ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
男の身だしなみ!ポロシャツの気になる臭いと汚れのお悩み解決!
出典 : ConstantinosZ/Shutterstock.com

男の身だしなみ!ポロシャツの気になる臭いと汚れのお悩み解決!

ポロシャツが臭い!とショックを受けたことはありませんか?不快な臭いの原因はいったい何なのでしょうか?ポロシャツの素材と特徴を考えながら、正しい洗濯の仕方、正しい乾燥の仕方を通して、臭いと汚れ対策を紹介します。

  • 鈴木

ポロシャツが臭い!におう!原因はなに?

ポロシャツが臭い!におう!原因はなに?

Elnur/Shutterstock.com

ポロシャツがキレイに洗えてない

ポロシャツに限らず、私たちが普段着用している衣類には、さまざまな汚れが付着しています。
泥がついたり、コーヒーをこぼしたり等、目に見えてわかる着色汚れもありますが、はっきりとは確認しにくい汚れもたくさんあります。

外からつく汚れは、空気中のゴミやホコリ、パンくずなどの小さな食べこぼしなどです。このほかにも、自動車の排気ガス、焼肉の煙やタバコの煙などからできる微粒子状の汚れが、空気の中にはたくさんあり、ポロシャツに付着するわけです。
身体の中から出てくる汚れもあります。汗や垢、皮膚から出る脂分=皮脂などです。
こうした汚れをそのままにしておくと、色が黄ばみ、イヤな臭いを放つことになります。もちろん洗濯しているわけですが、洗濯したからといってキレイに洗えているとは限りません。

ポロシャツが完全に乾いていない

「生乾き」が臭いの原因であることはよく知られています。
生乾きの原因は雑菌です。一般に、洗濯をし終わってから5時間以内に乾燥することができれば雑菌が増殖しにくくなるといわれています。梅雨時の部屋干し衣類が臭うのは5時間以内に乾いていないからです。
また、干してから5時間以内に乾いたとしても、脱水後から干すまでにタイムロスがあれば、その間に菌が繁殖している可能性があります。

洗濯機自体が汚れている

上質な洗剤や柔軟剤を使って洗濯しても、洗濯機が汚れていると菌が繁殖し、汚れや臭いが取れにくくなります。
洗濯槽がカビだらけ、ということはありませんか?洗濯槽の内側だけでなく、裏側も要注意。
ゴミ取りネットにゴミはたまっていませんか?
洗濯機の中にはいろいろな部品がついており、意外にゴミがたまりやすいのでこまめな掃除が必要です。

ポロシャツの素材による臭いの違い

加工によっても違ってくるので一概にはいえませんが、素材の特性から考えると天然素材のポロシャツは臭いにくく、化学繊維は臭いやすいといえます。
天然素材とは、綿(コットン)、絹、麻、ウールなどで、化学繊維とはポリウレタン、ナイロン、ポリエステル、アクリルなどです。

ポロシャツ素材として考えると、天然素材なら綿、麻が考えられます。通気性が良く吸湿性が高いため臭いを発生したり充満させにくい性質がありますが、化学繊維に比べて高価です。また、綿は乾きにくくシワになりやすく、麻はさらにシワになりやすく、シワを伸ばすことも困難です。
その点、ポロシャツ素材として多く使われているポリエステルは、軽くて丈夫、シワになりにくく型崩れしにくいという特徴があります。

たとえば、綿100%なら臭いにくいけれど、乾きにくいので生乾きによる臭い発生のリスクもあります。素材の特徴は一長一短であり、そのため天然素材と化学繊維の両方を使っているポロシャツが多く売られているのです。

臭いと汚れを取る!ポロシャツの洗い方

臭いと汚れを取る!ポロシャツの洗い方

Myimagine/Shutterstock.com

粉末洗剤を試してみる

液体洗剤やジェルボールを使っている場合は粉末洗剤に変えてみるのもひとつの方法です。
液体洗剤は弱酸性か中性洗剤なので、生地の色落ち防止や風合いの保持には向いていますが、皮脂汚れなどを落とすには弱アルカリ性の粉末洗剤の方が適しています。

漂白剤につけ置きしてポロシャツの臭いを殺菌消毒

漂白剤には、塩素系と酸素系の2種類がありますが、酸素系漂白剤にポロシャツを浸けておくと、繊維から皮脂などを溶かしだしてくれます。
塩素系漂白剤は、染料まで脱色してしまうことがあり、色柄物には使用できず、また、すべての素材に使えるわけでもありません。一方、酸素系漂白剤は、白物にも色柄物にも使用することができます。

えりやワキ部分はスペシャルケアを!

えりやワキ部分はスペシャルケアを!

Africa Studio/Shutterstock.com

えりやワキなど、汚れや臭いがつきやすい部分は、普段からひと手間かけて特別なケアをしましょう。使ったその日のうちに、ぬるま湯に浸け置きします。
目に見えなくても、皮脂などは時間が経つほど落ちにくくなるので、できるだけ早めに洗濯することが肝心です。
新品の頃からまめに目に見えない汚れを取り除くことによって、黄ばみや臭いの元を断つことができます。

臭わない!ポロシャツの乾燥させ方

臭わない!ポロシャツの乾燥させ方

kazoka/Shutterstock.com

雑菌をきちんと取り除いたあとは生乾きにしない、速やかに乾燥させることが臭い防止には大切です。
早く乾かすためには、ポロシャツや衣類同士の間隔をあけ風通し良く干す、できるだけ外気にさらし日光の殺菌作用を活用しましょう。

長雨など天候に恵まれない時は、部屋干しでもなるべく早く乾燥させることによって臭いを防止できるので、扇風機をあてたり、乾燥機、除湿器を使うなど工夫しましょう。
また、乾いた洗濯物を何日も干しっぱなしにしないように。せっかくキレイに洗ったのに、空気中のゴミやホコリが再付着します。

いざという時の消臭対策の強い味方

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

日頃からきちんとお手入れをしていれば問題ないのですが、すぐに洗濯できなかったり、室内でなかなか乾かなかったり、つい干しっぱなしにしたり・・・さまざまな事情で「やっぱり臭う!」となってしまった時、重宝するのがファブリーズの布用除菌・消臭スプレーです。使い方はとても簡単。ポロシャツの前から5、6回、後ろから5、6回スプレーするだけです。

洗濯と同じ除菌・消臭効果を発揮するファブリーズの布用除菌・消臭スプレーは、4つ(ニオイキャッチャー、分解消臭イオン、中和消臭、ポリマー消臭)の消臭作用を配合したニオイが残らない無香タイプです。
まめなお手入れととともに活用すると、ポロシャツが長持ちします。

目には見えなくても、一度着ると汚れが付着しています。面倒くさがらず、こまめなケアで、お気に入りのポロシャツを、黄ばみやイヤな臭いから守って、気持ち良く着たいですね。