ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ウォシュレット掃除では「ノズル掃除」を忘れずに!!
出典 : shigemi okano/Shutterstock.com

ウォシュレット掃除では「ノズル掃除」を忘れずに!!

トイレは毎日使うものですから、どうしても汚れやすくなります。定期的なお掃除で、いつも清潔に保っておきましょう。ウォシュレットやウォームレットの場合は、「ノズルの掃除」も大切です。忘れずに洗ってきれいにしてください。

  • ShuShu

ウォシュレット掃除の基本

ウォシュレット掃除の基本

ShaduraVik/Shutterstock.com

ウォシュレットをきれいに保つためには、汚れに気づいたらその場でお掃除が一番効果的です。たとえばトイレに入ったついでに、洗剤を布につけて、便座の表面・裏側、便ふたの表裏、便器との取付面などをさっと拭きます。最後に全体を水拭きし、便座と便ふたは、しばらく開けたままにしておきましょう。

通常のトイレ掃除の場合、ブラシで擦っても黄ばみが取れないといった頑固な汚れには適切な対策が必要です。ゴシゴシ強く擦り過ぎると便器に傷がつき、そこに汚れが入ってしまうことがあるので気をつけます。

頑固な黄ばみは無理に擦らず、酸性洗剤、クエン酸などを使うのが効果的。またウォシュレットの臭いが気になる時は消臭効果のある塩素系の洗剤を使うとよいでしょう。ただし、塩素系と酸性系洗剤は混ぜると有毒な塩素ガスが発生します。危険ですので、絶対に混ぜないようにしてください。

カビによる汚れの場合、水拭きは逆効果です。カビの栄養となる湿気を与えることで、さらに繁殖してしまいます。カビ掃除にはカビ取りスプレーや消毒用アルコールを使いましょう。トイレ用洗剤には、様ざまな種類があり、特徴もそれぞれ違います。汚れを見極め、用途ごとに使い分けるようにしてください。

意外な盲点「ノズルの汚れ」

意外な盲点「ノズルの汚れ」

NavinTar/Shutterstock.com

最近のトイレには、様ざまな機能が付いています。お尻を洗う「温水洗浄便座」もそのひとつ。たいていのウォシュレットは使用後、ノズルを自動洗浄していますが、水流がそれほど強くないため、こびりついた汚れがノズルにどんどんたまってしまいます。

これを放置していると、大腸菌、緑膿菌、黒かびなどの温床になりかねません。疾病の原因になるおそれもありますから、定期的にノズル掃除をするようにしましょう。

ノズル掃除の方法について

ノズル掃除の方法について

Ratchat/Shutterstock.com

「ノズルお掃除機能付タイプ」のウォシュレットの場合は電源を入れ、「ノズルお掃除入/切」スイッチを押し、ノズルを出します。その後、やわらかい布で水拭きを行いますが、汚れがひどい時は、台所用中性洗剤を薄めた液を含ませた布で拭き取ります。掃除の際は、ノズルの先端を無理に引っ張ったり、回さないようにしてください。

掃除が終わったら、「ノズルお掃除入/切」スイッチを押し、ノズルを収納します。汚れているにもかかわらずノズルの掃除は見落としがちなので、日にちを決めるなどして定期的に行うといいでしょう。

「ノズルお掃除機能付」が付いていない商品の場合は、まず電源を切って(またはコンセントを抜く)、シャワーノズルを引き出します。機種によってはノズルの先端に突起があるものもあり、容易につまみ出すことができますが、それぞれ掃除方法が異なりますから、詳細は取扱説明書を見て行うようにしてください。なお、シャワーノズルは無理に引っ張ったり、曲げたりしないようにしましょう。

引き出したノズルの汚れを、使い古しの歯ブラシ、お掃除ティッシュ、細かいところは綿棒でふき取ります。ただし、市販の洗剤の中には、商品に適さないものがありますので注意が必要です。仕上げに水ぶきをします。

電子部分に注意

電子部分に注意

NavinTar/Shutterstock.com

ウォシュレットやウォームレットなどの「温水洗浄便座」は、電子部品を使用しています。そのため、掃除の時に水をかけるのは厳禁。故障の原因になるので注意してください。

リモコンパネル(液晶部分)はほこりなどがつくと表示が見えにくく、操作し難くなりますので、汚れが目立ってきたらカンタンに水拭きするようにします。なお、スイッチを押しても点灯・表示しない時は、電池を交換して様子をみてください。

またウォシュレットには部分的にプラスチック素材が使用されているため、アルカリ性や酸性の洗剤で掃除すると、割れたり、変色する可能性があるため注意しましょう。なお、便器用洗剤は使用したらきちんと拭き取ってください。残ったままにしておくと気化ガスとなり、それがウォシュレット本体内に入り込んで故障の原因になります。

脱臭フィルターなど、見えにくい部品もチェック

脱臭フィルターなど、見えにくい部品もチェック

Mumemories/Shutterstock.com

ウォシュレットには臭いを除去する「脱臭フィルター」が便座の裏に付いています。いやな臭いを効率良く除去するためにも、月1回は掃除をするとよいですね。なお脱臭フィルターを掃除するには、取り外しが必要です。ウォシュレットそれぞれの取扱説明書を見てから行ってください。

脱臭フィルターに付着した汚れは、歯ブラシなどを用いて擦ると容易に取ることができますが、どうしても汚れが落ちにくい場合は、水洗いしてください。水洗いした後は、完全に水気を拭き取ります。水気が残ったままだと、ほこりがつきやすくなってしまうので注意しましょう。