ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
いざという時に役に立つ、ドライブレコーダーのすすめ
出典 : Helioscribe/Shutterstock.com

いざという時に役に立つ、ドライブレコーダーのすすめ

キャンプや帰省など長時間のドライブが多くなる夏から秋。安全運転に気を配り、事故にはくれぐれも注意したいところです。しかし、自分が気をつけていても、車のトラブルは予期せぬ時にやってくることも。そんな時、備えておくと安心なのがドライブレコーダー。その機能やメリットとはどんなものなのでしょうか。

  • 創文舎 hamo

ドライブレコーダーの基本機能

ドライブレコーダーの基本機能

pim pic/Shutterstock.com

走行妨害や煽り運転など、悪質な運転による傷ましい事故がニュースで取り沙汰され、近頃は以前にも増して、運転中の映像記録の重要性がクローズアップされています。

少し前までは、ドライブレコーダーは販売価格も高く、バスやタクシーなどの旅客業の車以外の装着率は極端に低いものでしたが、最近のドライブレコーダーは、1万円以下のものから3万円前後までと幅広く、一般のユーザーでも手が届きやすくなりました。

ドライブレコーダーは、「運転を記録するもの」というザックリとした認識は誰しも持っていると思いますが、使用していない人だと、どの程度の時間をどんな風に記録するのか知らない人も多いのではないでしょうか。

一般的なドライブレコーダーは、シガーソケット経由で電気系統とつながっている場合が多く、エンジン始動と共に録画を開始し、内蔵したSDカード等の記録媒体の容量に応じて自動的に運転の様子が記録されます。

記録媒体の容量が限界に達すると、はじめに戻り上書きされる仕組みのものがほとんどで、事故などの大きな衝撃が加わった際は、前後数10秒の記録を別フォルダに移し、上書きできないように保護するシステムになっています。

こんな時に役に立つ! ドライブレコーダーのメリット

こんな時に役に立つ! ドライブレコーダーのメリット

Monkey Business Images/Shutterstock.com

おおよその基本的な機能を理解できたところで、ドライブレコーダーが実際、どんな時に効力を発揮するのかメリットをまとめてみましょう。

事故に合った際の状況証拠

事故とは予期せぬ時に突然合うもの。多くの場合、当事者が、瞬間の出来事を思い返しながら、警察や保険業者に経緯を説明し、過失割合や違法性の有無が決定されます。
あまりに咄嗟のことである上に、証言によって以降の処遇が決まるため、互いの証言が食い違うこともよくあることで、第三者の目撃情報などがない限り、相手に押し切られ泣き寝入りするケースも少なくありません。
そのような時、ドライブレコーダーに記録が残っていれば、貴重な証拠となり公平な判断の一助となります。但し、その証拠がいつでも自分の味方になるとは限りません。ドライブレコーダーをつけていることを戒めとし、常に、誰に見られても問題のない、安全且つ良心的なドライバーであることを心掛けることが大切です。

車上荒らしや当て逃げ対策に

車を停車した後も、駐車モードに切り替え、引き続き録画を続けられる機能がある機種であれば、停車中に起こる車上荒らしや当て逃げなどの証拠を押さえることができます。また、窓越しにドライブレコーダーの存在が見えることで、いたずらや車上荒らしの抑止力にもなります。

警察の誤認検挙対策

一時停止違反や車線変更禁止の取り締まりなどは、こちらが過失のない運転をしていても、時に、思い違いや確認不足で取り締まりを受ける場合も。言い逃れで回避することは難しいものがありますが、映像で証拠が残っていれば理解してもらえる確率が大幅にアップするでしょう。

悪質ドライバーによる危険運転の状況証拠

不必要な煽り運転や運転妨害など、悪質なドライバーによるいやがらせ行為を受けた際の証拠を押さえておくことで、後々の捜査の手がかりになり逮捕につながるケースもあります。

運転技術の確認

自分の運転や家族の運転などの映像を見返すことで、客観的に運転技術を評価することができ、今後の安全運転へとフィードバックすることができます。とくに、最近ではドライバーの高齢化が進み、運転時の認知や判断力が問題視されています。自分ではなかなか認められない運転能力の低下も、映像として確認することで受け入れることができるケースがあるようです。

ドライブ風景の撮影や偶然のハプニングを記録する

旅行の思い出に運転風景や車内の様子(車内撮影機能がある場合)などを撮影しておき、後で見返すこともできます。また、ドライブ中に偶然とらえた珍しい出来事などを動画サイトに投稿し、広告費を得るという一風変わった利用方法もあります。

用途別に選びたいドライブレコーダーの種類

用途別に選びたいドライブレコーダーの種類

Solarisys/Shutterstock.com

現在販売されているドライブレコーダーは、価格もピンキリですが、機能的な面においても多くの種類があります。カバーしたい用途に合わせて、適した機能のものを選ぶようにしましょう。

とにかく低価格! 基本性能搭載モデル

機能に多くを求めなければ、5,000円前後から購入することができます。但し、画質や性能はそれなりのものである覚悟が必要です。レビューや店頭での評判を参考に失敗のない製品を選びましょう。

事故やイタズラに備えた高画質モデル

フロントだけではなく、後方やサイドまで録画することのできる広視野角や、夜間撮影も明るく記録できる夜間特化型モデルだと、いざという時の状況証拠をしっかり押さえることができます。

GPS機能やWiFi機能を搭載した多機能モデル

運転したルートも一緒に記録するGPS機能搭載のモデルや、スマホでリモート操作や録画映像を再生できるWiFiモデルなど、充実した機能をもつドライブレコーダーが増えています。

快適な車内でドライブの思い出を

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

ファブリーズ車のエアコン用イージークリップ

安全な運転のためにも、車内での思い出を記録するためにも使うことのできるドライブレコーダーですが、ドライブの思い出は、人の記憶にもしっかり記憶されます。

そして、記憶に残りやすいのが、その時、漂っていた「においの記憶」。嗅覚は、他の感覚器と少し違い、記憶を司る脳の器官にダイレクトにつながっているといわれています。ですから、思い出に香りの記憶は残りやすく、特定のにおいを嗅ぐことで記憶も蘇りやすいといわれています。

楽しいドライブの記憶を残したいなら、心地よい香りと一緒に覚えていたいもの。そんな思い出づくりに役に立つのが、ファブリーズの車のエアコン用イージークリップです。エアコン吹き出し口にセットするだけで、車内に漂うさまざまな臭いを元から消臭し、ほのかなやさしい香りを素早く広げます。



ドライブレコーダーで安全対策を徹底し、ファブリーズで車内の臭い対策を万全に。快適で安全なドライブを楽しみましょう!