ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
素足に合わせて履きたいエスパドリーユ。でも、臭いは大丈夫?
出典 : fortton/Shutterstock.com

素足に合わせて履きたいエスパドリーユ。でも、臭いは大丈夫?

地中海生まれのエスパドリーユは、夏のファッションの新定番。裸足で履くと心地よく、涼しい足元を演出できますが、気になるのはその後の臭い・・・。お気に入りのエスパドリーユ、臭いをつけずに快適に履くにはどうしたらよいでしょう?

  • 創文舎 hamo

夏のお洒落アイテム、エスパドリーユとは?

phototimedp/Shutterstock.com

「エスパ」の呼び名で愛されている夏の新たな定番シューズ、エスパドリーユ。カラッとした暑さで知られる地中海で生まれ、有名DCブランドがコレクションで発表したことから、世界中で履かれるようになりました。

甲部分はサラッとしたキャンバス地、ソール部分は麻を編み込んだ「ジュート」と呼ばれる素材でできています。もともと、リゾート地で誕生したという背景もあり、素足で履くのを基本に設計されているため、履き心地はたいへん軽く、サラッとした感触が暑い夏にはとても心地よいシューズです。

最近では、カジュアル仕様のエスパドリーユのほか、甲部分がレザーでできたシックなものや、タッセルなどの飾りがついた、よりファッショナブルなものが登場しバリエーションが豊かになっています。

素足はNG!? エスパドリーユの臭い事情

Kristina Vykhor/Shutterstock.com

素足で履くことを前提に作られたエスパドリーユですが、それはあくまで、湿度がそれほど高くない地中海での話。高温多湿な日本の夏となると、「臭い問題」が浮上します。

蒸し暑い日本の夏。素足で靴を履くと、たちまち足の裏に汗をかき、靴の中で足が滑るほどになります。人間の体の中でも、とくに足裏は汗腺が多く集まっているところ。足裏が一日でかく汗は、コップ1杯分ともいわれています。

靴の中は、大量の汗と、足裏から剥がれ落ちた皮脂や垢、角質などの汚れ、そして、それらが皮膚の上にいる常在菌によって分解されることにより、足裏独特のイヤ~な臭いが発せられます。

その臭いのサイクルは、エスパドリーユを素足で履いても同じこと。普通のシューズよりは通気性はよいものの、湿度が高い中素足で履けば、当然、中で足は蒸れてイヤな臭いが発生します。

そこで、臭いを発生させず、エスパドリーユの中を少しでも清潔な環境に保ちたいなら、靴下を履くことをおすすめします。ただし、普通のスニーカーソックス程度の丈では、甲浅に作られたエスパドリーユでは見えてしまいます。やはり、素足用に作られた靴から靴下が見えてしまうのは、見た目的にはちょっと・・・。

近頃は、こういった「見せたくないけど履きたい」シチュエーションに応じた靴下が販売されています。インビジブルソックスやベリーショートソックスなどと呼ばれ、非常に小さな面積を覆うようにできたこれらのソックスは、滑り止めなども施されており、シューズの脱ぎ履きでソックスが脱げないように設計されているものが多くあります。

水に弱いエスパドリーユ

Romolo Tavani/Shutterstock.com

普通のスニーカーやサンダルなら、水や洗剤でザブザブ洗えるものもありますが、エスパドリーユの唯一にして最大ともいえる欠点は「水に弱い」こと。

涼しさや肌触りのよさを重視して選ばれたエスパドリーユの素材は、キャンバスと麻。キャンバスは水自体には強い素材ですが、濡れることで型崩れや目の詰まりが生じやすい素材。麻を編んだジュートも一旦濡れるととても乾きづらく、キャンバス同様に型崩れしやすい素材です。何より、耐水性がないので靴の中に水が浸水してきてたいへんなことになります。
雨の日はエスパドリーユはお休みにし、極力濡れることを避けて履くようにしましょう。

臭いを予防する手入れの仕方

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

エスパドリーユは水洗いできないシューズ。では、臭い時や汚れた時などの手入れはどのようにすればよいのでしょうか?

1 まずはブラシがけ。シューズ用のブラシか、ない場合は古歯ブラシでもOK。全体にブラシをかけて整え、汚れ部分をかき取るようにブラッシングしてみましょう。
2 ブラッシングで汚れが落ちなかった場合は、湿らせた布に中性洗剤を染み込ませ、汚れた部分を叩くようにして拭きます。この時、内側にも乾いたタオルを入れ、両方から挟むようにして汚れを叩くと、汚れが浮きやすくなります。
3 汚れが取れたら、別のタオルを濡らして硬く絞り、すすぎ拭きをしていきましょう。
4 仕上げに、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーをシューズ全体に5、6回ずつスプレーし、陰干ししてしっかり乾かします。
5 乾いたら、防水スプレーを全体にスプレーし完成です。
※布用消臭除菌スプレーと防水スプレーをする際は、色落ちや色ムラが起きないか目立たない場所で試してから行うようにしましょう。

濡らすことができないエスパドリーユは、ブラシ掛けと拭き掃除が基本です。
しかし、それだけでは臭いの元はなかなか取ることはできません。そこで、プラスしたいのが、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーです。ファブリーズは、汗に由来する体臭にも抜群の効果を発揮する消臭剤です。布にスプレーすることで、繊維の奥まで成分が浸透し、臭い分子を化学的に分解・中和し臭いを元から断ち切ります。
加えて、布に付着した菌に対する除菌効果も高く、繊維の奥に潜んだ雑菌も逃さず撃退します。



リゾート感満点の涼しげなエスパドリーユから、不快な臭いが漂っては興ざめです。日々のお手入れに臭いケアをプラスして、見た目も匂いもさわやかに履きこなしましょう!