めません。また、経年劣化にともない、機能・性能どもにダウンしていることも考えられます。

クーラーが臭いと感じる3つの原因

クーラーが臭いと感じる3つの原因

pathdoc/Shutterstock.com

クーラーを使用しているとくさい臭いがする・・・。それには3つの原因が考えられます。それはカビ、ホコリ、雑菌です。

クーラーの中に潜むカビ

クーラーからくさい臭いがする原因の1つは、クーラーの内部に潜んでいるカビです。

カビが繁殖するために吐き出す胞子が臭い分子となり、クーラーの風に乗って部屋中に飛散しているため、くさい臭いがします。

つまり、カビ臭いと感じるということは、カビの胞子を吸い込んでいるという可能性が高いということです。そのため、不快に感じるばかりではなく、人間の健康状態にも影響を及ぼすことが考えられるので、そのまま放置するのはよくありません。

クーラーの中にたまったホコリ

もう一つの原因は、クーラーの中にたまったホコリです。

クーラーは部屋の空気をクーラーの中に吸い込み、温度を下げてから部屋にもどすことで室温を下げています。この時に、部屋の中を浮遊しているホコリも一緒にクーラー内に取り込まれることになります。

このクーラー内にたまったホコリやフィルターに吸着されたホコリが臭い分子となり、イヤな臭いを発するようになります。

ホコリを放置していると、悪臭がするだけではなく、エアコン内のカビの栄養分となってしまいますので、定期的に掃除をして取り除く必要があります。

部屋の空気の臭い

クーラーから悪臭がするのは、カビやホコリだけが原因ではありません。部屋の空気自体に臭いがする場合にも、クーラーからくさい臭いを発することがあるのです。

たとえば、寝室の場合、寝ている人の寝汗や体臭が空気と一緒にクーラーに取り込まれます。ペットを飼育している場合は、ペットの臭いや雑菌をクーラーが取り込む可能性があります。

これらのような「部屋の臭い」の原因となるものが、そのままクーラーの臭いの原因となりうるのです。

クーラーの臭いを解消する方法はたったひとつ!

クーラーの臭いを解消する方法はたったひとつ!

Sukpaiboonwat/Shutterstock.com

クーラーのイヤな臭いを解消するための方法は、クーラーを掃除することです。この方法以外にクーラーからの悪臭を解決するための術はないといっていいでしょう

クーラーの中は驚くほど汚れています。そのため1年~2年に1回は専門のクリーニング業者に依頼して、エアコンの内部まで徹底的に洗浄してもらいましょう。

また、フィルターや風の吹き出し口などは、自分でも掃除することができますので、クーラーを使用する季節は出来るだけこまめに掃除するよう心がけましょう。

クーラーの臭いは予防できる

クーラーの臭いは予防できる

RomarioIen/Shutterstock.com

業者のクリーニングや普段のこまめな掃除以外に、クーラーの臭いを予防できる方法があります。

まずひとつが、クーラーの内部を乾燥させる方法です。クーラーの使用を止める時は、20~30分程度の送風運転を行いましょう。こうすることでクーラー内部を乾燥させられるので、カビの発生を抑えることができます。

もうひとつは、クーラーの運転を開始させる前に、部屋の換気を行う方法です。これにより、部屋の中のホコリを外部へ逃がすことができ、クーラーに取り込まれるホコリの量を減らすことができます。

また、クーラーを使用する部屋自体をこまめに掃除しておきましょう。

クーラーから出てくる風が悪臭だったら、快適に過ごすことはできません。定期的に掃除をして、臭いの発生を抑えるよう心がけましょう。