ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
家にあるものでピカピカに! キッチンの床掃除の方法とコツ
出典 : Andrey_Popov /Shutterstock.com

家にあるものでピカピカに! キッチンの床掃除の方法とコツ

キッチンの床掃除は、家にあるものでカンタンにできると知っていますか? 掃除に必要なアイテムを購入しないで済むので、家計にもやさしいのがうれしいですね。そんな、知って得するキッチンの床掃除の方法とコツをご紹介します。

  • 奥平 望

キッチンの床掃除に必要なアイテム

キッチンの床掃除に必要なアイテム

Odua Images /Shutterstock.com

キッチンの床は、料理中にはねた油や、知らないうちに落としたごみによって、ほかの部屋よりもいつのまにか汚れてしまいます。いちいち掃除するのは面倒だからと放っておくと、床がべたつく原因にも。

べたつくほどに汚れたキッチンの床は、時間のかかる念入りな掃除が必要になります。床掃除をサッと済ませたいなら、こまめな掃除でべたつく前にきれいにしましょう。そこで、今回は自宅にあるものでできる、手軽で家計にやさしい掃除方法をご紹介します。

キッチンの床掃除に必要なアイテムは、以下のとおりです。

●重曹
●米のとぎ汁
●雑巾
●キッチンペーパー
●ラップ

いずれもほとんどの家庭で、すぐに用意できるものばかりですね。

キッチンの床の掃除には「重曹」がおすすめ

キッチンの床の掃除には「重曹」がおすすめ

JPC-PROD /Shutterstock.com

キッチンの床掃除には、油汚れに効果を発揮する重曹がおすすめです。重曹小さじ1杯を水250mlに入れ、よく混ぜて溶かします。薄めた重曹液に浸した雑巾で、キッチンの床を拭き上げた後は、乾拭きで仕上げましょう。乾拭きを怠ると、重曹の白い跡が残ることがあるので注意しましょう。

なかなか取れない頑固な油汚れには、キッチンペーパーとラップを使用します。薄めた重曹を浸したキッチンペーパーを汚れの上に敷いて、さらにその上にラップを重ねて10~20分置きます。油汚れがふやけ、落としやすくなります。

「米のとぎ汁」がワックス効果を発揮

「米のとぎ汁」がワックス効果を発揮

Africa Studio /Shutterstock.com

キッチンの床掃除には米のとぎ汁が驚きのパワーを発揮してくれます。それが「ワックス効果」です。

昔から、米ぬかを掃除に使用すると、柱や床がきれいになると知られています。その理由は、米ぬかに含まれる油分がワックスと同様のはたらきをするためです。

その米ぬかよりもカンタンに手に入り、同様の効果を発揮するのが“米のとぎ汁”です。重曹で汚れを落としたキッチンの床を、米のとぎ汁に浸して固くしぼった雑巾で磨いてみましょう。ワックスほどピカピカにはなりませんが、ワックスのように滑りやすくなることもなく、ほどよいツヤが出ます。

ただし、無垢材以外の床には逆効果になることもあるので、床の材質を確認して行ってください。

床掃除をした後は乾拭き必須

床掃除をした後は乾拭き必須

Tanyastock /Shutterstock.com

重曹や米のとぎ汁を使ってキッチンの床掃除をしたら、必ず仕上げに乾拭きをしましょう。乾拭きをすることで、床の腐食を防ぐことができます。完全に乾き切っていないと、床が傷むだけでなく、嫌な匂いの原因にもなるので注意が必要です。

さらに、乾拭き中は窓を開け、風を通すことでより早く水気を飛ばすことができます。

こまめな床掃除で清潔を保ちましょう!

こまめな床掃除で清潔を保ちましょう!

Interior Design /Shutterstock.com

キッチンの床を清潔に保つには、こまめな掃除が不可欠です。料理をすると、飛んだ油や汁で、どうしてもキッチンの床は汚れたり、べたつきます。それを放っておかず、日頃からこまめに拭き取る癖をつけましょう。モップを兼ねたスリッパで、サッと足を滑らせても汚れが取れます。

普段の掃除は、重曹や米のとぎ汁を使わずとも、カンタンな水拭きだけでもOKです。汚れが気になった時は、水拭き+重曹+米のとぎ汁というように、時間をかけて丁寧に掃除しましょう!

キッチンの床は、たった1回でも料理をすると汚れがついたり、油がはねたりしてしまいます。気付いた時サッと拭き取る癖をつけ、普段からこまめに掃除しておくことがポイントです。家の中でも、とくに汚れやすいキッチンの床を清潔に保ち、快適な暮らしを手に入れましょう!