ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
時間もお金もかからない! 給料日前は節約鍋がおすすめ
出典 : Tataya Kudo/Shutterstock.com

時間もお金もかからない! 給料日前は節約鍋がおすすめ

安くておいしい! そのうえ調理時間も短い鍋は、家事に育児に忙しいママのお助けメニューです。給料日前は、冷蔵庫の余りものを使ってわが家の「節約鍋」をつくってみませんか? シメは麺? それともご飯? 汁まで残さず食べられるのも魅力です。

  • 創文舎 arisa_125

節約鍋は栄養も満点! アイデア次第で無限のレシピ

節約鍋は栄養も満点! アイデア次第で無限のレシピ

Yusei/ Shutterstock.com

寄せ鍋、もつ鍋、水炊き、すき焼き、しゃぶしゃぶと、鍋のバリエーションはとにかく豊富。もっといえば、冷蔵庫の余りものでも、アイデア次第で立派な鍋料理になります。いろいろな食材をまとめて摂れ、野菜もたっぷり食べられるので、女性にはうれしいメニューともいえるでしょう。

水害などの影響で、野菜が高い昨今、安くてボリュームがある野菜や値段が安定している野菜、値段が手ごろな鶏胸肉などを選べば、家計のお助けメニューとしても重宝します。

白菜をはじめ、もやし、ネギ、ニラ、豆腐など、リーズナブルな食材をメインにした、その名も「節約鍋」は、ボリュームも満点なら栄養も満点!

レシピサイトには、日本全国からわが家の「節約鍋」が寄せられ、それを見れば日本人がいかに鍋好きかよくわかります。

しかも、鍋が人気なのは安くておいしいからだけではありません。調理に時間がかからないのも理由の一つです。忙しいママは、時間が浮いた分、鍋を囲みながら子どもたちの話をじっくりと聞けそうですね。

だんだんと寒くなるこれからの季節は、オリジナルの「節約鍋」で楽しいひと時を過ごしてみませんか?

節約鍋でも、美味しさに妥協ナシ!

和風の定番鍋から洋風鍋、変わり種鍋と、スープに具材を投入して食べれば、どんなスタイルでも鍋になります。今、冷蔵庫にあるものだけでオリジナルの節約鍋をつくって、レシピサイトに投稿してみては? お洒落だったり、見た目にも自信があれば、インスタグラムにアップしてみるのもいいかもしれません。

節約鍋でも、美味しさに妥協ナシ!

Pinkyone/ Shutterstock.com

めざせ! 鍋マスター


一つの鍋で具材をいっしょに煮るだけと、調理がカンタンなのも鍋の魅力ですが、ひと手間かけるだけでワンランクアップしたおいしい鍋が楽しめます。コツを覚えて、あなたも鍋マスターをめざしませんか?

おいしい鍋をつくるコツ

1.下ごしらえをする・・・・・・魚は熱湯に通して霜ふりすると、生臭さが抜けます。また、ジャガイモ、ニンジン、大根などの根菜類は下茹でしておくと火が通りやすくなります。こんにゃくやしらたきも下茹ですればアクが抜け、出汁がしみ込んでおいしく食べられます。
2.スープは多めに用意しておく・・・・・・具材とともにスープも味わう鍋は、食べているうちにスープが少なくなっていきます。そのままにしておくと煮詰まってしまうので、補充用のスープを用意してつぎ足しながら食べるのが基本です。
3.具材を入れる順番に気をつける・・・・・・鍋をおいしく食べるには具材の入れ方に気をつける必要があります。最初は煮えにくいものや肉、魚などダシの出るものを入れ、最後に葉菜類を入れます。葉菜類はすぐ火が通るので、煮えたら食べるようにしましょう。
4.アクは小まめに取る・・・・・・グツグツと沸騰してきたら、フタを取り、ていねいにアクを取ります。ただし、アクには旨みも含まれているので、取り過ぎないようにすることが大切です。
5.シメの雑炊をおいしくつくる方法・・・・・・残ったスープで雑炊をつくる時は、粘りが出てしまうので、あたたかいご飯ではなく冷ご飯を使うこと。さらに、ご飯を水に通してぬめりを洗い流しておくと、のど越しのいい雑炊が楽しめます。

週3でも飽きない! レシピは無限!?

