ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
何をしまう? クローゼットの上段をうまく使えば、あなたも収納上手!
出典 : mariakraynova/Shutterstock.com

何をしまう? クローゼットの上段をうまく使えば、あなたも収納上手!

クローゼットの中段はハンガーに掛けた衣類、下段にはカラーボックスやラックを置いて、たたんだ衣類や小物などの収納に使うのが一般的です。では、手が届きにくい上段は? クローゼットを有効に活用するためには、上段部分の使い方が重要です。

  • 創文舎 arisa_125

まずはクローゼットの種類を知る

まずはクローゼットの種類を知る

aramysh/ Shutterstock.com

押し入れに代わって、主流となりつつあるクローゼット。上下2段で、扉は引き戸と、仕様が決まっていた押し入れと違い、クローゼットにはいくつも種類があり、大きさも一様ではありません。そのため、クローゼットを使いこなすためには、コツが必要です。まずは、クローゼットにはどんなタイプがあるか知っておくことが大切です。

たとえば、衣類の収納に適しているのは、ハンガーパイプがついた「ロッカータンスタイプ」か「ブレザータンスタイプ」です。前者はコートなど丈の長いものを掛けられ、上下に分かれた後者は、スーツやブレザーだけでなく、スカートやワイシャツなどもたたまずに掛けられる収納力があります。

この二つのタイプに対して、洋タンスのような「整理タンスタイプ」と和ダンスのような「引き出しタイプ」は、衣類をたたんで収納するほか、小物などもしまえるタイプのクローゼットです。これらを組み合わせたような「マルチ収納タイプ」は、衣類のほか、生活用品や雑貨、家電など、様々なものを収納でき、使い出のあるクローゼットといえるでしょう。

戸建てやマンションなどに設置されるクローゼットは、「ロッカータンスタイプ」が一般的です。部分的に棚がついている場合もありますが、大半はフリースペースとなっており、使い方はその人次第。床面積の広いウォークインクローゼットともなれば、いかにデッドスペースを減らせるか、使い手の腕が試されます。

クローゼットをうまく活用できるかそうでないかは、手の届きにくい上段の使い方がポイントとなります。なぜなら、上段を有効に使うことで、スペースに余裕が生まれ、暮らしにフィットした収納が実現するからです。

上段の収納がうまくいけば、万事OK!

押し入れと違って、自由がきく分、いろいろなものを収納できるのがクローゼットのメリットですが、レイアウトを間違えるとデッドスペースが増え、メリットが裏目に出てしまいます。まずは収納するものと、それぞれの使用頻度からしまう場所を考えましょう。デッドスペースになりがちな上段をどう使うかが、クローゼットを使いこなすための腕の見せどころです。

上段の収納がうまくいけば、万事OK!

LineWeight/ Shutterstock.com

クローゼット上段を有効に使うコツ

クローゼットの上段部分に設置された棚には、普段あまり使わないものを収納します。たとえば、冬物のストールやマフラー、麦わら帽子などシーズンオフのもの、子どもの思い出の品、冠婚葬祭用のアイテムなどは、ここにまとめておきましょう。また、湿気は下にたまる性質を持っているので、使っていない枕やシーツ、タオルケットなど重量のない寝具なども上段に収納すると、寝具のカビ対策になります。

一つ注意したいのは、上段に使用する収納ボックスは紙や布、カゴといった軽いものを選ぶこと。ただでさえ、手の届きにくい場所だけに、収納ボックス自体が重たいと持ち上げるだけで一苦労です。

また、上段を有効に使いたい場合は、フタのついている収納ボックスを使うのも一つの手です。スペースがまだ残っている場合、収納ボックスの上にもモノをしまえ、空間を有効に活用できます。

一方、上段に棚はついていないものの、ハンガーパイプの上に隙間があれば、そこに突っ張り棒を設置して、新たに収納スペースをつくる方法もあります。替えのシーツやバスタオルのストックなどを丸めてしまっておくなど、有効に活用しましょう。

フリースペースは、レイアウトが決め手!

ハンガーパイプには吊り下げ収納を活用

ハンガーパイプに吊るすのは衣類だけではありません。吊り下げ収納を使えば、スペースを有効活用できます。吊り下げ収納は、棚のように段になっていたり、引き出しがついているものもあるので、普段使うバッグはもちろん、スーツに合わせるシャツやトップスなどをたたんでしまっておくのに便利です。男性ならネクタイやベルトなどの小物を入れておくと、朝の着替えもスムーズです。

クローゼット下段の使い方

クローゼットの下段に棚や引き出しなどがついていない場合は、チェストやカラーボックスを置いて使うのが一般的。チェストには、衣類のほかシーツ、タオルなどの生活用品はもちろん、小型バッグやポーチ、毛糸やフェルトといった趣味のものなど、さまざまなものをしまっておけるので便利です。また、洋裁道具やアイロンなど、カラーボックスに入るサイズのものは収納できますが、スーツケースやゴルフバッグなど、背の高いものは場所を確保しなければ収納できません。スペースを自由に使えるクローゼットはレイアウトが決め手です。背の高いものも収納できる空間を残すなど、最初に何を収納するか決めてからレイアウトすると失敗することもありません。

クローゼット下段の使い方

Kostikova Natalia/ Shutterstock.com

クローゼットは湿気とカビに要注意

衣類だけでなく、バッグや小物のほか、表に出しておきたくないものなど、何でもしまえるクローゼットは今やなくてはならない収納スペースですが、詰め込み過ぎは厳禁です。空気の通りが悪くなれば、湿気が溜まりやすくなり、カビの原因にもなります。そのためにも、あらかじめ対策を講じておくのが賢明です。

【湿気対策】

1 衣類は入れすぎず、脱いだ衣類は時間を置いて、湿気が取れてからしまう。
2 チェストやカラーボックスを配置する際、壁との間に隙間をつくる。
3 扉は閉め切らず、開けておく。時々、扇風機などで風を送り、中の空気を入れ換える。
4 除湿シートや除湿剤を設置する。

チェストやカラーボックスを置くだけでなく、DIYでスペースにフィットした棚をつくれば、より使いやすいクローゼットになるかもしれません。何ごともにひと手間かければ、よりよくなるのが世の常ですね。