ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
今日からテカり知らず。ポリエステルの服にアイロンをかけるコツ
出典 : New Africa /Shutterstock.com

今日からテカり知らず。ポリエステルの服にアイロンをかけるコツ

ポリエステル製の衣類を美しく保つための、アイロンがけのコツを伝授します。シワをつきにくくするための小技や、テカってしまった時の対処法も。素材の特性を知って、サッときれいに仕上げましょう。

  • kawase

ポリエステルってどんな素材?

Africa Studio/Shutterstock.com

ポリエステルの特徴

ポリエステルは、日本国内でもっとも多く生産されている合成繊維です。発色が良く、かつ軽量で耐久性に優れるという特徴を持ち、ワイシャツから子ども服までさまざまな衣類に利用されています。
日焼けに強く、シワもつきにくいため扱いやすい点が魅力。さらに、安価で水に濡れた時の乾きも早いなど、まさにいいことずくめの素材であるといえます。

高温に注意が必要

合成繊維のなかでは比較的熱に強いポリエステルですが、一定以上の高温に触れると溶けてしまうのが難点です。
線維が溶けると風合いが変わって美観が損なわれるほか、強度が落ちてほつれやすくなることも。
家庭でのアイロンがけによってこうしたトラブルを招く恐れもあるため、十分に注意しましょう。

アイロンがけのポイント

Hayati Kayhan/Shutterstock.com

アイロンがけは、中温で手早く

ポリエステル製の衣類にアイロンをかける場合は、温度を中温(140~160℃)に設定しましょう。160℃以上の高温でアイロンをかけると、繊維が溶けてしまう可能性があります。
また、あまり時間をかけすぎず手早く行うことも意識してください。素早くきれいに仕上げるには、襟もとや袖口などの細かい部分からアイロンをかけはじめ、徐々に面積の広い部分へと移行するのがコツです。

当て布を使おう

アイロンによる傷みを防ぐには、当て布の使用が有効です。家庭にあるハンカチなどで代用可能なので、ぜひ活用してください。
ただし、色柄物の当て布を使うと色移りを起こす恐れがあります。色の濃い布は避け、できるだけ白いものを選びましょう。

ボタンやビーズがついている時は

ボタンやビーズがついている部分には、布地の裏からアイロンをかけるようにしましょう。こうすることで、よりカンタンに美しく仕上げることができます。

アイロンがけの手間を軽減。シワを防ぐ方法

didesign021/Shutterstock.com

脱水は短めに

洗濯の際は、脱水の時間を短めに設定しましょう。洗いジワを防ぐことができるうえ、干した後のシワも軽減することができます。
あまり脱水しないことによって、水分の重みで自然に生地が伸ばされます。干す際に、よく振りさばき、手でシワを伸ばしておくとより効果的です。
なお、重みがある分型崩れを起こしやすい点に注意してください。針金ハンガーは避け、しっかりとした幅広のハンガーを使うときれいなシルエットをキープできます。

乾燥機は使わない

ポリエステルの衣類を乾燥機で乾かすと、アイロンでは取れない強固なシワがつく恐れがあります。
さらに、縮みや破損といった取り返しのつかないトラブルになることも。「乾燥機使用可」の表示がない限り、絶対に使わないようにしましょう。

もしもテカってしまったら

Nomad_Soul/Shutterstock.com

ポリエステル素材にアイロンをかけた際のテカりには、2つの原因が考えられます。
●線維が平らにならされたことにより、光を均一に反射してテカって見える。
●線維が溶けて変質している。
一度テカりが発生してしまうと、残念ながら完全に元通りにすることはできません。
しかし、以下のような方法を用いることで多少の改善が期待できます。あきらめるまえに、ぜひ一度試してください。

まず、掃除用のメラミンスポンジを用意し、テカリの気になる部分を擦ります。力を入れすぎず、さまざまな方向に動かしてください。
次に、スポンジで擦った部分にブラシをかけます。衣類用ブラシを使うのが理想ですが、無い場合は使い古しの歯ブラシを活用してもよいでしょう。

このように生地を擦ることにより、線維を起毛させてテカりを目立たなくすることができます。
なお、擦りすぎると余計に生地を傷めてしまうので、少しずつ慎重に行いましょう。

衣類をより長持ちさせるには、それぞれの生地に合った適切なお手入れ方法を知ることが大切です。
ポリエステルの特性に合わせたアイロンがけで、大切な服をいつまでもきれいに保ちましょう。