ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
記入済みのノート、正しい捨て方を知っていますか?
出典 : Dja65/Shutterstock.com

記入済みのノート、正しい捨て方を知っていますか?

使用済みのノートや名前が記入してあるノートなど、そのままゴミに出すのは、何となく抵抗がありますよね。どんな方法で捨てるのが本当は正しいのでしょうか? リングが付いているタイプは? 意外と知らないノートの捨て方について知りたい!

  • terasaki

ノート、どのタイミングで捨てる?

ノート、どのタイミングで捨てる?

milatas/Shutterstock.com

学生にとってノートは必需品ですが、使い終わっても捨て時がわからず、莫大な量のノートがたまったまま、机の引出しの中や、押入れの隅に積まれている・・・なんてことがよくあります。ノートはどのタイミングで処分するのがいいのでしょうか?

小学生

小学生は前年度のノートを参考にすることはほとんどありません。学年が変わったら処分して差し支えないでしょう。ただ、1年生の時のノートや作文ノートは、思い出として取っておきたいものですね。

中学生以上

中学生、高校生になると勉強した全範囲が受験に関係してくるので、明確な捨て時はありませんが、中学のノートは中学校の卒業後、高校のノートは高校の卒業後が処分時期の目安になります。大学や専門学校で使ったノートは、専門性が高いこともあって、その後のや仕事で役立つこともあります。できれば取っておくといいでしょう。

学生以外

社会に出ても仕事のメモや家計簿、日記帳、スケジュール帳など、学生時代ほどではないにしろ、だれでもノートを使う機会があります。社会人のノートの捨て時は個人差がありますが、家計簿の場合は2年以上前のものは必要ないことが多いようです。その時々の想いが詰まった日記は、ずっと取っておきたいですね。

使用済みノートの捨て方

使用済みノートの捨て方

Carolyn Franks/Shutterstock.com

各自治体によって異なりますが、一般的にノートは資源ゴミになります。新聞や雑誌とともに回収する自治体が多いようです。シュレッダーにかけた場合も袋に入れて資源ゴミとして出しましょう。

見られたくないページだけ破って捨てた場合、破った部分は可燃ゴミになります。汚れが大きく付いているものは、資源ゴミではなく、可燃ゴミになるので注意しましょう。

リングノートの場合

   リングノートの場合

nafterphoto/Shutterstock.com

リングノートは、多くの自治体では、そのままでは資源ゴミには出せません。リングを取り外し、分別する必要があります。

リングの外し方

リングからノートを破って外すのも、リングを手で外すのもたいへんです。そんな時は、リングの中央に割り箸を差込み、グリグリ回し入れながらリングを開くか、ハサミでカットするのが一番カンタンです。なお、リングは可燃ゴミになります。

可燃ゴミとして出す

リングを外さないで処分する場合は、ノートも可燃ゴミになるので、注意が必要です。ただし、できるだけリングを外して捨てるようにしましょう。

捨てる時の注意点

捨てる時の注意点

Africa Studio/Shutterstock.com

気がついたら相当数の不要なノートが部屋のどこかに眠っていることがあります。定期的に見直し、使えるものはメモなどに利用し、ページが残っていないものは処分するようしましょう。

また、名前が書いてあるノートは、気になれば名前をマジックで塗りつぶすだけでOK。学校で使ったノートは気にせずに捨てられても、日記帳や家計簿など、プライバシー満載のノートは資源ゴミに出すのには抵抗があります。仕事で使ったノートなども同様です。そういった場合は新聞紙に包んでガムテープでぐるぐる巻きにするなど、他の人に見られないよう、しっかりと対策を施してから可燃ゴミに出す、シュレッダーにかけて資源ゴミに出すという方法をとれば安心です。

相当数のノートや他人に見られては困る内容や情報のあるノートを安全に処分したい時は、各自治体のクリーンセンターに持ち込むという手段もあります。

ノートにはその時々の思い出が詰まっていますが、収納場所が限られているため、すべて取っておくことはできません。個人情報の漏洩に気をつけて、安全・適切に処分したいですね。