週3でも飽きない! レシピは無限!?

HelloRF Zcool/ Shutterstock.com

おすすめ節約鍋レシピ

カンタンにできる節約鍋レシピを紹介します。いずれも、安価で値段が安定している野菜を数多く使っている点がポイントです。具材や水、調味料の量は人数に合わせて調整しましょう。

豚バラもやし鍋

材料・・・豚バラ肉、もやしや白菜などの野菜、シメジ、ポン酢
豚バラ肉ともやしのほか、冷蔵庫に残った野菜やキノコなどを鍋に入れ、ポン酢につけて食べる節約鍋です。野菜をたっぷり入れれば、豚バラ肉の脂っこさも気になりません。シメはうどんがおすすめです。うどんもポン酢につけて食べます。

豆乳鍋

材料・・・豆乳、粉末ダシ、麺つゆ、白ゴマ、鶏肉、豆腐、ホウレンソウ、ニンジン、ゴボウ、えのき
豆乳をペースに、水、粉末ダシ、塩、麺つゆを入れ、味を整えます。そこに、ささがきにしたゴボウとニンジン、鶏肉を入れ、火が通ったら豆腐とえのきを加えます。中火から弱火にし、全体に火が通ったら食べ頃です。シメはご飯を入れ、とろりとしてきたら粉チーズをたっぷりかけ、最後に白ゴマをふると風味が出てよりおいしく食べられます。

トマト鍋

材料・・・ウィンナーソーセージ、鶏胸肉、ミニトマト・ブロッコリー・キャベツ・玉ねぎなどの野菜、オリーブオイル、コンソメ、ニンニク、トマトの水煮缶詰
鍋にオリーブオイルを垂らし、みじん切りにしたニンニクを炒めます。香りが出たところで、水とトマトの水煮缶を入れ、コンソメ(キューブは細かく砕く)を溶かし、あたたまってきたところで、具材を投入。フタをしてグツグツするまで中火、それ以降は弱火で煮込んで出来上がりです。シメは、ご飯を入れ、とろけるチーズをのせ、軽くコショウをふって、リゾットにして食べます。粉チーズやバジルがあればお好みでかけてもいいでしょう。

一人鍋がブームってホント?

みんなでワイワイやりながら大勢で食べるのも鍋の楽しみですが、ここ数年、一人鍋が人気を呼んでいるのを知っていますか? コンビニ弁当などで済ますより、スペシャル感があって野菜もたっぷり食べられ、しかもバリエーション豊富に楽しめるのがその理由。実際、各メーカーから一人用のスープが次々と発売され、いずれも好評を博しているそうです。そうした状況に対応してか、一人用鍋も見かけるようになり、100円ショップでも手に入ります。カロリーを抑えながらお腹いっぱいになる鍋は、ダイエットにも効果がありそうですね。

IH用土鍋が登場!

寄せ鍋やもつ鍋など、いろいろな具材をいっしょに煮る鍋は、シチューやカレーをつくる時に使うステンレスやホーロー鍋でもOKですが、鍋料理といえばやはり土鍋が定番です。土鍋の魅力は、具材の旨みをとことん引き出し、火を消した後は余熱でその旨みを各具材にじっくりとしみ込ませてくれるところ。うれしいことに、電磁調理器の普及にともない、IHに対応した土鍋も登場しています。最初から土鍋の底の部分に電磁調理器用の加工が施されているものと、IHで調理する時にだけ、専用のプレートを取り付けるタイプのものがあり、好みに応じて選ぶことができるのもうれしいですね。

味付けに自信がない人は、専用のスープがたくさん出ているので、市販のものを使えば失敗することもありません。一つひとつ食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんね。