ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「一週間の献立」を決めるだけ! カンタンにできる節約の方法
出典 : Liudmyla Chuhunova/Shutterstock.com

「一週間の献立」を決めるだけ! カンタンにできる節約の方法

特売品をチェックしたり、家計簿をつけたり・・・努力はしているのに、なかなかうまくいかない食費の節約。もしかすると、節約を難しく考え過ぎているのかも。「一週間の献立」を決めるところから始める、お手軽な節約方法を試してみませんか?

  • 渡辺

今日の献立は? 節約できない原因は、“ちょこちょこ買い”にあり

今日の献立は? 節約できない原因は、“ちょこちょこ買い”にあり

Africa Studio/Shutterstock.com

特売日には必ずスーパーに行き、より安いものを求めて、あちこちのスーパーをはしごする・・・。節約をしたい時に、ついやってしまいがちなこれらの行動。じつは、あまり節約にはならないって、知っていますか?

節約の鉄則は、“なるべく買い物に行かないこと”。いくら特売品でも、ちょくちょく買い物に行くのはNGです。どうしても他のものにまで目がいってしまうため、ムダ使いが増えて、結局は食費をオーバーしてしまうことになるのです。

節約をしたいなら、やはりおすすめなのは“まとめ買い”。でも、慣れないうちはどれだけの量を買えばいいのかわからないし、ちょっと難しく思えますよね。そこで、“一週間”をキーワードに、まとめ買いをカンタンにして、節約へとつなげる方法をご紹介します。

買い物の前に、「一週間の献立」を決めるのが節約のカギ

買い物の前に、「一週間の献立」を決めるのが節約のカギ

Okrasyuk/Shutterstock.com

まとめ買いは、何をどれだけ買えばいいのかわからない・・・。それなら、まずは一週間分の献立から決めてしまいましょう。献立が決まったら、あとは必要な食材を買うだけでOK。食材のロスも減らせるし、毎日献立に悩む必要もなくなります。

献立を決める時に気をつけたいのは、“値段が手頃な食材”と、“アレンジのきく食材”をうまく取り入れること。一つの食材を一度に使い切るのではなく、“お得に多めに買った食材を、アレンジして使い切る”ことを目標に、献立を考えてみましょう。

節約にはコレ! おすすめの食材

●旬の野菜・・・低価格で栄養もたっぷり。多めに買って、いろいろな料理にアレンジして使い切りましょう。

●玉ねぎ、にんじん、じゃがいも・・・常備しておきたい万能野菜。いろいろな料理に使うことができ、冷蔵庫に入れなくても保存ができるので、多めに買っても大丈夫!

●きのこ類・・・和洋中いろいろな料理に使えて、ボリュームも満点。傷みが早いので、一週間の献立の前半に使いましょう。

●干物、冷凍ができる魚・・・買い出しに行った日に、その日の夕食用に鮮魚を買うのはOKですが、あとは、日持ちのきく干物や冷凍できるものを2~3種類が基本。

●鶏ムネ肉、ひき肉、豚コマ肉、豚バラ肉・・・値段が手頃で、アレンジしやすいものを中心に、3~4種類が基本。

●卵・・・低価格で栄養価が高く、アレンジもきく万能食品。家族の消費量に合わせて、多めに買っておきましょう。

●もやし・・・いろいろな料理にボリュームを出してくれる、便利な節約食材。日持ちがあまりよくないので、早めに使い切りましょう。

一週間の献立は、アバウトに決める

節約におすすめの食材を元に、一週間分の献立を決めましょう。同じ食材でも、煮る・炒める・蒸す、というように、調理方法を変えるだけで、違った味と食感を楽しむことができます。パズルのように、節約食材のいろいろな組み合わせを楽しんでみましょう。

でも、あまり細かく献立を考えようとすると、一週間分はとても多く感じてしまうもの。そこが面倒くさくなってしまっては、せっかくの節約も長続きしません。あくまでも“アバウトに決める”ことがコツです。

たとえば・・・
●メイン料理は、肉と魚を毎日交互に使う・・・あとは、合う野菜を組み合わせればOK。
●週に一度は「丼」の日・・・おかずを考える必要がなく、余っている食材を使えばOK。
●週の最後の方に、カレーやシチュー・・・二日目には、ドリアなどにもアレンジ可能。週の最後の方は食材が減るので、鍋ごと冷蔵庫にしまえて便利。

それでもやっぱり、食材から一週間分の献立を決めていくなんて、ちょっと面倒・・・。そんな場合は、レシピサイトを利用するのがおすすめです。複数の食材を一緒に検索することもできるから、節約献立づくりには大助かりです。

献立を決める時には、メモを取ることを忘れずに。献立のメモは一週間大事に保管し、食材のメモは、必ず買い出しに持っていきましょう。

一週間分を“まとめ買い”が基本

一週間分を“まとめ買い”が基本

Prostock-studio/Shutterstock.com

買うべき食材が決まったら、いよいよ買い出しです。買い出しは、基本的に一週間に一度だけ。それも、いつも同じ一つのスーパーを利用するようにしましょう。陳列の場所がわかっているので、必要な食材だけをサッと買うことができ、ムダ使いと手間を省くことができます。

小さな子どもがいるから、まとめ買いはたいへん・・・。そんな場合は、日曜日など休日に家族みんなで行きましょう。日曜日を特売日にしているスーパーも多く、また、どこかに出掛けてお金を使うことも減るので、節約効果バツグン! ただし、お菓子やお酒などを余分に買ってしまわないように気をつけましょう。

レシピ検索で、残った食材も使い切る!

レシピ検索で、残った食材も使い切る!

polkadot_photo/Shutterstock.com

アレンジして使い切るつもりで買った食材も、やはり少しずつ残ってしまうのは当たり前。そんな時にも、レシピ検索が役立ちます。まとめ買いで、最大限の節約効果を発揮するには、食材のムダを出さないことがとても重要です。

「一週間の献立」を決めてから、まとめ買いをする節約方法は、慣れるほどにカンタンになっていくのが特徴。買い物の回数や手間もグッと減るから、小さな子どもがいる家庭にこそ試してほしい、おすすめの節約方法です。