ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
今がチャンス! 一人暮らしこそ節約次第で貯金ができる!
出典 : watoson117 /Shutterstock.com

今がチャンス! 一人暮らしこそ節約次第で貯金ができる!

生活していくためにはいろいろな出費が必要ですが、将来、もっと大きな出費に迫られます。いざという時に慌てないために、できるだけ早くから貯金をする方が得策です。そこで、一人暮らしで節約して貯金する方法を教えます!

  • 鈴木

一人暮らしの方が節約できる?

一人暮らしの方が節約できる?

maroke /Shutterstock.com

人生の大きな節目といえば結婚です。結婚すれば、出産、マイホーム、子育てなど、大きな出費が次々と待ち構えています。その資金をどこから捻出するのかといえば、夫婦の収入からですが、それだけでは足りない場合も多く、独身時代の貯金で補填している家庭も多いようです。なにしろ、結婚をした後は、子どものため、家族のための避けられない出費が多々あり、自分一人の力量で節約や貯金できなくなります。


収入が少ない 、何かと物入りだ、と思っているかも知れませんが、じつは、一人暮らしの独身時代こそがチャンスともいえる貯め時なのです。

「結婚する気がないから別に貯金をしなくていい」と思っている人、老後はどうしますか? 病気になって働けなくなり、収入が跡絶えたらどうしますか? お金が頼みの綱になるはずです。

結婚してもしなくても、独身時代こそが節約しがいのある、貯め時であることに変わりないようです。

貯金は先取りが必須!

貯金は先取りが必須!

Titipong Chumsung /Shutterstock.com

おすすめは自動積立定期貯金

一人暮らしの独身時代が貯め時ということはわかったので、できるだけ節約して「余った分を貯金しよう!」と思った人、それは大間違いです。貯金の基本は“先取り”。たとえば、お給料の手取りが20万円だったとすれば、もともと16万円だと思って4万円は貯金します。

残りの16万円で家計をやりくりするのです。貯金する4万円は、お給料日に自動で引き落として積み立てるタイプの貯金がいいでしょう。指定した日に指定した金額が普通口座から定期預金に振り替えられる、自動積立定期預金です。給料天引きの財形貯蓄も先取り貯金のひとつです。財形貯蓄は勤務先が従業員に給料を払う前に差し引いて貯めるものですが、自動積立定期貯金は自分で金融機関に出向いて申し込む必要があります。

毎月の貯金額と注意点

貯金する金額はほかの支出と照らし合わせて考えてみて、あまり無理のない金額設定がいいです。あまり無理目の設定だと、途中で挫折して解約してしまう恐れがあります。逆に、余裕すぎる、全然無理のない金額設定ですと、貯まるスピードが遅くなります。目安として、手取りの約2割は貯金にまわしたいものです。

金利が金融機関によって多少違うと思いますが、ある程度、少なくとも100万円に達成するまでは金利は気にしなくても大丈夫。金融商品を吟味するより、まずは貯める習慣作りの方が大事です。

節約のポイントは大物を減らすこと!

節約のポイントは大物を減らすこと!

Tom Wang /Shutterstock.com

洗濯はお風呂の残り湯を使う、こまめに電気や冷暖房のスイッチを切る、冬は温度設定を低く、夏は高めにする、食材はできるだけ安く、牛肉より豚肉で、などいろいろな節約方法がありますが、細かいことを節約するよりも、大きいものを減らした方が手っ取り早かったりします。

電気をこまめに消したところで月にいくらの節約になるでしょうか。総務省統計局の家計調査によると、2015年度の若者(34歳以下)の一人暮らし世帯で、電気料金の平均額は39,079円ですから、一月あたり3,257円です。

そこを節約するよりも、月4回の外食を3回に減らす、通信費を見直して固定支出を減らす、車を思い切って手放す、服やバッグの衝動買いをやめる、タバコや酒をやめる、など大物を減らす方がよほど大きな節約になるのではないでしょうか。けっして、小さな節約を重ねること無駄というわけでなく、大物を節約+小物を節約が理想です。

クレジットカードの使い方に注意

クレジットカードの使い方に注意

liza54500 /Shutterstock.com

クレジットカードは使いようによっては、とても便利でポイントがつくのでお得です。しかし、使い方を間違えるとたいへんなことになります。借金しているという意識を持って使いすぎには注意しましょう。手持ちがないから使う、は失敗のもとです。おすすめの使い方としては、電話代や家賃など固定支出には使ってOK、衣服や娯楽遊行費には使わないことです。

節約してがんばって貯金するというよりも、若い頃から貯金の習慣を身につけておけば無理なく貯金ができそうです。先取り貯金を原則に、クレジットカードの使いすぎにはくれぐれも注意しましょう。