ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
草刈りは効率的に行うコツさえつかめば、苦ではなくなるという話
出典 : Purino/Shutterstock.com

草刈りは効率的に行うコツさえつかめば、苦ではなくなるという話

庭の草刈りは、時間がかかってたいへんだと思っていませんか? じつは、草刈りには楽にできるコツがあります。わが家の庭を雑草が生い茂ったままの荒地にしないためにも、コツを知って、手入れが行き届いた庭を目指しましょう。

  • 創文舎 hiderio888

草刈りのコツは、時期を見きわめること

草刈りのコツは、時期を見きわめること

Hannamariah/Shutterstock.com

草刈りは、草刈りに適した時期を見きわめることも重要です。雑草を含めた植物には、成長するサイクルがあるため、それに合わせて草刈りを行うことで、効率的に不要な草を除去することができます。

一般的に草刈りは年に3回行うことが理想とされており、時期は6~7月、9~10月、11~12月です。

6~7月に草刈りを行う理由

春頃に芽吹いた草は、夏にかけて大きく成長します。6~7月は、草が成長のピークを迎える少し前の段階です。

雨も多く、気温も上昇し、これから本格的に伸びようとしている時、草刈りを行うことで、夏場に大きく成長するのを防ぐことができます。

9~10月に草刈りを行う理由

9~10月は、暑さが和らぎ気温が下がってくるため、草の成長が落ち着いている時期です。夏のような勢いがない状態で刈り取ることで、草は成長しづらくなります。

11~12月に草刈りを行う理由

本格的な冬を迎えると、多くの草は枯れます。この時期に草刈りと庭掃除を行っておけば、庭の景観を美しいまま維持することができます。

草刈り機は使い方のコツを知ること

草刈り機は使い方のコツを知ること

Zeljko Matic/Shutterstock.com

草を刈る時に威力を発揮するのが草刈り機です。これさえあれば、草刈りなんて楽勝と思いがちですが、使いこなすにはコツを知る必要があります。一度覚えると、上手に扱えるようになるので、実践しながら身につけていきましょう。

右から左に動かす

草刈り機をうまく使うコツは、右から左へ動かすこと。

肩掛け式の草刈り機の場合、丸い歯が左回転しながら草を刈っていく仕組みになっています。円形の刃の左側の方が効率的に草を刈ることができるため、右から左へ動かすのが基本です。

草刈り機の刃を左に傾ける

草刈り機の刃の左側を使って草を刈っていく方が効率的なのは先述した通りです。そのため、刃を少し左に傾けることで、草の根元に歯が当たりやすくなり、より草が刈りやすくなります。

背の高い草は分けて刈る

草刈り機で、背の高い草を根元から刈り取ろうとすると、草の弾力で刃に絡まり、草刈り機が動かなくなることがあります。

背の高い草は、1回で刈らず、2~3回に分けて刈り取ることで、草刈り機に草が絡まるのを軽減することができます。

手で刈る場合は、道具があるとカンタン

手で刈る場合は、道具があるとカンタン

Ilman Sanoja/Shutterstock.com

草刈り機がないため、手で刈る場合は、手元で威力を発揮する道具があれば手作業でも効率的に行うことができます。

手作業で行う時は、草刈り鎌、レーキ、剪定用のハサミはそろえておきたいものです。これらがあるだけで草刈りが大幅に楽になります。

また、芝生の間に生えた雑草を刈るためのナイフや、立ったまま作業ができる草削り鍬など、草刈りに重宝する便利グッズも市販されているので、状況に合わせて購入を検討してみるのもいいでしょう。

業者に草刈りを任せるのも選択肢の一つ

業者に草刈りを任せるのも選択肢の一つ

somsak nitimongkolchai/Shutterstock.com

「草刈りはやっぱり面倒」という場合は業者に依頼するのも一つの方法です。費用はかかりますが、自分で行う必要がないので、その分の時間をほかのことに当てることができます。

庭掃除の業者や草刈り専門の業者などに依頼すれば対応してくれるので、ホームページや口コミ情報をしっかりリサーチして評判の良い業者を選ぶようにしましょう。

また、近所の人に草刈り業者を紹介してもらうのも、業者選びのコツといえます。

草刈りはコツさえつかんでしまえば、それほど時間をかけずにできるうえ、いい運動にもなります。定期的なメンテナンスで、庭も、自分の体調も理想的な状態を維持できれば、こんなうれしいことはありません。