ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
猫の飼い主必見! カーペットの選び方とお手入れ方法
出典 : Berna Namoglu /Shutterstock.com

猫の飼い主必見! カーペットの選び方とお手入れ方法

猫の飼い主は、どれぐらいの頻度でカーペットのお手入れを行っていますか? 不衛生なまま放っておくと、汚れたカーペットが猫や人の体調不良の原因になってしまうこともあるのです。猫のいる家庭のカーペットの選び方とお手入れ方法をご紹介します。

  • 奥平 望

清潔なカーペットで快適な環境をつくる

清潔なカーペットで快適な環境をつくる

Vasilyev Alexandr /Shutterstock.com

猫は、ふかふかしたカーペットが大好きです。だからといって、猫が気に入りそうだというだけでカーペットを選ぶと、お手入れに苦労することとなります。

猫の毛は細かく、掃除機やコロコロでは取れないほど、カーペットに絡まります。さらに、毛玉を吐いたり粗相をしたりと、お部屋のカーペットはすぐに汚れてしまいます。

清潔なカーペットで、猫にとっても飼い主にとっても快適な環境をつくれるよう、猫がいる家庭のカーペットの選び方と、正しいお手入れ方法をご紹介します!

猫がいる家庭のカーペットの選び方

猫がいる家庭のカーペットの選び方

Africa Studio /Shutterstock.com

猫がいる家庭のカーペットは、洗濯できるタイプを選びましょう。洗濯機に入れて、ジャブジャブ洗えるカーペットなら、汚れてもすぐにきれいにできます。

また、猫の毛がつきにくい素材のカーペットを選ぶこともポイントです。ふかふかのカーペットで気持ち良さそうに寝る猫は愛らしいですが、ここは心を鬼にしてサラサラした素材のカーペットを選ぶようにしましょう。この時、消臭・抗菌加工がされているかどうかもチェックしておきましょう。

さらに、猫の爪が引っかかってしまわないような、毛足が短く目の細かいカーペットがおすすめです。これなら、爪とぎもしにくいので傷みづらいはずです。

タイル式のカーペットも猫を飼っている便利です。ほとんどの場合50㎝×50㎝の正方形で、いくつかのカーペットを並べて敷き詰めるものです。汚れた部分だけはがして洗ったり、処分して、新しいカーペットをはめ込むこともできます。

ほかには、カーペットの色も重要です。いくら猫の毛がつきにくいカーペットだとしても、多少なりとも毛はついてしまいます。そこでおすすめなのが、猫の被毛の色に近い色のカーペットを選ぶことです。お手入れをしても、完璧に猫の毛を取り除くことは難しいので、できるだけ毛がついても目立たないカーペットがよいでしょう。

また、カーペットのふちから潜り込むことが好きな猫もいます。ふちは両面テープなどで固定するといいでしょう。それでも、ふちで爪をとぎたがる猫が多いので、猫のいる家庭では「高いカーペットは買わず、ボロボロになったら買い換える」というのが一番の対策かもしれません。

猫の毛が絡まったカーペットのお手入れ方法

猫の毛が絡まったカーペットのお手入れ方法

Africa Studio /Shutterstock.com

掃除機やコロコロではカンタンに取れないような猫の毛は、まず表面に出すことがポイントです。カーペットの表面をゴム手袋やたわしでこすると、毛が表面に掻き出され、取りやすくなります。

カーペットの表面に出てきた毛は、掃除機で吸うかコロコロで取り除きます。また、「毛取りクリーナー」もおすすめです。毛取りクリーナーは、服についた毛玉やペットの毛を取り除くアイテムですが、カーペットに使っても効果を発揮してくれます。

猫がカーペットで吐いた時のお手入れ方法

猫がカーペットで吐いた時のお手入れ方法

Vasilyev Alexandr /Shutterstock.com

猫はとにかくよく吐きます。カーペットの上にこんもりと盛り上がった吐しゃ物を見つけたら、下敷きのような板状のプラスチックを下に差し入れて取り除きます。そのあとは、重曹を粉のままふりかけます。重曹が水分を吸い取って、臭いも中和してくれます。重曹を掃除機などで取り除いたら、固くしぼった雑巾でトントンと叩きます。

洗濯できるカーペットなら、吐しゃ物を取り除いて、すぐに洗濯するのが一番です。

猫がカーペットで粗相した時のお手入れ方法

猫がカーペットで粗相した時のお手入れ方法

Africa Studio /Shutterstock.com

猫がカーペットで粗相した時は、まずクエン酸を水で薄めたもので拭き取りましょう。水200mlに対し、小さじ1杯のクエン酸を溶かしたクエン酸スプレーを吹きかけ、固く絞った雑巾で拭き取ります。猫のおしっこの臭いを消す効果があります。

もちろんペット用消臭スプレーを使ってもよいのですが、クエン酸の方が安く手に入り、猫にも人にも、さらには環境にもやさしいため、おすすめです。クエン酸で拭き取った後は、洗濯できる場合はすぐに洗濯しましょう。

また、猫がトイレ以外の場所でおしっこや大便をする場合は、そこをトイレとして認識してしまった、本来のトイレが気に入らないなど、理由がある場合もあります。何度も繰り返すようなら、トイレの環境を見直した方がいいかもしれません。

清潔なカーペットは、猫にも飼い主にも快適な暮らしを届けてくれます。手入れがカンタンなカーペットを選んで、愛猫と豊かな時間を過ごしましょう。