ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
こまめな点検と、上手な運転でガソリン代を節約!
出典 : Syda Productions/Shutterstock.com

こまめな点検と、上手な運転でガソリン代を節約!

ローンや維持費など、毎月多くのお金をマイカーにつぎ込む男性は多いはず。ちょっとした工夫がガソリン代の節約につながるのを知っていますか? 塵も積もれば山となる・・・。浮いたお金で、豪華な食事や車のカスタマイズを楽しめるかもしれません。

  • 創文舎 arisa_125

ガソリンの値上がり傾向が続くってホント?

ガソリンの値上がり傾向が続くってホント?

Kwangmoozaa/ Shutterstock.com

OPEC(石油輸出国機構)が原油の減産目標を緩和する一方、2018年5月にはアメリカが原油産出国であるイランへの経済制裁を再開すると発表し、原油の輸出が大幅に減る恐れが出てきたことで、原油価格の行方は依然不透明なまま。

それを受けてか、この1年のガソリン価格は、2017年9月には120円代/ℓだったレギュラーガソリンが5月には3年5か月ぶりに150円/ℓを突破し、8月現在も140円代/ℓと高止まりが続いています。

ガソリンスタンドの価格表示から目が離せない日が今しばらく続きそうですが、やきもきしながら車を使うくらいなら、どうすればガソリンを節約できるか考えてみませんか? 運転の仕方一つでガソリンの消費量に差が出るなど、ちょっとした見直しが節約につながることもあり、価値ある試みといえそうです。

新車の時はともかく、長年乗り続けると普段の点検やメンテナンスはどうしても怠りがちになってしますが、ガソリンを節約したいなら車の状態は知っておきたいもの。これをきっかけマイカーへの愛着が深まるかもしれませんね。

ガソリン代の実践的節約術

値上がり傾向にあるガソリン代を抑えたいなら、だれでもカンタンにできる節約術を実践してみましょう。ガソリンの使用が減ると、二酸化酸素の削減にもつながって、まさに一石二鳥です。

ガソリン代の実践的節約術

Anothai Thiansawang/ Shutterstock.com

低燃費運転でガソリン代を節約!

車の運転は、発進時にもっとも多くのガソリンを消費するといわれています。そのため、車を発進する時はいきなりアクセルを踏まず、車がゆっくり動き出すクリープ現象が起きてからアクセルを踏むようにするといいでしょう。また、走行中は速度を一定に保ち、加速する時は徐々にスピードをあげるようにすれば、ガソリンの消費を抑えることができます。

一方、ブレーキも燃費の良し悪しを左右します。急ブレーキは、急激なギアチェンジに加え、車体やタイヤに大きな負荷をかけることにもなりかねません。その点、エンジンブレーキはガソリンをほとんど使わずに減速できるので、赤信号で止まる時は早めにアクセルから足を離すように心がけましょう。二酸化炭素削減のためにも、停車や駐車時のアイドリングもご法度! これらに気をつけてハンドルを握れば、低燃費運転につながるはずです。

こまめに点検してガソリン代を節約!

タイヤは空気圧が低くても高くても燃費に影響するので、普段から適正値を確認しておくことが大切です。また、エンジンをスムーズに動かすためのエンジンオイルを交換しないまま使い続けるのも、燃費が低下する原因の一つです。たとえ安価なエンジンオイルでも、マメに交換すれば燃費の向上につながります。ガソリンスタンドなどで、時々点検してもらうようにしましょう。愛車を大切に乗ることが節約にもつながるのです。

こまめに点検してガソリン代を節約!

John Panella/ Shutterstock.com

ちょっとした注意と裏技でガソリン代を節約!

週末にゴルフに行く人は、ゴルフバッグを積んだままにしている人も多いと思いますが、車は重ければ重いほどガソリンを消費するため、使わない時は降ろしておくこと。できればガソリンも満タンではなく、10~20ℓと小分けにして補給すればその分、車も軽くなるので燃費向上につながります。また、ガソリンの節約にはエアコンの使い方も大きく関わってきます。エアコンを使用する際は、「外気導入」ではなく、「内気循環」に切り替えるだけでも節約になります。なぜかというと、エアコンはコンプレッサーによって冷たい空気を車内に送るシステムですが、外の空気はその日によって温度が違うため、車内の空気の方がコンプレッサーを余計に使う必要がないからです。さらに好みの温度を設定すれば、車内の温度を一定に保ってくれ、ムダに冷やすのを防ぐ「オート設定」にするのも効果的です。

ちょっとした注意と裏技でガソリン代を節約!

reativesunday/ Shutterstock.com

「買う」から「借りる」へ

カーシェアリングで車にかかる費用自体を節約!

週末しか車を使わない場合、思い切って車を手放しカーシェアリングを利用すれば、ガソリン代だけでなく、車にかかる費用自体を節約できます。数名で1台の車をシェアするカーシェアリングは、24時間いつでも好きなタイミングで、たとえば15分程度の短時間でも気軽に車を借りられるのが最大の魅力です。マイカーを保有するのと違って、車検やメンテナンス、給油、保険などのお金もかかりません。とくに交通機関が充実した都会に暮らすに人にはおすすめです。

その昔、ガソリンは100円/ℓを切っていました。それを思うと、もはやガソリンは高級品といってもいいでしょう。しばらく高値が続いてもダメージを受けないよう、今からでもせっせと節約に励みましょう。