ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
草刈りをカンタンにする方法と手順、そしてポイント!
出典 : charnpui/Shutterstock.com

草刈りをカンタンにする方法と手順、そしてポイント!

庭の草刈りはたいへんだと思っていませんか? じつは、ポイントを押さえておけば、草刈りはカンタンな作業に早変わり。ちょっとした時間にササッと草刈りができれば、いつものようにイヤイヤながら行うことも少なくなるはず。機械や道具の使い方もマスターしておきましょう。

  • 創文舎 hiderio888

草刈りを楽にする方法は、機械と道具をそろえること

草刈りを楽にする方法は、機械と道具をそろえること

iliart/Shutterstock.com

草刈りをカンタンに行うためには、機械や道具をそろえることが大切です。

小さな雑草を手でむしり取るだけなら、それほどたいへんではないかもしれませんが、青々と茂る草木を機械や道具を使わずに処理するとなると、プロでもたいへんです。

庭のある家に住んでいるなら、定期的に草刈りを行う必要があるので、草刈り機を用意しておくと手軽に草刈りができます。

草刈り機を買う予定のない場合や、草刈りをする範囲が狭い場合は、草を刈るための鎌や、刈り取った草を集めるための熊手は用意しておいた方がいいでしょう。

機械や道具が多ければ多いほど、草刈りはカンタンになるので実際に試してみてください。

草刈りの具体的な手順

草刈りの具体的な手順

wolfness72/Shutterstock.com

草刈りの手順を把握しておくと、草刈りを効率的に行うことができます。ここでは、手作業で草刈りをする場合の手順について紹介してきます。

草刈りを行う場所を確認する

まず、草刈りを行うスペース全体を下見します。大きな石や作業の邪魔になるものはないかを確認し、あれば最初に取り除いておくと、スムーズに作業を行うことができます。

草を刈り始める

場所の確認ができたら、鎌を使って草を刈っていきましょう。鎌は引いて使うことを意識して作業を行ってください。また、鎌は通常右から左に引いて草を刈っていくため、草刈りの作業も右から左へ移動しながら行うと効率的です。

草が長い時は間引くこと

草の高さがあるところは、刃の長い鎌で大まかに刈り取ってから、短い鎌で細かい草を刈ると効率的に作業ができます。

草刈りを行う時の注意点

草刈りを行う時の注意点

Heiko Barth/Shutterstock.com

草刈りを行う際の注意点について紹介します。

長袖・長ズボンを着用する

草刈りは屋外で行う作業なので、虫に遭遇したり、木の枝が当たったりすることがよくあります。そのため、肌を露出して作業を行うのはたいへん危険です。

必ず長袖・長ズボンを着用し、肌を守って作業を行うようにしましょう。

刃物の取り扱いには十分に注意する。

草刈りの際は、草刈り機や鎌を用意しておくと便利ですが、作業中は刃に触れないように十分に注意してください。

とくに草刈り機を使用する場合は、刃に小石が巻き込まれ飛んでくることがあるため、付属のゴーグルを着用し、安全を確保することが大切です。

熱中症対策を万全にする

真夏の暑い日などに草刈りを行う場合は、熱中症対策を万全にして作業にのぞみましょう。

水分や塩分の補給はもちろん、こまめに休憩しながら無理をしないようにすることが大切です。

また、熱中症は、曇天下でも起こりうる症状なので、太陽が出ていないからと油断してはいけません。命を落とす可能性もあるということを肝に銘じておきましょう。

除草剤をまいて雑草を除去する方法

除草剤をまいて雑草を除去する方法

Dmitry Trubitsyn/Shutterstock.com

道具をそろえて草を刈るのがどうしても面倒な場合は、除草剤を使えば、手間をかけずカンタンに雑草を処理することができます。

除草剤には粒剤タイプと液剤タイプがあります。粒剤タイプは溶けて土に浸透し、根から吸収することで雑草を枯らし、効果が長いのが特徴です。雑草が生えてくる前にまいておくことで高い除草効果を期待できます。

一方、液剤タイプは、葉に作用して雑草を枯らします。そのため、雑草が生えた後に使う方が効果的です。粒タイプと違い、根からは吸収されないので、除草剤をまいた後に植物を植えたい場合は、こちらがおすすめです。

どちらのタイプも、使用する際は雨の日を避けることが大切です。粒剤タイプは除草剤自体が雨に流される可能性があり、液剤タイプは葉が濡れていると液剤が流れ、除草効果が落ちてしまいます。

雨が降らない日が2、3日続きそうなタイミングを見はからって使用するといいでしょう。

紹介した以外にも、草刈りをカンタンにする道具がいろいろ販売されているので、作業に合わせた道具を買いそろえておくと、頑固な草の根も苦労することなく除去できますよ。