ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
少しでも電気代を抑えたいあなたへ。エアコンの節電方法を紹介!
出典 : docstockmedia/Shutterstock.com

少しでも電気代を抑えたいあなたへ。エアコンの節電方法を紹介!

夏場になるとエアコンを使用する頻度が高くなるので、電気代がぐんと上がってしまいます。エアコンを使わないのは無理だけど、何とか電気代を抑えたいというあなた! 夏のエアコンの節電方法について紹介します。

  • 創文舎 hiderio888

エアコンの基本的な節電方法

エアコンの基本的な節電方法

Kwangmoozaa/Shutterstock.com

エアコンを節電して使いたい時に効果的な方法があることを知っていましたか? ちょっとしたことで電気代を節約することができる意外な工夫です。

●室温を下げすぎないこと

室温を設定する時に、温度を下げすぎないようにすることが効果的です。室温設定を1度高く設定するだけで、消費電力を約10%減らすことができます。

●冷えすぎた時にエアコンを止めないこと

エアコンを使用していて寒いと感じた時に、エアコンを止めて調整するのは逆効果です。

エアコンは電源を入れて設定した温度まで部屋を冷やす時に一番電力を消費します。そのため、冷えすぎたと感じた時は、室温を調整しましょう。

●暑い時には風量を調節する

エアコンを使用していても暑いと感じる時には、温度を下げるのではなく風量を調節するようにしましょう。

これも温度設定よりも風量設定の方が、消費電力が少ないため節約につながります。また、風量を上げるだけで体感温度が下がるため、涼しくなったと感じることができます。

●風量設定は自動がおすすめ

エアコンの風量設定は、自動モードにすることがおすすめです。

風量調節を自動モードにすることで、一番効率的な運転で室温を下げてくれるからです。また、微風や弱風など、弱めの風量設定にすると、室温が下がるまでの時間がかかるため、電力を消費しやすくなります。

●風向きは水平に

冷房時には、風向きを水平にすると効率的に室温を下げることができます。

冷たい空気は部屋の下の方に溜まりやすくなります。そのため、部屋の高い位置にあるエアコンから吹き出す風の向きは、水平にした方が冷たい空気が行き届きやすくなるので、涼しく感じやすいのです。

●タイマー機能をうまく使う

長時間外出したり、就寝の時にはタイマー機能を使用することで無駄な電力消費を抑えることができます。

少しの外出ならエアコンはつけっぱなしにして節電する!

少しの外出ならエアコンはつけっぱなしにして節電する!

TAGSTOCK1/Shutterstock.com

ちょっとコンビニまで…少しの時間だけ外出するという場合は、エアコンはつけたままにしておく方が、節電につながる可能性があります。

理由は、エアコンは電源を入れて部屋の温度が設定温度に達するまでに一番電力を消費するからです。

夏場はエアコンの電源を15分落とすだけでも、部屋が熱せられ暑さを感じると思います。短時間だけ家を空けるという場合に限っては、エアコンの電源は切らない方が節電に効果的といえるでしょう。

ちょっとした工夫でまだまだ節電できる!

ちょっとした工夫でまだまだ節電できる!

Piyapong89/Shutterstock.com

エアコンの操作以外でも節電する方法があります。

●扇風機やサーキュレーターを使う

エアコンを使用する時は、扇風機やサーキュレーターを併用すると節電に効果的です。

冷房時の冷たい空気は部屋の下に溜まります。扇風機やサーキュレーターを使用することで、冷たい空気を部屋に循環させることができるため、冷房効率が上がります。

●熱の出入りを防ぐ

冷房のためにエアコンを運転させている時は、熱が出入りしないように注意しましょう。

熱の出入りとは、窓からの直射日光や、部屋のドアや窓を開閉した時の暖かい空気の出入りことです。カーテンなどで熱を遮断し、出入りを最小限に抑えることで、冷房の効率が上がるので節電につながります。

電力会社のプラン見直しやエアコンの買い替えも節電につながる!

電力会社のプラン見直しやエアコンの買い替えも節電につながる!

24Novembers/Shutterstock.com

エアコンの操作や工夫以外にも節電する方法はあります。

●電力プランを見直す

まずは家庭の電力プランを見直すという方法です。2016年に電力自由化となり、自分で電力会社やプランを選ぶことができるようになりました。

そのため、比較検討すれば電気代をこれまでより安く抑えることができる可能性があります。

●最新のエアコンに買い替える

もう一つが、最新のエアコンに買い替えるという方法です。

近年のエアコンは省エネ性能が向上しており、消費する電力量を大幅に減らすことが可能になっています。また、古いエアコンは消費電力も多く、経年劣化による故障で修理等のコストがかかる可能性もあります。

思い切って買い替えを選択することで、長い目で見ると節約になる可能性は十分にありますので検討してみてはいかがでしょうか。

夏にエアコンを使用する時の節電方法には、さまざまな方法があります。今すぐ試すことができるものありますので、ぜひ実践してみてください。